Archive for the ‘少年事件’ Category

【少年による性犯罪事件で弁護士に相談】神奈川県座間市の公然わいせつ罪で逮捕

2017-10-18

【少年による性犯罪事件で弁護士に相談】神奈川県座間市の公然わいせつ罪で逮捕 

神奈川県座間市に住む少年Aは、塾の帰り道、路上を歩ている女性を見かけ、女性の悲鳴が聞きたくなり、下半身を露出してしまいました。
少年は自宅に戻って反省したのですが、性的興奮を覚えて止められなくなり、同様の犯行を繰り返していたところ、警戒中の神奈川県座間警察署の警察官に、公然わいせつ罪の疑いで逮捕されました。
(事例はフィクションです。)

公然わいせつ罪とは】

公然わいせつ罪の保護法益は「社会的な性秩序」とされており、法律上、被害者という立場の方は存在しないとされています。
そのため、公然わいせつ罪逮捕された場合、その後の処分については、本人が事件について反省していること等が重要となります

少年性犯罪事件逮捕されたら弁護士ご相談を】

少年公然わいせつ罪等性犯罪事件逮捕された場合、単に事件について反省の弁を述べるだけでなく、「更生する可能性」等が重視されます。
そのため、少年による性犯罪事件では、事件の原因を考え、再犯防止策を講じることが大切ですが、そのためには、ご家族のサポートが重要となります。しかし、性犯罪事件では、少年が、ご家族に対し、自身が抱える性的な悩み等を話しづらいこともあります。

ですから、少年性犯罪事件逮捕されたら、少年事件専門の弁護士にご相談することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件性犯罪事件刑事事件に特化した弁護士事務所です。
少年公然わいせつ罪性犯罪事件逮捕され、今後についてご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談下さい。
神奈川県座間警察署 初回接見費用:3万8700円)

【少年による街頭犯罪で逮捕】神奈川県藤沢市の刑事事件で弁護士が接見(面会)

2017-10-16

【少年による街頭犯罪で逮捕】神奈川県藤沢市の刑事事件で弁護士が接見(面会)

神奈川県に住む少年Aは、窃盗(部品ねらい)を繰り返していたところ、神奈川県藤沢警察署の警察官に窃盗罪で逮捕されました。
逮捕の連絡を受けた少年Aの家族は、刑事事件を専門にしている弁護士接見面会を依頼しました。
(事例はフィクションです。)

街頭犯罪とは?】

街頭犯罪」とは、路上強盗、ひったくり、自動販売機ねらい、車上ねらい、部品ねらい、自動車盗、オートバイ盗、自転車盗の8罪種のことです。(神奈川県警察HP参照)。

街頭犯罪は、警察庁と各都道府県警察において、取締り活動が強化されています。

街頭犯罪対策の一例としては、被害状況の詳細な分析、多発する時間帯・地域等の精査の他、各部門の警察官による特別編成部隊を設置する、等があります。

少年による街頭犯罪逮捕されたら】

平成28年中、神奈川県内において、街頭犯罪の総検挙・補導人員のうち、少年の比率は、54.8%であり、約半数以上を占めています。

街頭犯罪のうち、少年が占める割合が高い罪種については、オートバイ盗(94.0%)、自動販売機ねらい(90.3%)、部品ねらい(80.7%)となっています。(神奈川県警察HPデータ参照。)

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件刑事事件を専門とした弁護士事務所です。

弊所は、少年事件の経験が豊富な弁護士事務所ですので、接見(弁護士による警察署などでの面会)やご家族との面談を通じて、少年の処分を軽くするためだけでなく、再犯防止策等、少年の将来についても真摯に向き合った弁護活動を行います。

少年街頭犯罪、各種刑事事件等で逮捕され、ご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、初回接見面会)サービスをご提供しておりますので、まずは弊所までご相談下さい。

神奈川県藤沢警察署 初回接見費用:3万7900円)

 

 

【少年の性犯罪事件】神奈川県伊勢原市の強制わいせつ事件で弁護士が逮捕後に接見

2017-10-05

【少年の性犯罪事件】神奈川県伊勢原市の強制わいせつ事件で弁護士が逮捕後に接見

神奈川県伊勢原市に住む少年Aは、学習塾の帰り道、暗い路上を歩いている女性を見つけ、背後から抱き着き、衣服の上から無理やり体を触ってしまいました。
その後も連続して強制わいせつ事件を起こしてしまい、後日、神奈川県伊勢原警察署の警察官に、強制わいせつ事件逮捕されました。
少年Aの家族は、少年Aは普段から勉学に励み、性格も穏やかで優しかったためとてもショックを受け、今後について不安になり、性犯罪事件に詳しい弁護士接見を依頼しました。

【路上強制わいせつ事件
路上における強制わいせつ事件では、背後から行われることが多い傾向にあります。
例えば、コンビニエンスストア等で一人暮らしと思われる買い物をしている方、ウォークマンをしている方を狙う等があります。
被害者の方は、背後から突然被害を受けるため、その恐怖心を忘れることができず、一人で外出できなくなったり、一人暮らしの方は実家で暮らす等、性犯罪事件の被害者の方は様々な2次被害を受け苦しみます。

少年による強制わいせつ事件
性犯罪事件は、自分の衝動を抑えることができず、逮捕されるまで連続して性犯罪事件を起こしてしまう可能性があります。
そのため、少年強制わいせつ事件逮捕された場合、少年性犯罪事件を専門とする弁護士に相談することをおすすめします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年性犯罪事件にも精通した弁護士が多数所属しております。
弊所の弁護士は、少年の処分を軽くするためだけでなく、少年との接見や、ご家族との面談を通じて、少年の将来を真剣に考え、適切な弁護活動をいたします。
弊所では、ご契約前に、弊所の弁護士が、留置施設に出張し、面会する初回接見サービスをご提供しております。
少年強制わいせつ事件等の性犯罪事件逮捕され、ご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、初回の接見サービスをお申込み下さい。
神奈川県伊勢原警察署 初回接見費用3万9700円)

ランサムウエア自作で不正指令電磁的記録作成・保管罪 少年のサイバー犯罪で相談

2017-09-29

ランサムウエア自作で不正指令電磁的記録作成・保管罪 少年のサイバー犯罪で相談

神奈川県相模原市に住む少年Aは、情報セキュリティに関心があり、力試しのため、世界中で警戒されていた「ランサムウエア」と呼ばれるコンピュータウィルスを自作したとして、神奈川県相模原北警察署の警察官に、不正指令電磁的記録作成・保管罪の疑いで逮捕されました。
(6月5日「朝日新聞デジタル」を基にしたフィクションです。)

ランサムウエアとは】

ランサムウエアとは、コンピュータウィルスの一種「身代金要求型不正プログラム」で、ランサム(身代金)とソフトウェアを組み合わせて作られた名称です。

ランサムウエアに感染すると、パソコンのファイルが暗号化されたり、またスマートフォンがロックされる等、使用不能な状態になってしまいます。
その後、パソコンのデータファイル等を人質として現金を要求する手口で、世界的にも警戒が呼びかけられているウィルスです。

少年によるサイバー犯罪

現代社会は、誰でも気軽にインターネットを利用できる環境にあります。
大人だけでなく、少年も気軽に使えるようになったため、知らないうちにサイバー犯罪の被害者になってしまうだけでなく、その手軽さから、軽い気持ちでサイバー犯罪行為を行ってしまう危険性があります。

少年によるサイバー犯罪としては、不正指令電気的記録作成・保管罪、SNSでの書き込みによる名誉棄損罪、他人のIDを無断で利用した不正アクセス禁止法違反、犯罪予告を書き込んだことによる威力業務妨害罪等、様々な事案があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件・刑事事件を専門に取り扱う弁護士事務所です。
弊所では、少年によるサイバー犯罪、刑事事件を専門とした弁護士がご相談をお受けし、事情を伺い、適切な弁護活動を行います。
少年による、不正指令電磁的記録作成・保管罪等のサイバー犯罪により、警察から呼び出しを受けた等、ご不安な方はまずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。

神奈川県相模原北警察署 初回接見費用4万500円)

万引きで逮捕?【川崎市多摩区の少年による広域窃盗団事件で弁護活動】

2017-09-17

万引きで逮捕?【川崎市多摩区の少年による広域窃盗団事件で弁護活動】

少年Aは、地元の不良グループの仲間と、川崎市多摩区内を中心に、他県にまたがって、万引き行為を繰り返していました。
神奈川県警察の捜査三課は、神奈川県多摩警察署に捜査本部を設置し、少年による広域窃盗団事件として捜査を開始しました。
その半年後、少年Aは窃盗罪の疑いで仲間と共に逮捕されました。
(上記事例はフィクションです。)

万引き逮捕?】

万引き行為は、刑法の窃盗罪に該当します。
一般的には、在宅捜査になることが多いのですが、犯行状況によっては逮捕される可能性もあります。

例えば、万引き行為後、警備員に声を掛けられ逃走してしまった場合等は、警備員によって現行犯逮捕される可能性もあります。

逃走の際、警備員の方を突き飛ばして怪我をさせてしまった場合は、より罪の重い「事後強盗罪」として逮捕される恐れもあります。

その他、事例の少年Aのように、広域で万引き等を繰り返す「広域窃盗団事件」では、各県警が合同で捜査本部を設置して捜査を進め、後日通常逮捕されることもあります。

万引き行為は、その言葉の響きから、軽い犯罪のような印象を持ってしまうかもしれません。
ですが、被害を受けた店舗は、警察への被害届の提出や事情聴取、本社への報告等、多くの時間を万引き行為のために費やさなければなりません。
万引き行為は、多くの方に多大な迷惑をかけ、また状況によっては逮捕されることもあるので、万引き行為は止めましょう。

【少年による広域窃盗団事件の一員として逮捕されたら・・】

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件・刑事事件を専門とする法律事務所です。
弊所では、少年による窃盗事件についても経験が豊富ですので、早急に少年と面会し、取り調べのアドバイスや、再犯防止のための更生を図る等、適切な弁護活動をいたします。
また窃盗罪の被害者の方に、謝罪や被害弁償等、迅速に対応します。

少年万引き等の窃盗罪で逮捕され、今後についてご相談したい方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料法律相談をお申込み下さい。
神奈川県多摩警察署 初回接見費用3万9900円)

【横浜市鶴見区の少年事件なら何でもご相談を】審判対応について無料法律相談する弁護士

2017-09-11

【横浜市鶴見区の少年事件なら何でもご相談を】審判対応について無料法律相談する弁護士   

神奈川県横浜市鶴見区に住む少年Aは、高校の同級生を殴ってしまいました。
後日、被害届が提出され、神奈川県鶴見警察署少年係の警察官から事情を聴きたいと、保護者に連絡がありました。
実は少年Aは、以前、アルバイト先の同僚に暴行を加えたことで、家庭裁判所に送致され、不処分となっていました。
そのため両親は、今後について不安になり、少年事件を専門に扱う弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

少年事件の流れ】
 
少年事件では、捜査機関による捜査の結果、犯罪の嫌疑があると判断した場合、家庭裁判所に事件が送致されます(全件送致主義)。

その後、家庭裁判所では、審判を行うため「観護措置」の必要性について判断します。
「観護措置」には、家庭裁判所の調査官の観護に付す場合と、少年鑑別所に送致する措置がありますが、実務上はほとんどが鑑別所送致となります。
少年鑑別所に送致された場合、通常4週間収容(最長で8週間)収容されます。

家庭裁判所では、少年審判にあたり、事件の調査が行われます。
その後、犯罪の事実があったといえない場合や、少年審判の必要性がないと判断された場合、「審判不開始」となります。
少年審判が行われた場合は、
①不処分
②保護処分(保護観察、児童自立支援施設又は児童養護施設送致、少年院送致)
の処分が決定されます。

その他、家庭裁判所へ送致された事件について調査した結果、刑事処分を科すことが相当であると判断した場合、検察に事件が送致され(逆送)、その後は成人の刑事事件と同様の手続きとなります。

少年事件専門の弁護士による無料法律相談

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件・少年事件のみ取り扱う弁護士事務所です。
弊所では少年事件についても、経験が豊富な弁護士が、少年事件でお悩みの方にアドバイスをいたします。

ご相談内容は、少年犯罪の流れや処分の見通し、被害者への対応、学校への対応等、何でもご相談いただけます。
少年事件に関するご相談であれば、ご相談内容に制限はございません。
神奈川県横浜市鶴見区少年事件でお悩みの方は、少年事件を専門とする、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで、無料法律相談をお申込み下さい。
神奈川県鶴見警察署 初回接見費用:3万円6000円)

【少年事件の環境調整】神奈川県大和市の窃盗罪(ひったくり)で逮捕なら弁護士に相談

2017-09-03

【少年事件の環境調整】神奈川県大和市の窃盗罪(ひったくり)で逮捕なら弁護士に相談

神奈川県大和市に住むA君は、不良グループの先輩から誘われて、原付バイクで2人乗りをして「ひったくり」行為を繰り返していたところ、神奈川県大和警察署の警察官に窃盗罪(ひったくり)逮捕されました。
A君の両親は、以前からA君を不良グループから離脱させたいと悩んでおり、少年事件専門の弁護士に相談したところ、「環境調整」という弁護活動について説明を受けました。
(フィクションです。)

窃盗罪(ひったくり)の手口】

「ひったくり」行為は、窃盗罪に該当します。
「ひったくり」でよくある手口は、原動機付自転車に乗車し、自転車で走行中や歩行中の方が所持している鞄等を背後からひったくる行為です。
自転車の前カゴに防犯ネットをせずに鞄を入れていたり、また車道側に鞄を持っていますと、日中でも「ひったくり」の被害を受ける可能性がありますので注意しましょう。

少年事件で重要な環境調整とは】

少年が窃盗罪(ひったくり)の罪を認めている場合は、早期身柄釈放やその後の処分を軽くするためには、被害者の方への謝罪や示談交渉が重要となります。

その他、少年事件では「環境調整」も重要になります。
特に少年が不良グループの一員として事件を起こした場合、再犯防止のためにもそのような環境から完全に離脱することが重要です。

弁護士との面会を通じ、交遊関係の見直しを含めた生活環境の改善について、反省・今後の対策について一緒に考えます。
環境調整を図るうえではご家族の協力が不可欠ですので、日常生活の中で本人の生活を監督していただくことになります。

このような環境調整は処分を軽くするためだけだけでなく、少年の将来にとっても重要な弁護活動となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件・刑事事件のみを扱う弁護士事務所です。
弊所の弁護士は、少年事件に特化しておりますので、被害者の方への示談交渉等の他、再犯防止、環境調整等の弁護活動に自信があります。

少年による窃盗罪(ひったくり)で逮捕され、お困りの方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料法律相談をお申込み下さい。
神奈川県大和警察署 初回接見費用:3万6800円)

【少年犯罪】神奈川県横浜市南区のオレオレ詐欺で少年が逮捕 観護措置回避を目指す弁護士

2017-08-31

【少年犯罪】神奈川県横浜市南区のオレオレ詐欺で少年が逮捕 観護措置回避を目指す弁護士

神奈川県に住む少年Aは、地元の先輩から誘われ、横浜市南区に事務所を構えるオレオレ詐欺グループの一員として、不正に入手した名簿を使い、被害者宅に電話をかける掛け子をしていたところ、神奈川県南警察署の警察官に他の仲間と一緒に詐欺罪で逮捕されました。
少年の家族は勾留が長引くと学校と退学させられる恐れもあることから、少年事件専門の弁護士に無料法律相談を申込みました。
(フィクションです。)

【少年によるオレオレ詐欺事件での逮捕事例】

少年がオレオレ詐欺逮捕される事例として、現金やキャッシュカードの受取役として現行犯逮捕される傾向が多くあります。
その他、オレオレ詐欺の主犯グループが地元の不良仲間の先輩だったので誘われたことを等きっかけに、オレオレ詐欺の指示役、掛け子等に手を染めてしまい、その他の主犯グループと共に詐欺罪で逮捕されるケースもあります。

オレオレ詐欺の受取役は組織の末端ですが、繰り返し犯行を行う等関与した件数や被害額によっては実刑となる可能性も十分にあります。

オレオレ詐欺の主犯や指示役は詐欺罪以外でも窃盗罪、犯罪収益移転防止法違反、組織犯罪処罰法違反等も問われる可能性があり、さらに厳罰化の傾向にあります。

観護措置回避を目指す弁護士

捜査機関での捜査が終了後、少年事件は家庭裁判所に送致されます。

家庭裁判所では、少年を鑑別所に送るかどうかを判断します。
家庭裁判所への送致後も、少年の身体拘束が必要な場合、少年鑑別所での観護措置という手続きが行われます。
期間は通常4週間(最長で8週間)で運用されています。

少年鑑別所とは、刑務所等とは異なり、少年の更生のための適切な処遇方針が検討されます。
そのため少年の更生を考えるうえではプラスに働く部分もありますが、少年鑑別所に入ることで、通学中の学校から退学や職場から解雇される可能性もあります。

そのため付添人として、観護措置を争うか否かについては、少年及び保護者の方に十分に説明したうえで,少年にとっていずれが適切といえるか判断することになります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件・少年事件に特化した法律事務所です。
弊所の弁護士は、少年と早期に面会をして取り調べ対応の協議や保護者の方のご意向を伺った上で、観護措置を回避するための意見書を家庭裁判所に提出し、早期の身柄解放等の弁護活動を行います。

ご家族が少年事件逮捕され、早期身柄の解放、観護措置回避をお望みの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料法律相談をお申込み下さい。
神奈川県南警察署 初回接見費用:3万5500円)

 

神奈川県逗子市の少年事件で逮捕 傷害事件で観護措置回避を目指す弁護士

2017-08-17

神奈川県逗子市の少年事件で逮捕 傷害事件で観護措置回避を目指す弁護士

神奈川県逗子市に住む少年A(17歳)は、不良グループ同士のケンカに巻き込まれ傷害事件を起こし、神奈川県逗子警察署の警察官に傷害事件の被疑者として逮捕されました。
逗子警察署から連絡を受けた少年Aの家族は、少年事件・刑事事件専門の弁護士事務所に無料法律相談を申し込み、観護措置を回避するにはどうしたらよいか相談しました。
(フィクションです。)

観護措置回避をめざすには】

逮捕され勾留決定がなされると、警察署の留置所に身柄が拘束されます。
その後、少年は家庭裁判所へ送致されことになりますが、その際、裁判所から観護措置決定がなされる可能性があります。

観護措置は、在宅での観護措置もありますが、実務上少年鑑別所での観護措置が多く、その場合身体拘束が長引くこととなります。

少年の観護措置を回避するためには、逮捕後早期に弁護士が少年と面会して詳細な事実を聴取し、少年の事情にあった弁護プランを立てることが重要です。
そのうえで観護措置の要件・必要性がないことを弁護士から家庭裁判所に対して主張し、早期身柄の解放を求めます。

【少年による傷害事件の弁護活動について】

少年事件傷害罪では、少年が暴行していない場合は無罪を、相手方から暴行を加えられそうになったので反撃した等の事情があれば、正当防衛を主張していきます。

また傷害罪は、暴行の意図があれば相手にケガを負わせる意図がなくも傷害罪は成立しますが、暴行行為との間に因果関係が必要となります。
そのため少年の暴行行為とケガの因果関係についても精査することも重要となります。

注意が必要な点は、少年事件の場合、不良仲間を裏切って報復を受ける等の恐れから実際には行っていない罪を認めてしまう場合があります。
そのため少年が傷害罪等で逮捕された場合、少年事件・刑事事件専門の弁護士に弁護を依頼することが重要となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件・刑事事件専門の弁護士事務所です。
弊所の弁護士は、少年事件特有の事情に精通しておりますので、逮捕後の早期身柄解放や、観護措置回避のための弁護活動も迅速に行います。

少年が傷害罪等の刑事事件で逮捕され、観護措置回避をお望みの方はまずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料法律相談をお申込み下さい。(0120-631-881)。
神奈川県逗子警察署 初回接見費用:3万8700円)

横浜市磯子区の傷害罪(男女トラブル)で逮捕 少年事件・刑事事件専門の弁護士

2017-08-07

横浜市磯子区の傷害罪(男女トラブル)で逮捕 少年事件・刑事事件専門の弁護士

横浜市磯子区に住む少年A(19歳)は、別れ話がもつれて彼女を殴ってケガをさせ、現場に駆け付けた神奈川県磯子警察署の警察官に傷害罪逮捕されました。
少年Aの両親は、被害者の女性や家族に謝罪をしようと連絡をしたのですが取り合ってもらえず、少年事件・刑事事件を専門とする弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に無料法律相談を申し込みました。
(フィクションです。)

傷害罪などの男女トラブル

男女トラブルは、暴行や傷害罪、リベンジポルノ、殺人事件など、後々重大な刑事事件に発展する恐れがあります。

警察は犯罪を予防する義務があるため、通報等により男女トラブルを認知し、刑事事件に該当する行為を確認した場合、被害者に対し被害届を出すように説得を試みます。

相手側がけがをしていた場合は、少年事件であっても傷害罪逮捕される可能性があります。

少年事件であっても警察に逮捕された場合、成人事件と同様、最大で48時間勾留され、検察官に送致されます。

その後検察官は、勾留の必要性等を判断し、必要があれば鑑別所、又は刑事施設などで一定期間の身柄を拘束します。

少年事件での弁護活動の重要性】

少年事件においても傷害罪逮捕された場合、被害者の方へ謝罪し示談を行うことで、早期身柄の解放や、審判不開始・保護観察処分等を獲得する可能性が高くなると言えます。
しかし、男女トラブルによる傷害事件の場合、被害者の方が加害者側から謝罪を受け入れられず連絡を拒否する傾向があります。

そのため、傷害罪逮捕された場合、少年事件・刑事事件専門の弁護士に弁護を依頼することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件・刑事事件専門の弁護士事務所ですので、被害者の方への謝罪・示談交渉を適切に行います。

また少年事件で大切な弁護活動の1つに、少年が弁護士との接見を通じて事件を振り返って反省し、身元引受人と話し合い今後に向けて環境整備等のサポートを行い、裁判所へ主張する活動があります。

このような弁護活動は処分を軽くするためだけでなく、少年本人にとっても大切な弁護活動となります。
弊所の弁護士は、上記のような弁護活動を通じ、少年とご家族の気持ちに寄り添い、適切な弁護活動を行います。

ご家族が傷害罪逮捕され、ご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずは無料法律相談をお申込み下さい。
神奈川県磯子警察署 初回接見費用;3万6700円)

 

« Older Entries