【詐欺罪で逮捕状の緊急執行】神奈川県横須賀市の刑事事件で逮捕 弁護士が接見

2017-10-06

【詐欺罪で逮捕状の緊急執行】神奈川県横須賀市の刑事事件で逮捕 弁護士が接見

Aは、神奈川県横須賀駅周辺で、交通費名下の寸借詐欺を繰り返していたため、そろそろ横須賀警察署逮捕されるかもしれない、と不安になり、今度は海老名駅周辺をウロウロしていたところ、各警察署に手口と似顔絵等が手配されていたため、駅周辺を警戒中だった神奈川県海老名警察署の警察官から職務質問、所持品検査を受け、Aであることが発覚しました。
Aは隙を見て逃げようとしたところ、交通費名下の寸借詐欺事件で神奈川県横須賀警察署逮捕状が出ている等と告げられ、その場で海老名警察署の警察官により逮捕状緊急執行を受け逮捕されました。
(事例はフィクションです。)

逮捕状緊急執行とは】

逮捕の種類は3つあり、①通常逮捕、②緊急逮捕、③現行犯捕・準現行犯逮捕があります。
緊急逮捕や現行犯逮捕の要件に当てはまらない場合は、通常逮捕となり、捜査機関は、事前に裁判所から逮捕状の発付を得て、通常逮捕する際、被疑者に逮捕状を呈示して逮捕しなければなりません。

ですが、逮捕しようとする警察官逮捕状を持っていない場合、例えば、事例のようなケース、また別件捜査中に、たまたま所在不明だった被疑者を発見した、等という場合、逮捕状の到着を待っている間に犯人が逃走してしまう恐れがあります。

そのため、刑事訴訟法では逮捕状緊急執行めており、逮捕状がなく急を要する場合は、被疑事実の要旨と逮捕状が発付されている旨を告げて、逮捕することができます。(その後、できる限り速やかに逮捕状を呈示しなければなりません。)

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件に特化した弁護士事務所です。
弊所では、初回の接見(面会)については、ご契約の前に、刑事事件専門の弁護士が、留置施設に出張し、接見(面会)するサービスをご提供しております。
ご家族が詐欺刑事事件逮捕されたと急な連絡があり、ご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで初回接見サービスをお申込み下さい。

神奈川県横須賀警察署 初回接見費用:3万7800円)

 

ページの上部へ戻る