【横浜市の刑事事件】偽計業務妨害罪で逮捕~少年事件に精通した弁護士

2018-01-13

【横浜市の刑事事件】偽計業務妨害罪で逮捕~少年事件に精通した弁護士

神奈川県に住む少年Aは、自宅にあった数年前に賞味期限が切れた缶詰等を港北区内のコンビニに置いていたずらを繰り返していました。
しばらくして、神奈川県港北警察署の警察官が少年の自宅を訪れ、偽計業務妨害罪の疑いで家宅捜索を受けた後、逮捕されました。
その日は自宅に帰ることができましたが、少年Aの保護者は今後について少年事件に精通した弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

少年による業務妨害事件
注目を浴びたい気持ち等から業務妨害をしてしまい、動画投稿サイト等にこれらの妨害行為を投稿していまうケースが多くあります。
しかし、安易な気持ちで業務妨害をしてしまうと、刑法の業務妨害罪として3年以下の懲役又は50万円以下の罰金刑が問われ、また業務妨害の態様によっては少年であっても逮捕される可能性もあります。

少年業務妨害罪逮捕されたら・・】
少年業務妨害罪逮捕された場合、早期に釈放されるには弁護士と面会して取り調べ対応をアドバイスし、また身元引受人の監督能力が十分であること等を主張することが重要です。
また少年事件では、事件についての振り返り、反省、再犯防止策等を少年自身も考えていくことも大切です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件に精通した弁護士が、少年とそのご家族の今後を考え、適切な弁護活動をいたします。
少年業務妨害等の刑事事件逮捕されたら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談下さい。
神奈川県港北警察署 初回接見費用3万6400円)

ページの上部へ戻る