≪横浜市の刑事事件≫JKビジネス~児童福祉法違反で逮捕~淫行事件に強い弁護士

2018-04-07

≪横浜市の刑事事件≫JKビジネス~児童福祉法違反で逮捕~淫行事件に強い弁護士

~コミュニケーション(店舗型)店長を児童福祉法違反で検挙(5月警視庁)~
店長の立場を利用して、店内において18歳未満の女性従業員(16歳)に対して、性交を承諾せざるを得ない状況にさせた上で性交させたもの。
(事例は警察庁HP「いわゆるJKビジネス」の営業実態等の調査結果について」掲載の検挙事例を基にしたフィクションです。)

JKビジネス(児童に淫行させる行為)で逮捕児童福祉法違反
児童福祉法では18歳未満の者を児童とし、児童を保護するための禁止行為等について定めています。
事例のケースは、児童に淫行させる行為として児童福祉法で禁止されている行為で、法定刑は10年以下の懲役又は300万円以下の罰金刑と重い刑罰が定められています。

JKビジネスの取締り強化~淫行事件なら弁護士にご相談を≫
JKビジネスについては取締りが強化されており、風適法等の関係法令に基づいて積極的な立ち入り調査がなされています。
検挙についても児童福祉法違反だけでなく、あらゆる法令の適用が検討され、態様によっては、店舗の利用客が児童買春・児童ポルノ禁止法違反(女性従業員が18歳未満だと知りながら現金を供与して性交等をした疑い)で検挙されている事例もあります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門とした弁護士事務所で、児童福祉法違反淫行事件の弁護活動にも精通しております。
弊所は24時間、365日法律相談(初回は無料)、初回の接見サービスを受け付けております。
児童福祉法違反淫行事件の疑いを掛けられている、又はご家族が逮捕されてお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までお問合せ下さい。
神奈川県水上警察署 初回接見費用:3万5500円)

ページの上部へ戻る