横浜市磯子区の傷害罪(男女トラブル)で逮捕 少年事件・刑事事件専門の弁護士

2017-08-07

横浜市磯子区の傷害罪(男女トラブル)で逮捕 少年事件・刑事事件専門の弁護士

横浜市磯子区に住む少年A(19歳)は、別れ話がもつれて彼女を殴ってケガをさせ、現場に駆け付けた神奈川県磯子警察署の警察官に傷害罪逮捕されました。
少年Aの両親は、被害者の女性や家族に謝罪をしようと連絡をしたのですが取り合ってもらえず、少年事件・刑事事件を専門とする弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に無料法律相談を申し込みました。
(フィクションです。)

傷害罪などの男女トラブル

男女トラブルは、暴行や傷害罪、リベンジポルノ、殺人事件など、後々重大な刑事事件に発展する恐れがあります。

警察は犯罪を予防する義務があるため、通報等により男女トラブルを認知し、刑事事件に該当する行為を確認した場合、被害者に対し被害届を出すように説得を試みます。

相手側がけがをしていた場合は、少年事件であっても傷害罪逮捕される可能性があります。

少年事件であっても警察に逮捕された場合、成人事件と同様、最大で48時間勾留され、検察官に送致されます。

その後検察官は、勾留の必要性等を判断し、必要があれば鑑別所、又は刑事施設などで一定期間の身柄を拘束します。

少年事件での弁護活動の重要性】

少年事件においても傷害罪逮捕された場合、被害者の方へ謝罪し示談を行うことで、早期身柄の解放や、審判不開始・保護観察処分等を獲得する可能性が高くなると言えます。
しかし、男女トラブルによる傷害事件の場合、被害者の方が加害者側から謝罪を受け入れられず連絡を拒否する傾向があります。

そのため、傷害罪逮捕された場合、少年事件・刑事事件専門の弁護士に弁護を依頼することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件・刑事事件専門の弁護士事務所ですので、被害者の方への謝罪・示談交渉を適切に行います。

また少年事件で大切な弁護活動の1つに、少年が弁護士との接見を通じて事件を振り返って反省し、身元引受人と話し合い今後に向けて環境整備等のサポートを行い、裁判所へ主張する活動があります。

このような弁護活動は処分を軽くするためだけでなく、少年本人にとっても大切な弁護活動となります。
弊所の弁護士は、上記のような弁護活動を通じ、少年とご家族の気持ちに寄り添い、適切な弁護活動を行います。

ご家族が傷害罪逮捕され、ご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずは無料法律相談をお申込み下さい。
神奈川県磯子警察署 初回接見費用;3万6700円)

 

ページの上部へ戻る