神奈川県横浜市西区の痴漢事件で逮捕 前科回避を目指す刑事事件専門の弁護士

2017-08-29

神奈川県横浜市西区の痴漢事件で逮捕 前科回避を目指す刑事事件専門の弁護士

神奈川県に住むAは、通勤途中の電車内で女性に痴漢行為をしたところ、周囲の乗客に取り押さえられ、現場に駆け付けた神奈川県戸部警察署の警察官に神奈川県迷惑行為防止条例違反(痴漢)で逮捕されました。
逮捕の知らせを受けたAの家族は、前科がつかないためにはどうしたらよいか刑事事件専門の弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

前科とは】

前科とは、過去に刑罰を言い渡された経歴のことをいいます。
略式命令の罰金も前科に含まれます。
交通違反で納める反則金は、刑罰である罰金には含まれませんので前科はつきません。

一定の職業では、前科があることで仕事に就くことができなくなることもあります。

また就職活動の際、職場によっては、履歴書に前科等の刑罰を有無を記載を要する会社もあります。
採用された際に前科を申告していなかった場合、経歴詐称として解雇されることもあります。

前科回避を目指す弁護活動】

痴漢逮捕されたことが職場に知られても、解雇を免れたという事例もあります。
そのため、痴漢逮捕されたら早急に弁護士前科回避のための弁護活動を依頼することが重要です。

痴漢行為の事実を認めている場合は、被害者への謝罪や示談交渉を適切に行うことで、不起訴処分となり、前科を回避できる可能性が高まります。
しかし性犯罪の被害者の方は、被疑者側との直接の交渉に不安感を抱く方が多いため、刑事事件専門の弁護士に弁護を依頼することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、痴漢行為等の性犯罪事件、刑事事件を専門としています。
ご家族が痴漢行為等の刑事事件で逮捕され、前科回避をお望みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで、まずは無料相談をお申込み下さい。
神奈川県戸部警察署 初回接見費用:3万4400円)

 

ページの上部へ戻る