横浜市緑区の刑事事件で無料法律相談 口座詐欺事件で逮捕されたら専門の弁護士

2017-08-05

横浜市緑区の刑事事件で無料法律相談 口座詐欺事件で逮捕されたら専門の弁護士

神奈川県に住むAは、横浜市緑区内の銀行で口座を開設後、関係者に通帳とキャッシュカードを渡して暗証番号を伝えました。
その後、神奈川県緑警察署の警察官から口座詐欺事件に関与した疑いで任意出頭を要請されたため、逮捕されるのではないかと不安になったAは、刑事事件を専門とする弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所に無料法律相談を申し込みました。
(フィクションです。)

口座詐欺に関する法律】

口座詐欺に関する法律については、
・不正に利用する目的で開設した場合は、「詐欺罪」
・他人名義で開設した場合、「詐欺罪」
・自分名義や他人名義の口座・キャッシュカードを譲り渡した場合は、「犯罪による収益の移転防止に関する法律違反」
が該当します。

また自動車運転免許証等の身分証を偽造し、口座開設時行員に提示した場合は、詐欺罪の他、有印公文書偽造・同行使罪も問われる可能性があります。

詐欺罪の法定刑は、「10年以下の懲役刑」とされています。
口座詐欺事件の量刑は、懲役1年から2年が多く、初犯の場合は執行猶予が付く可能性も高いようですが、オレオレ詐欺等の組織犯罪は社会的影響も高く厳罰化の傾向があるため、犯行状況や前科によっては執行猶予が付かない可能性もあります。

口座詐欺逮捕されたら】

口座詐欺は、インターネットの掲示板等で「落としたと言えば大丈夫」等と記載して募集しているサイトもあり、安易に手を出してしまいがちです。
ですが、口座詐欺は、口座開設時に身分証明書を提示しているため、顔の見えない主犯格よりも捜査機関側に犯行が発覚しやすい犯罪でもあります。

口座詐欺事件で任意出頭を要請された場合、注意が必要なケースは、既にオレオレ詐欺等の主犯格が逮捕され、その後の捜査により口座詐欺が発覚した場合です。
このような場合、捜査機関側は口座詐欺に係わる証拠をある程度揃えた段階で出頭を要請し、また状況によっては逮捕される可能性もあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、口座詐欺事件等の刑事事件専門の弁護士事務所ですので、取り調べ等のアドバイスの他、適切な弁護活動を行います。

口座詐欺事件に関与した疑いで警察から任意出頭を要請され、逮捕されるのではないかご心配な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に、まずは無料法律相談をお申込み下さい。
神奈川県緑警察署 初回接見費用:3万7300円)

ページの上部へ戻る