【違法薬物密輸入事件でコントロールド・デリバリー捜査】麻薬特例法違反にも対応

2017-10-19

【違法薬物密輸入事件でコントロールド・デリバリー捜査】麻薬特例法違反にも対応

A国から、国際スピード郵便を利用し、乾燥大麻を密輸入した日本人の男4人を、平成 28年2月までに、大麻取締法違反(輸入)等で逮捕するとともに、乾燥大麻約 579 グラムを押収した。
(警察庁HP「平成28年上半期における薬物・銃器情勢」の検挙事例を基にしたフィクションです。)

コントロールド・デリバリー捜査とは

違法薬物は、海外から流入することが多いため、入手ルートの解明にあたり、捜査機関は、関係機関と連携し、捜査を行っています。
その一つが、コントロールド・デリバリーと呼ばれる捜査手法です。
コントロールド・デリバリー捜査とは、取締当局が、違法薬物の不正取引が行われる事情を認知しながら、直ちに検挙せずに、監視のもと、薬物の運搬を継続・追跡して、関係被疑者を明らかにした上で検挙する手法です。

コントロールド・デリバリー捜査については、麻薬特例法第4条「税関手続きの特例」において、実施するための措置が定められています。

違法薬物の密輸入事件

違法薬物密輸入事件では、捜査機関と税関、入国管理局、海上保安庁等の関係機関における情報共有の他、違法薬物の密輸入中継国等、外国取締担当局とも連携を強めています。
また、業として違法薬物密輸入に携わっていた場合は、より重い刑罰が定められている、麻薬特例法違反で検挙される可能性もあります。

空港で知り合った人から大金を渡されて頼まれた、等と安易な気持ちで違法薬物密輸入の仕事を引き受けてしまうと、捜査当局で検挙・逮捕される恐れがあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件、違法薬物事件を専門とした弁護士事務所です。
ご自身・又はご家族が、違法薬物事件で逮捕されるのではないか、また逮捕されたので今後の事件の流れが知りたい等とご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。

神奈川県厚木警察署 初回接見費用3万9100円)

ページの上部へ戻る