神奈川県横浜市保土ヶ谷区で銃刀法違反―接見を頻繁に行う弁護士に依頼

2018-10-08

神奈川県横浜市保土ヶ谷区で銃刀法違反―接見を頻繁に行う弁護士に依頼

【ケース】

横浜市保土ヶ谷区内にある会社に勤めるAは、会社で上司からパワハラを受けていました。
そのためAは、上司から攻撃された際の防御策として、すぐに取り出せるよう鞄に裸で包丁を入れて出勤途中でした。
しかし、Aは警ら中の横浜市保土ヶ谷区を管轄する保土ヶ谷警察署の警察官に職務質問を受け、包丁を所持していることが発覚しました。
Aは、銃刀法違反逮捕されました。

Aの両親は、接見を頻繁に行う弁護士を探しています。
(フィクションです。)

【銃刀法違反について】

銃刀法とは、正式名称を「銃砲刀剣類所持等取締法」といい、「銃砲、刀剣類等の所持、使用等に関する危害予防上必要な規制について定める」法律です。(銃刀法1条)
つまり、実際に殺す・怪我される等の意思がなかったとしても、正当な理由がなく拳銃や刃物を持ち歩くことを禁止しています。

ケースの場合、Aは業務その他の正当な理由なしに包丁を所持しており、これが刃体の長さが6cmを超える包丁だった場合、銃刀法22条に違反し、「二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金」に処されます。

なお、刃体が6cm未満の刃物であっても、みだりに所持していた場合は軽犯罪法に違反する恐れがあります。

【接見に頻繁に行く弁護士】

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所刑事事件少年事件を専門とする弁護士事務所です。
これまで、銃刀法違反を含め多様な刑事弁護活動を行って参りました。

逮捕勾留された場合、被疑者は留置場にて生活をします。
最大20日間なされる勾留に対し、弊所弁護士は、頻繁に警察署に行き、接見をします。

接見を頻繁に行うメリットは、以下のようなことが考えられます。
①留置場での生活は、携帯電話は一切使えず、ご家族の面会にも制限や限界があるため、不安や孤独を感じる方も多いです。
そこに、味方である弁護士が接見に来ることで、安心感を得る方も多いと考えられます。
②接見をしない期間が減ることで、取調べの記憶が鮮明なうちにどのような取調べが行われたか確認ができます。
弁護士が取調べの内容を確認できることは、後に裁判になった場合に役に立つ場合があります。

神奈川県横浜市保土ヶ谷区で、正当な理由なしに包丁を所持して銃刀法違反逮捕され、頻繁に接見をする弁護士をお探しの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回接見サービスをご利用ください。
(保土ヶ谷警察署までの初回接見費用―34,400円)

ページの上部へ戻る