【不正商品事犯】横浜市中区でコピー商品販売事件 商標法違反なら弁護士に相談

2017-10-04

【不正商品事犯】横浜市中区でコピー商品販売事件 商標法違反なら弁護士に相談

Aは、神奈川県横浜市中区の路上で、コピー商品を数百点以上を販売していたところ、以前からその周辺で「コピー商品を売っている業者がいる。」と警察に苦情が入っていたため、Aは管轄の神奈川県山手警察署の警察官から職務質問を受け、その後、商標法違反の疑いで任意で取り調べを要請されました。
今後の手続きについて、不安になったAは、商標法違反等の、不正商品事犯に詳しい弁護士相談しました。
(事例はフィクションです。)

不正商品事犯とは】
不正商品とは、コピー商品のことで、偽ブランド商品と海賊版商品を言います。
偽ブランド商品は、有名ブランドのマーク等を勝手に使用して、本物に似せて作った商品です。
海賊版商品とは、著作権に無断で、DVD、CD、コンピュータソフト等を複製した商品のことです。

不正商品事犯商標法違反なら弁護士相談

偽ブランド商品を製造、輸入、販売等した場合、商標法違反に問われます
また、海賊版商品については、複製、頒布等の行為が、著作権法により規制されています。

不正商品事犯は、権利者へ大きな損失を与えてしまうだけでなく、貿易や経済にも影響をもたらすため、各都道府県警察でも取り締まりを強化しています。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、不正商品事犯等の商標法違反刑事事件を専門としている弁護士事務所です。
捜査機関から、商標法違反で任意で取り調べ要請を受けた、家宅捜索された、等とお困りの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。

神奈川県山手警察署 初回接見費用3万6400円)

ページの上部へ戻る