DV事件で逮捕 神奈川県横浜市瀬谷区の家庭内暴力事件なら弁護士に相談

2017-08-30

DV事件で逮捕 神奈川県横浜市瀬谷区の家庭内暴力事件なら弁護士に相談

神奈川県横浜市瀬谷区に住むA女は夫から暴力を受け、悲鳴を聞いた近所の住民がDVではないかと神奈川県瀬谷警察署に通報しました。
駆けつけた警察官はA女から被害届を受理し、夫は傷害罪で逮捕されました。
しかしこのまま勾留されると夫が職場を解雇される恐れもあり、子供もいるため今後の生活に不安になったA女は、夫が早期に釈放され、かつ今後DV被害にあわないためにはどうしたらよいか、刑事事件専門の弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

家庭内暴力事件の特徴】

家庭内暴力を規制する法律の1つにDV防止法があります。(正式名称「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律」)
DV防止法では、身体への暴力を防ぐために、裁判所から保護命令を発することができます。
保護命令に違反すると、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられます。

ですが家庭内暴力事件で被害者の方が不安に思われることは、DV防止法や傷害罪等で逮捕・勾留され起訴された場合であっても、相手方が無期懲役等とならない限り、いずれは身柄が解放されることです。
またDV防止法に基づき保護命令が出されても、警察官が24時間、365日相手を見張ることは不可能なこと等もあり、仕返しされるのではと考え被害申告を躊躇ってしまうこともあります。
さらに相手方が逮捕された場合、職場を解雇され収入が不安定になると子供達や生活にも影響が出ると考え、通報直後は被害届を出しても数日後に自ら取り下げるケースもあります。

ですが家庭内暴力は、殺人事件等さらに大きな事件に発展してしまう可能性もあるため、被害を受けている方は最寄りの警察署や関係機関等に相談しましょう。

DV家庭内暴力事件なら弁護士に相談を】

家庭内暴力事件で相手方を訴えて逮捕されたけれども、今後についてご不安な方は刑事事件専門の弁護士にご相談下さい。

仕事等の関係で相手方の身柄の早期解放を求める場合、被害弁償や示談交渉、相手方の反省等を主張する弁護活動が重要となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、家庭内暴力事件等、刑事事件専門の弁護士です。
弊所の弁護士は、加害者・被害者、ご親族等の意見に耳を傾け適切な示談交渉を行い、安心・納得できる解決方法等をアドバイスいたします。

ご家族・ご親族がDV等の家庭内暴力事件で逮捕され、今度にご不安な方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料法律相談をお申込み下さい。
神奈川県瀬谷警察署 初回接見費用:3万6500円)

 

ページの上部へ戻る