【神奈川県綾瀬市の刑事事件】暴行罪で逮捕~暴力事件の身柄釈放に強い弁護士

2018-02-28

【神奈川県綾瀬市の刑事事件】暴行罪で逮捕~暴力事件の身柄釈放に強い弁護士

会社員Aは、神奈川県綾瀬市内の自宅へ向かうバスに乗っていたところ、他の乗客と肩がぶつかったと口論になって突き飛ばしてしまい、周囲の客に取り押さえられました。
その後通報を受けて駆けつけた神奈川県大和警察署の警察官に暴行罪の疑いで引き渡されました。
逮捕の知らせを受けたAの家族は、早く釈放されるにはどうしたらよいか、神奈川県綾瀬市刑事事件も担当している刑事事件専門の弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

暴行罪とは】
暴行罪は、刑法第208条に定められおり、法定刑は2年以下の懲役又は30万円以下の罰金、拘留、科料です。
暴行罪は、「人に暴力を振るい、その結果傷害までは負わなかった場合」に成立しますが、暴行罪における「暴行」については「有形力の行使」とされております。
つまり殴る、蹴るはもちろん、物を投げつける等も「暴行」に当たることとなります。
暴行罪は、見知らぬ他人と通行中や飲食店内、走行中の車内等でトラブルになって手を出してしまい、逮捕されるケースも多くあります。

暴力事件早期身柄釈放に強い弁護士

暴行罪等の暴力事件逮捕され、事実に間違いがなく犯行を認めている場合は、身元を引き受ける方の監督誓約が保証されていること、被害者の方へ謝罪、被害弁償等が早期身柄釈放を目指すには重要となります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門とした弁護士事務所で、暴力事件に精通した弁護士によって、これまでにも多くの暴力事件早期身柄釈放となった事件も数多くあります。
ご家族が、暴行罪等の暴力事件逮捕され、お困りの方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずはお問合せ下さい。
神奈川大和警察署 初回接見費用:3万6800円)

ページの上部へ戻る