神奈川県横須賀市の刑事事件 詐欺罪で逮捕され保釈による釈放を目指す弁護士

2018-10-27

神奈川県横須賀市の刑事事件 詐欺罪で逮捕され保釈による釈放を目指す弁護士

【ケース】

A(32歳・無職)は、日本年金機構の職員を装い「年金記録に誤りがあったので還付金を受け取ることができる」と電話を掛けて金銭を騙し取るという、還付金詐欺を行っていました。
ある日、Aから還付金詐欺の被害を受けた神奈川県横須賀市在住のV(68歳・自営業)は、田浦警察署被害届を出しました。
その後すぐに捜査が開始され、数か月後にAさんは詐欺罪の疑いで逮捕されました。
Aさんの両親から事件を依頼された弁護士は、事件の重大性に鑑みて、保釈請求をして釈放を狙うことにしました。
(上記事例はフィクションです)

【被害者が複数に及ぶ特殊詐欺】

ケースのAが行ったのは、還付金詐欺という特殊詐欺の一種です。
オレオレ詐欺などをはじめとして金銭を求める手口が多い中、還付金詐欺は逆に金銭を与えると言って相手方を錯誤に陥れる点が特徴的です。

還付金詐欺は詐欺の一種であることから、殆どの場合詐欺罪が成立すると考えられます。
還付金詐欺をはじめとする特殊詐欺は、不特定多数の者を対象に定まった手口で行われます。
そのため、詐欺の被害者が複数となることが多く、詐欺事件全体での被害総額も高くなる傾向があります。
被害総額の高さは刑事事件としての重大さに直結するので、被害総額が高いと量刑が重くなるのに加え、身柄解放が難しくなる場合が多いです。

【保釈による身柄解放の可能性】

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件少年事件専門の法律事務所です。
逮捕されている方を釈放してほしいというご要望にも、刑事事件のプロとして真摯にお応えいたします。

たとえ重大事件で釈放が難しいとしても、保釈による釈放の可能性は残されています。
保釈とは、裁判所に指定された金額を預けることで、起訴された被告人を釈放してもらうというものです。
保釈の際に預けた金銭は、逃亡や証拠隠滅を防ぐための担保としての役割を持つことになります。
そのため、勾留請求却下などを求める起訴前の身柄解放活動と比べて、比較的緩やかに釈放が認められるのです。

ご家族などが詐欺事件を起こして逮捕されたら、保釈請求を含めて弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご依頼ください。
(田浦警察署 初回接見費用:37,500円)

ページの上部へ戻る