神奈川茅ヶ崎市の覚せい剤取締法違反で逮捕 違法薬物事件で接見禁止決定解除を目指す弁護士

2017-08-18

神奈川茅ヶ崎市の覚せい剤取締法違反で逮捕 違法薬物事件で接見禁止決定解除を目指す弁護士

神奈川県茅ヶ崎市に住むAは、覚せい剤を所持したまま自動車を運転中、交通事故を起こしてしまいました。
臨場した神奈川県茅ケ崎警察署の警察官から挙動不審なため所持品検査を求められたところ、覚せい剤を所持していたことが発覚し、覚せい剤取締法違反で逮捕されました。
その後Aは勾留決定がなされ、さらに接見禁止処分となったため、Aの家族は面会が出来ずAの近況について不安になり、刑事事件・薬物事件専門の弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

覚せい剤取締法違反(所持)とは】

覚せい剤取締法では、覚せい剤の非営利目的による「所持」行為について、10年以下の懲役刑を定めています。
判例では、覚せい剤の「所持」行為については、直接手に触れていなくても、社会通念上本人の実力支配や管理の及ぶ範囲に保管していれば、「所持」とみなされるようです。
また覚せい罪を「他人に知られないよう隠匿している場合」についても「所持」行為と考えられているようです。

薬物事件接見禁止決定解除を目指す】

覚せい剤等の違法薬物の売買は組織的な犯行のため、覚せい剤取締法違反等で逮捕した事件について、捜査機関側は入手先・時期・方法・余罪等について捜査する必要があります。
そのため覚せい剤取締法違反等で逮捕された場合、勾留され、また接見禁止決定となる可能性があります。

ご家族が覚せい剤取締法違反等で逮捕の連絡を受け、留置所に行った際、弁護士以外の方が面会禁止と言われた場合、それは接見禁止決定がされており面会を禁じられているものと考えられます。
このような場合であっても弁護士は接見や、弁護士の伝言という形でご家族のご意向を伝えたり、差し入れをすることができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件・薬物事件に特化した弁護士事務所です。
ご家族が覚せい剤取締法違反で逮捕され、接見禁止決定がなされた場合であっても、ご家族から依頼を受け迅速に面会をいたします。
また接見禁止決定がされてしまっていても、弊所の弁護士接見禁止決定の解除や、ご家族だけでも面会できるように一部解除を目指して適切な弁護活動を行います。

ご家族が覚せい剤取締法違反等の薬物事件逮捕され、接見禁止決定がなされお困りの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料法律相談をお申込み下さい。(0120-631-881)。

神奈川県茅ヶ崎警察署 初回接見費用:3万7600円)

 

ページの上部へ戻る