Archive for the ‘少年事件’ Category

横浜市の刑事事件~少年が準強制性交等罪で逮捕~少年審判の対応に精通した弁護士

2017-12-02

横浜市の刑事事件~少年が準強制性交等罪で逮捕~少年審判の対応に精通した弁護士

神奈川県に住む少年Aは、横浜市南区内で泥酔していた女性に対する準強制性交等罪の疑いで、神奈川県南警察署逮捕されました。
少年Aの保護者は、横浜市南区少年事件にも対応している弁護士(付添人)に、今後の審判の対応について相談しました。
(事例はフィクションです。)

準強制性交等罪とは】

心神喪失又は抗拒不能となった人に対し性交等をした場合、「準強制性交等罪」が成立します。
事例の少年Aのように、お酒を飲ませて酩酊させた場合、既に酩酊状態となっている人に対し性交等をした場合、「準強制性交等罪」が問われることとなります。

少年審判の対応に強い弁護士

上記事例の少年Aのように、準強制性交等罪等の刑事事件少年逮捕され、検察官に送致された後、家庭裁判所へ送致され、少年審判が開かれることが多数です。
家庭裁判所に事件が送致された後、家庭裁判所の調査官による調査を受けることとなります。
調査官は、少年、家族から環境等について調査し、少年の更生について意見を出しますが、この調査官の意見は、審判に大きな影響を与えます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件にも精通した弁護士事務所で
弊所の弁護士(家庭裁判所送致後は付添人)少年事件に精通していますので、少年や保護者の心情を理解し、事件と真摯に向き合い、審判に向けて継続的かつ多岐にわたる付添人活動を適切に行います。
弊所は横浜市南区刑事事件にも対応していますので、少年準強制性交等罪等の刑事事件逮捕され、審判対応についてご相談したい方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで豪相談下さい。
神奈川県南警察署 初回接見費用:3万5500円)

【横浜市磯子区の刑事事件】公然わいせつ罪で逮捕~少年の性犯罪事件に強い弁護士

2017-11-29

【横浜市磯子区の刑事事件】公然わいせつ罪で逮捕~少年の性犯罪事件に強い弁護士

横浜市磯子区に住む少年Aは、部活の帰り道、路上を歩ている女性に向けて下半身を露出してしまいました。

その後も少年公然わいせつ行為を繰り返してしまい、神奈川県磯子警察署の警察官に「公然わいせつ罪」で逮捕されました。
少年の保護者は、少年と面会した際、公然わいせつ罪の余罪が複数あると聞き不安になり、少年による性犯罪事件に詳しい弁護士に相談しました。

(事例はフィクションです。)

少年が余罪多数の性犯罪事件逮捕されたら・・】

捜査機関では、刑事事件性犯罪事件等の犯罪が発生した後、今後の防犯活動や捜査のため、情報を収集・分析し、同一犯であるかについても捜査されます。

少年であったとしても、事例の少年のように余罪が多数あるような場合等、事件の状況によって必要があると判断されれば、逮捕・勾留される可能性があります。

また少年性犯罪事件逮捕され、余罪が複数ある場合は、余罪事件での再逮捕についても検討している可能性があります。

ですから、少年公然わいせつ罪等の性犯罪事件逮捕され、余罪事件が複数あるような場合では、少年事件に精通した弁護士に相談することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件性犯罪事件に特化した弁護士事務所です。
弊所では、少年による性犯罪事件についても、経験が豊富な弁護士がご相談をお受けいたします。

弊所は横浜市磯子区刑事事件性犯罪事件少年事件についても対応しております。
少年公然わいせつ罪等の性犯罪事件逮捕されたら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、お気軽にご相談下さい。
神奈川県磯子警察署 初回接見費用3万6700円)

【横浜市西区の刑事事件】少年事件・痴漢事件等の性犯罪事件に強い弁護士に相談

2017-11-25

【横浜市西区の刑事事件】少年事件・痴漢事件等の性犯罪事件に強い弁護士に相談

高校2年生の少年Aは,横浜市西区内を走行中の電車内において,前に立っていた女性を痴漢した後,周囲の乗客に声を掛けられ,駅を降りた後,神奈川県戸部警察署の警察官からt任意同行を求められました。
Aは取調べを受けた後,家族が戸部警察署まで迎えに来てその日は帰宅することができましたが,Aは両親に事件について何も話さないことから,今後について不安になったAの両親は,少年による痴漢事件等の性犯罪事件にも詳しいと刑事事件専門の弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

少年による痴漢事件等の性犯罪事件の特徴】

少年による痴漢等の性犯罪事件では,成人事件と同様,被害者の方への謝罪や被害弁償も重要ですが,少年事件では「少年の更生」に重点が置かれます。
そのため,状況的にも痴漢した事実に間違いないようなケースで,少年が否認を続けた場合,「少年が反省していない」等と判断され,処分が重くなる可能性もあります。

少年事件では刑事事件専門の弁護士にご相談を】

痴漢事件等の少年による性犯罪事件では,ご家族に事件について相談できないケースも多くあります。また性犯罪事件は,再犯率も高いと言われているため,少年盗撮等で警察から逮捕,捜査された場合,再犯防止策を講じることも重要です。
そのため,少年による痴漢等の性犯罪事件では,刑事事件を専門にしている弁護士にご相談することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,少年による性犯罪事件についても知識や経験が豊富ですので,少年特有の心情を理解した弁護士がおります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では,刑事事件少年事件専門の弁護士が,初回については無料で法律相談をお受けしております。
まずはフリーダイヤル(0120-631-881)までお問い合わせください。
神奈川県戸部警察署 初回接見費用3万4300円)

藤沢市の性犯罪事件~少年が余罪多数の強制わいせつ罪で逮捕~再犯防止策とは?

2017-11-06

藤沢市の性犯罪事件~少年が余罪多数の強制わいせつ罪で逮捕~再犯防止策とは?

神奈川県藤沢市に住む少年Aは、路上を歩いていた小学生女児に声をかけ、上半身を背後から触ってしまいました。
その後も同様の行為を繰り返していたところ、神奈川県藤沢警察署の警察官に、強制わいせつ罪の被疑者として逮捕されました。
(事例はフィクションです。)

性犯罪事件余罪事件

性犯罪事件では、逮捕されるまで犯行を繰り返してしまうケースがあります。
捜査機関側は、性犯罪事件等、周辺で同様の事件が多発しているような場合、余罪事件についても再逮捕できる程度の十分な証拠を収集した上で、本件について通常逮捕するケースもあります。
また、現行犯逮捕であっても、逮捕後、周辺の発生状況を分析し、余罪事件についても捜査をすすめます。

性犯罪事件少年事件

強制性交等罪、強制わいせつ罪等の性犯罪事件では、少年による犯行だった場合においても、事案によって逮捕される可能性もあります。

性犯罪事件は、再犯率も高いことから、少年性犯罪事件逮捕された場合は、再犯防止策についても十分に考えることも必要です。
性犯罪事件は、その原因が、押さえきれない性衝動を抱えていること等、様々なケースがあります。
再犯防止策の一つとして、専門治療院への通院だけでなく、少年自身が抱えている問題についても向き合うことも大切です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件性犯罪事件について、専門の弁護士事務所です。
弊所の弁護士は、接見等を通じて、少年が抱える悩みと向き合い、再犯防止についてもご家族と一緒に考え、適切な活動を行います。
少年性犯罪事件逮捕され、余罪事件があるのではないか、今後再犯しないためにはどうしたらよいか、ご相談したい方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談下さい。

神奈川県藤沢警察署 初回接見費用:3万7900円)

【ひったくり事件と余罪捜査】横浜市栄区の刑事事件 少年が窃盗罪で逮捕されたら

2017-11-01

【ひったくり事件と余罪捜査】横浜市栄区の刑事事件 少年が窃盗罪で逮捕されたら

横浜市に住む少年Aは、栄区を中心に、原動機付自転車に乗車して、ひったくりを繰り返していたところ、神奈川県栄警察署に捜査本部が設置され、後日、警察官に通常逮捕されました。
少年Aの両親は、ひったくり余罪件数が100件以上もあると知って、今後について不安になり、少年事件刑事事件を専門とする弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

ひったくり事件

ひったくりは、主に原動機付自転車や自動二輪車を使用して行われ、犯行時間も短いこと等から、被害者の方が現行犯逮捕するケースはあまりありません。
ですが、ひったくりは、重要窃盗事件に指定されており、各警察署においても防犯対策、被疑者の逮捕に力を入れています。
神奈川県警察のHPによりますと、平成29年中(9月まで)のひったくり発生件数は、県下だけで既に240件発生しています。
被疑者の検挙率は約75%と高い検挙率であることからも、ひったくりは重要捜査対象であることが分かります。

また、ひったくり窃盗罪になりますが、被害者の方がひったくられる際に転倒する等して怪我をした場合等、強盗致傷罪に問われるケースもあります。
(警察庁HP:検挙事例:「13年11月から14年6月までの間,少年ら16人は,オートバイを利用し,通行人のバッグ等を窃取するひったくり事件を敢行していた。なかには,強盗致傷事件に発展する事件もあった。6月までに,少年ら16人を強盗致傷罪等で検挙した。)

少年事件と余罪捜査】

ひったくりで通常逮捕する場合、捜査機関は、余罪についても、ある程度証拠を揃え、再逮捕できる準備をしている可能性がありますが、ひったくりの場合、余罪の件数もかなりの数になる可能性があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件刑事事件を専門にしている弁護士事務所です。
少年ひったくり逮捕されたら、少年事件専門の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県栄警察署 初回接見費用:3万7800円)

 

【平塚市の少年事件で逮捕】覚せい剤取締法違反(所持)なら弁護士に無料法律相談

2017-10-29

【平塚市の少年事件で逮捕】覚せい剤取締法違反(所持)なら弁護士に無料法律相談

神奈川県平塚市に住む少年A(18歳)は、友人からもらった覚せい剤を鞄に入れて路上を歩いていたところ、神奈川県平塚警察署の警察官から職務質問を受けました。
その後、所持品検査を求められ、鞄の中に覚せい剤を所持していたことが発覚し、予試験で覚せい剤の陽性反応が出たことから逮捕されました。
逮捕の連絡を受けた少年Aの家族は、少年覚せい剤取締法違反事件にも詳しいと評判の弁護士事務所の無料法律相談に申し込みました。

少年による覚せい剤取締法違反事件】

覚せい剤等の違法薬物の売買は、国際犯罪組織等が深く関わっており、その手口が年々巧妙化、洗潜在化しているため、取り締まりも強化されています。
薬物事件の検挙罪名は、覚せい剤取締法違反が多くを占めると言われておりますが、少年事件にあっても同様の傾向にあります。
平成28年度の警察白書によりますと、薬物事件で検挙された少年のうち、約半数が覚せい剤取締法違反で検挙されています。

少年覚せい剤取締法違反逮捕されたら】

覚せい剤取締法違反の所持が発覚した場合、少年であっても逮捕、勾留、接見禁止となる可能性があります。

覚せい剤を所持していた事実を争わない場合では、検察官や裁判官に「罪と認め反省していること」等を主張することも重要です。
また少年事件では、裁判官に対し、少年更生できる環境が整っていることや再犯防止策を講じること等も重要となりますので、少年事件専門の弁護士にご相談することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件覚せい剤取締法違反等の刑事事件を専門に扱う弁護士事務所です。
少年覚せい剤取締法違反逮捕され、ご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所で行っている無料法律相談(初回のみ)をお申込み下さい。

神奈川県平塚警察署 初回接見費用:3万9100円)

【駅・電車内トラブルで現行犯逮捕】横浜市の少年による性犯罪事件専門の弁護士

2017-10-27

【駅・電車内トラブルで現行犯逮捕】横浜市の少年による性犯罪事件専門の弁護士

横浜市に住む少年Aは、通学途中の横浜駅構内で盗撮行為をしたとして、神奈川県鉄道警察隊の警察官に現行犯逮捕され、戸部警察署の警察官に引き渡されました。
現行犯逮捕の連絡を受けた少年Aの親は、今後の対応について心配になり、少年・性犯罪事件専門の弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

駅・電車内トラブル現行犯逮捕

駅・電車内トラブルで刑事事件に発展する事例としては、暴行、傷害事件の他、痴漢や盗撮等の性犯罪事件があります。
駅・電車内トラブルで刑事事件・性犯罪事件を起こした場合、後日通常逮捕されるケースもありますが、目撃者や駅員等により現行犯逮捕されるケースも多くあります。

また、駅・電車内のトラブル対策として、鉄道警察隊の警察官が警戒しています。
性犯罪事件のうち、特に盗撮事件では、警戒中の警察官により、その場で犯行を現認され、現行犯逮捕される事例も多くあるようです。

少年性犯罪事件現行犯逮捕されたら】
盗撮等の性犯罪事件は、少年であっても、現行犯逮捕されるケースがあります。
盗撮で現行犯逮捕された場合、犯行に使われた携帯電話は、逮捕の現場での差し押さえ、若しくは任意提出を求められます。
その後、画像等を精査し、本件犯行だけでなく、余罪事件の有無についても捜査されます。
取り調べは、専門の取り調べ官が担当しますので、明らかな証拠があるのに嘘をついた等の場合、その後の身柄の釈放や処分にも影響する可能性があります。

そのため、少年性犯罪事件現行犯逮捕された場合、早期に少年事件専門の弁護士に弁護を依頼することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年による性犯罪事件についても経験が豊富です。
少年が電車内トラブル性犯罪事件現行犯逮捕され、ご不安な方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご連絡下さい。

神奈川県戸部警察署 初回接見費用:3万4400円)

【少年事件専門の弁護士】神奈川県川崎市の窃盗(下着泥棒)事件~犯罪手口捜査~

2017-10-26

【少年事件専門の弁護士】神奈川県川崎市の窃盗(下着泥棒)事件~犯罪手口捜査~

神奈川県川崎市に住む少年Aは、一軒家やアパートのベランダに干してある下着を盗む窃盗行為を繰り返していたところ、神奈川県中原警察署の警察官から、窃盗罪の疑いで取り調べの要請を受けました。
少年Aの家族は、取り調べのアドバイスや今後について不安になり、少年事件専門の弁護士に相談しました。

窃盗罪等の手口捜査

手口捜査とは、捜査機関が、窃盗等、繰り返し行われる可能性の高い罪種について、その手口を分析・資料化し、組織的に収集管理し、犯罪捜査に役立てる手法です。
手口捜査については、犯罪手口資料取扱規則により、手口捜査の対象罪種やその資料の管理方法等が定められています。
警察庁のHPでは、実際に手口捜査により、犯人検挙に至った事例についても紹介しています。

窃盗事件等では、警察官は通報等により現場へ駆けつけた後、被害状況の確認、実況見分、写真撮影、鑑識活動、犯行対象家屋の分析から、侵入形跡に至るまで詳細な手口を分析し、記録に残しています。

【少年が警察から呼び出しを受けたら】

少年が下着泥棒等の窃盗事件で、警察から任意取り調べの要請があった場合、少年事件、刑事事件専門の弁護士にご相談することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件・少年事件に特化した弁護士事務所ですので、ご家族やご本人様から事情をお伺いした上で、適切なアドバイスをいたします。
また窃盗罪等は、再犯の可能性もあることから、少年事件専門の弁護士と、今後について環境調整を図ることも重要です。

ご家族が窃盗罪等の刑事事件、少年事件で警察から呼び出しを受けた、逮捕された、等とお困りの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。

神奈川県中原警察署 初回接見費用:3万6600円)

【少年による性犯罪事件で弁護士に相談】神奈川県座間市の公然わいせつ罪で逮捕

2017-10-18

【少年による性犯罪事件で弁護士に相談】神奈川県座間市の公然わいせつ罪で逮捕 

神奈川県座間市に住む少年Aは、塾の帰り道、路上を歩ている女性を見かけ、女性の悲鳴が聞きたくなり、下半身を露出してしまいました。
少年は自宅に戻って反省したのですが、性的興奮を覚えて止められなくなり、同様の犯行を繰り返していたところ、警戒中の神奈川県座間警察署の警察官に、公然わいせつ罪の疑いで逮捕されました。
(事例はフィクションです。)

公然わいせつ罪とは】

公然わいせつ罪の保護法益は「社会的な性秩序」とされており、法律上、被害者という立場の方は存在しないとされています。
そのため、公然わいせつ罪逮捕された場合、その後の処分については、本人が事件について反省していること等が重要となります

少年性犯罪事件逮捕されたら弁護士ご相談を】

少年公然わいせつ罪等性犯罪事件逮捕された場合、単に事件について反省の弁を述べるだけでなく、「更生する可能性」等が重視されます。
そのため、少年による性犯罪事件では、事件の原因を考え、再犯防止策を講じることが大切ですが、そのためには、ご家族のサポートが重要となります。しかし、性犯罪事件では、少年が、ご家族に対し、自身が抱える性的な悩み等を話しづらいこともあります。

ですから、少年性犯罪事件逮捕されたら、少年事件専門の弁護士にご相談することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件性犯罪事件刑事事件に特化した弁護士事務所です。
少年公然わいせつ罪性犯罪事件逮捕され、今後についてご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談下さい。
神奈川県座間警察署 初回接見費用:3万8700円)

【少年による街頭犯罪で逮捕】神奈川県藤沢市の刑事事件で弁護士が接見(面会)

2017-10-16

【少年による街頭犯罪で逮捕】神奈川県藤沢市の刑事事件で弁護士が接見(面会)

神奈川県に住む少年Aは、窃盗(部品ねらい)を繰り返していたところ、神奈川県藤沢警察署の警察官に窃盗罪で逮捕されました。
逮捕の連絡を受けた少年Aの家族は、刑事事件を専門にしている弁護士接見面会を依頼しました。
(事例はフィクションです。)

街頭犯罪とは?】

街頭犯罪」とは、路上強盗、ひったくり、自動販売機ねらい、車上ねらい、部品ねらい、自動車盗、オートバイ盗、自転車盗の8罪種のことです。(神奈川県警察HP参照)。

街頭犯罪は、警察庁と各都道府県警察において、取締り活動が強化されています。

街頭犯罪対策の一例としては、被害状況の詳細な分析、多発する時間帯・地域等の精査の他、各部門の警察官による特別編成部隊を設置する、等があります。

少年による街頭犯罪逮捕されたら】

平成28年中、神奈川県内において、街頭犯罪の総検挙・補導人員のうち、少年の比率は、54.8%であり、約半数以上を占めています。

街頭犯罪のうち、少年が占める割合が高い罪種については、オートバイ盗(94.0%)、自動販売機ねらい(90.3%)、部品ねらい(80.7%)となっています。(神奈川県警察HPデータ参照。)

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件刑事事件を専門とした弁護士事務所です。

弊所は、少年事件の経験が豊富な弁護士事務所ですので、接見(弁護士による警察署などでの面会)やご家族との面談を通じて、少年の処分を軽くするためだけでなく、再犯防止策等、少年の将来についても真摯に向き合った弁護活動を行います。

少年街頭犯罪、各種刑事事件等で逮捕され、ご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、初回接見面会)サービスをご提供しておりますので、まずは弊所までご相談下さい。

神奈川県藤沢警察署 初回接見費用:3万7900円)

 

 

« Older Entries