【水際対策の強化~APISの導入】神奈川県横浜市の刑事事件なら弁護士に相談

2017-10-13

【水際対策の強化~APISの導入】神奈川県横浜市の刑事事件なら弁護士に相談

神奈川県伊勢佐木警察署において、指名手配されていたAは、しばらく海外に住んでいたのですが、日本に帰国した際、APISにより、入国情報が判明し、神奈川県伊勢佐木警察署の警察官によって逮捕されました。
(事例はフィクションです。)

APISとは?】
APISとは、事前旅客システムのことで、Advance Passenger Informtion Systemの略です。
APISは、航空機で来日する旅客・乗務員に関する情報と、関係省庁が保有する要注意人物等に係る情報を、入国前に照合するシステムのことで、平成17年1月に導入されました。
このAPISの導入により、不法就労あっせんを繰り返す方や指名手配被疑者等が検挙されています。

また、出入国管理及び難民認定法の改正に伴い、平成19年2月から、航空機と船舶の長は、旅客等に関する情報の事前報告が義務付けられたため、APISはより実効性のあるシステムとして利用されているようです。

水際対策の強化】
警察では、国際的な組織犯罪等の取締り強化のため、水際対策を強化しています。
APISの導入もその一例です。
その他、警察では、国内関係機関との協力体制も強化しています。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士事務所です。
ご家族が神奈川県横浜市内の刑事事件で逮捕された等、ご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県伊勢佐木警察署 初回接見費用:3万5100円)

ページの上部へ戻る