【初回接見サービスとは】神奈川県横浜市保土ヶ谷区の暴行罪で逮捕されたら 

2017-09-07

【初回接見サービスとは】神奈川県横浜市保土ヶ谷区の暴行罪で逮捕されたら  

神奈川県横浜市保土ヶ谷区に住むAは、職場の飲み会に参加し、その帰宅途中、保土ヶ谷駅構内で、酔った勢いもあり他の乗客とトラブルになり、暴行を加えたところ現行犯逮捕されました。
神奈川県保土ヶ谷警察署から暴行罪逮捕されたと連絡を受けたAの家族は、Aの勤務先に逮捕された事実を知られたら解雇されるのではないかと不安になり、刑事事件専門の弁護士事務所に相談し、初回接見サービスを申し込みました。
(フィクションです。)

暴行罪逮捕事例】

暴行罪逮捕事例としては、乗客同士のトラブル、仲間同士のケンカ等により、当事者やその目撃者の通報により警察官が駆け付け、逮捕に至るケースが多くあります。
また傷害罪等その他の粗暴犯罪にも当てはまるのですが、暴行罪は終電間際や深夜の発生も多く、その場合は夜中や明け方に現行犯逮捕される事例も多くあります。
そのため、暴行罪で逮捕された事実を知らない家族が、夜中になっても帰宅しないことを不安に思い、警察に一時所在不明届を提出し、後になって逮捕の事実を知った、というケースも多くあります。

初回接見サービスとは】

暴行罪で逮捕され罪を認めている場合は、身元引受人の方の監督を誓約し、罪証隠滅行為や逃亡の恐れ等がないこと等を主張し、また被害者の方への謝罪や被害弁償、示談交渉をすることで、釈放の可能性も高まります。
これらの弁護活動をするには逮捕後の早い段階で、加害者の方と弁護士が接見をして事実確認を行い、その後弁護の依頼を受け、弁護活動を早期に行うことが重要になります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、暴行罪等の粗暴犯罪の弁護活動の取り扱い実績も豊富にあります。

弊所では、24時間365日、初回の接見サービスや無料法律相談のお申込みを受け付けております。
初回接見サービスとは、ご契約の前に、弊所の弁護士が、警察署などの留置施設に向かい加害者の方と面会するサービスです。

初回接見サービス終了後、ご依頼者やご家族の方に、接見の状況等についてご報告をいたします。引き続き弊所の弁護士による刑事弁護活動をご希望される方には、今後の弁護活動の詳細等をご説明させていただき、ご契約になりましたら早期に身柄開放活動を行います。

弊所は土日、祝日も弁護活動を行っておりますので、金曜日に逮捕され、土曜日に弁護活動を行った結果、日曜日夕方には釈放され、職場に知られずに復帰できた事例も多くあります。

ご家族が暴行罪等の粗暴犯事件で逮捕され、早期に身柄の釈放をご希望される方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで、まずは初回接見サービスをお申込み下さい。
神奈川県保土ヶ谷警察署:初回接見費用3万4400円)

ページの上部へ戻る