横浜市の刑事事件~あっせん収賄罪で公務員が逮捕 取り調べ対応に強い弁護士 

2018-02-22

横浜市の刑事事件~あっせん収賄罪で公務員が逮捕 取り調べ対応に強い弁護士  

民間会社の代表取締役Aは、横浜市発注の業務について、同市職員Bに対して、入札の秘密事項である予定価格等について担当の職員Cから教示を受けられるよう依頼し、職員Bはこれに承諾しました。
職員BはAから見返りとして現金数百万円を収受しましたが、後日神奈川県山手警察署に設置された捜査本部捜査第二課員により、Aは贈賄罪、公契約関係競売入札妨害罪、市職員Bはあっせん収賄罪、官製談合防止法違反、公契約関係競売入札妨害罪で逮捕されました。(事例はフィクションです。)

あっせん収賄罪とは?】

あっせん収賄罪に問われるのは公務員に限られ、仲裁人は対象とされておりません。
あっせん収賄罪の成立要件は、
公務員
②請託を受けて他の公務員に職務上「不正な行為」、又は「相当な行為をさせないよう」
あっせん「すること」又は「したこと」の報酬として
④賄賂を「収受」又は「要求」若しくは「約束」
した場合に成立します。

公務員による事件~あっせん収賄罪取り調べ対応なら弁護士に相談】

収賄罪あっせん収賄罪以外にも主体や態様によって単純収賄罪、事前収賄罪、事後収賄罪等があります。
いずれにしても賄賂罪等の直接の被害者がいない犯罪では、捜査の端緒の把握が難しいとされています。
そのため賄賂罪等では取り調べ対応重要となります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件に特化した法律事務所です。
収賄罪では態様によって逮捕前に事前に取り調べの要請を受ける可能性もありますので、公務員の方があっせん収賄罪等の刑事事件取り調べ対応についてご相談したい場合は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県山手警察署 初回接見費用:3万7900円)

ページの上部へ戻る