大磯町の刑事事件~(万引き後に暴行)事後強盗罪で逮捕~不起訴処分に強い弁護士

2018-01-31

大磯町の刑事事件~(万引き後に暴行)事後強盗罪で逮捕~不起訴処分に強い弁護士

Aは、スーパーで万引きを繰り返していたところ、警戒中だった警備員がAの万引き行為を現認、店舗を出たところでAに声をかけました。
慌てたAはその場から逃げるため警備員を突き飛ばしてしまったところ、別の警備員に取り押さえられ、神奈川県大磯警察署の警察官に引き渡されました。
Aの家族はAが事後強盗罪逮捕されたと聞き、刑事事件に強いと評判の弁護士に接見を依頼しました。
(事例はフィクションです。)

【事後強盗罪の弁護活動】
事後強盗罪の法定刑は、強盗罪と同様で「5年以下の有期懲役」と大変重い刑罰ですので、事後強盗罪では、暴行や脅迫の程度が軽い場合は、態様や当事者の年齢や性別等の事情を検討し、量刑の軽い窃盗罪、暴行罪であることを主張することも重要です。

その他、事後強盗罪では被害店舗や被害者との示談が成立し、被害届を取り下げた場合は、不起訴処分となる可能性も高まります。
ですが被害店舗・被害者の方は、被害届、実況見分、写真撮影、供述調書等捜査機関への協力に数時間を費やさなければならず、また現行犯逮捕の場合は送致時間が限られており、被害者側が予定を調整して後日捜査協力します、というわけにもいかないので、逮捕時間によっては深夜・早朝まで捜査協力せざるを得ない場合もあります。
このように被害者側は事件によってかなりの負担を強いられるので、処罰感情も強く、また会社の方針で示談しないケースもあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は様々な刑事事件の示談交渉に精通してます。
弊所はこれまでにも事後強盗罪逮捕された事件でも、弁護士が被害者側との示談交渉を重ねた結果、示談が成立し、不起訴処分となったケースもあります。
ご家族が万引きをして事後強盗罪逮捕されましたら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士が提供する初回接見サービスをお申込み下さい。
神奈川県大磯警察署 初回接見費用:4万円400円)

ページの上部へ戻る