【横浜市の刑事事件】傷害罪で逮捕されたら~被害者との示談交渉に精通した弁護士

2017-11-08

【横浜市の刑事事件】傷害罪で逮捕されたら~被害者との示談交渉に精通した弁護士

横浜市港南区に住む会社員Aは、職場の飲み会の帰り道、路上ですれ違った見知らぬ男性に対し、「肩がぶつかった」等言って殴ってしまい、通報を受けて駆けつけた神奈川県港南警察署の警察官に傷害罪の疑いで逮捕されました。
港南警察署から逮捕の連絡を受けたAの家族は、被害者の方が大怪我をしたと聞き、早期に謝罪したいと考え、横浜市刑事事件を専門に扱っている弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

傷害事件被害者へ早期謝罪・示談交渉するなら】

傷害事件では、事例のように、加害者と被害者の方が「見知らぬ他人同士」というケースも多くあります。

傷害事件で事実を認めている場合、早急に被害者の方への謝罪、ケガによる治療費の支払い等の有無が、今後の処分が決まるうえでも重要となります。
ですが、事例のように、被害者の方が全く見知らぬ相手だった場合、加害者側から謝罪を試みようとしても、連絡先も分からないため、困ってしまうことがよくあります。
捜査機関に、被害者の方の個人情報を聞き出そうとしても、仕返し等の心配もありますので、教えてもらえることはまずありません。
また、被害者の方自身、直接的に加害者側の方と連絡をすることについて、不安に思うでしょう。

ですから、見知らぬ方に対する傷害罪逮捕された場合、刑事事件専門の弁護士に相談しましょう。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、傷害事件等の刑事事件を専門にしています。
弊所の弁護士は、傷害、暴行、性犯罪事件等の多くの刑事事件被害者の方との示談交渉に精通しています。
ご家族が傷害事件等の刑事事件逮捕され、被害者の方への謝罪・示談交渉についてお悩みの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県港南警察署 初回接見費用:3万6100円)

ページの上部へ戻る