【横浜市鶴見区の刑事事件】恐喝罪で逮捕~暴力事件の前科回避に強い弁護士

2018-01-11

【横浜市鶴見区の刑事事件】恐喝罪で逮捕~暴力事件の前科回避に強い弁護士

神奈川県に住むAは、横浜市鶴見区所在の飲食店街で、通行人に対して恐喝を繰り返していたところ、神奈川県鶴見警察署察官に逮捕されました。
(事例はフィクションです。)

恐喝罪とは?】

恐喝罪は、「人」を①「恐喝」して②「財物を交付」若しくは、③「財産上不法の利益」を得又はこれを「第3者に得させること」で成立します。

恐喝」とは、「反抗を抑圧するに至らない程度」の「脅迫」又は「暴行」です。
注意が必要な点は、反抗を抑圧するに足りる暴行、脅迫があった場合は、より罪の重い強盗罪が問われる場合もあることです。
恐喝行為に該当するかについては、具体的な事情、つまり態様、被害者の年齢等も考慮して判断されます。

恐喝罪逮捕されたら】
恐喝罪に身に覚えがない場合、弁護士は不起訴処分や無罪判決を目指します。
具体的には犯行時刻に別の行動をしていたことを証明するようなアリバイ等を収集し、捜査機関、裁判所に主張していきます。
恐喝事件について身に覚えがある場合、被害者の方への謝罪や被害弁償等を早期に行うことが重要です。
恐喝事件では、同種の前科がなく、また被害総額が大きくないケースでは、被害者との示談が成立することで、前科回避となる可能も高まります。
恐喝事件で被害届を提出される前であれば、弁護士を通じて被害者と示談交渉を成立させることで、被害者が被害届を提出せず、警察が介入することなく前歴を回避できる可能性もあります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、恐喝罪等の刑事事件を専門とした弁護士が所属しております。
恐喝罪逮捕、または捜査され今後についてご相談したい方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までまずはご相談下さい。
神奈川県鶴見警察署 初回接見費用3万600円)

ページの上部へ戻る