【環境犯罪】神奈川県秦野市の廃棄物処理法違反(不法投棄)で弁護士に法律相談

2017-10-07

【環境犯罪】神奈川県秦野市の廃棄物処理法違反(不法投棄)で弁護士に法律相談

神奈川県秦野市で事業を営むAは、事業活動に伴って生じたガラスや廃プラスチック等の産業廃棄物の処理費用を浮かせるため、夜間人気のない時間帯を狙って神奈川県秦野市内の山中に、産業廃棄物を不法投棄していました。
しかし神奈川県秦野警察署では、山中への不法投棄事案について取り締まりを強化していたため、捜査によりAの不法投棄が発覚し、神奈川県秦野警察署の警察官から、廃棄物処理法違反の疑いで事情を聞きたいと連絡がありました。
不安になったAは、廃棄物処理法違反等の環境犯罪にも詳しい弁護士法律相談を申し込みました。
(事例はフィクションです。)

環境犯罪対策の強化について】

環境犯罪とは、不法投棄等の廃棄物処理法違反や、野生動植物の不法取引等を言い、近年対策が強化されています。
廃棄物処理法違反の法定刑は、5年以下の懲役若しくは1000万円の罰金またはこの併科ですが、法人による廃棄物処理法違反の場合、法人に対して3億円以下の罰金刑が科される恐れがあります。

廃棄物処理法違反で任意取り調べを要請されたら、刑事事件専門の弁護士に取り調べ対応等についてアドバイスを受けることをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、廃棄物処理法違反等の環境犯罪についても詳しい弁護士が所属しています。

不法投棄等の廃棄物処理法違反環境犯罪の被疑者として警察から取り調べの連絡等があり、今後の対応についてご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで無料法律相談をお申込み下さい。
神奈川県秦野警察署 初回接見費用:4万4100円)

ページの上部へ戻る