横浜市西区の迷惑行為防止条例違反(痴漢)で逮捕 刑事事件の示談交渉なら弁護士

2017-07-25

横浜市西区の迷惑行為防止条例違反(痴漢)で逮捕 刑事事件の示談交渉なら弁護士

神奈川県に住むAは、帰宅途中の電車内で、女性に痴漢行為をした疑いで周囲の乗客から取り押さえられ、現場に駆け付けた神奈川県戸部警察署の警察官に神奈川県迷惑行為防止条例違反(痴漢行為)で逮捕されました。
神奈川県戸部警察署の警察官から逮捕の知らせを受けたAの家族は、被害女性に対して謝罪し示談をしたいと考え、刑事事件専門の弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

神奈川県迷惑行為防止条例違反について】

平成19年4月1日、これまでの条例の題名(「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」)が改正され、「神奈川県迷惑行為防止条例」となりました。
また改正点の一つに「卑わいな言動」があり、項目が
痴漢行為
②のぞき見行為
③盗撮行為
④その他卑わいな行為
にそれぞれ分かれ、より具体化されました。
さらに罰則については、1年以下の懲役または100万円以下の罰金となり、罰則が強化されました。

また平成26年7月1日、神奈川県迷惑行為防止条例の一部が改正され、「卑わい行為」について規定している第3条の条文が、『何人も、公共の場所「にいる人」又は公共の乗物に「乗っている人」に対し』、と付け加えられ、公共の場所にいる人に対し、加害者側が「公共の場所でない自宅等から盗撮等する行為」も規制されることになりました。

痴漢行為で逮捕されたら】

痴漢行為等で逮捕されて身に覚えがない場合は、刑事事件専門の弁護士に早期に依頼することが重要です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士事務所ですので、接見を通じて取り調べの適切なアドバイスを行います。

また事実を認めている場合では、被害者への謝罪や示談交渉が身柄の早期釈放やその後の処分を軽くするためにも重要です。
しかし、警察では被害者の個人情報を同意なく勝手に教えることはできません。
ですから示談交渉を進めるためにも早期に刑事事件専門の弁護士事務所に依頼することをお勧めします。

弊所では、24時間、365日無料相談や初回接見を受付けておりますので、ご家族が痴漢行為等の神奈川県迷惑行為防止条例違反(痴漢)で逮捕され、お困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで、まずは無料相談をお申込み下さい。
神奈川県戸部警察署 初回接見い費用:3万4400円)

 

ページの上部へ戻る