【刑事事件専門の弁護士に相談】神奈川県横浜市泉区の口座売買事件で逮捕なら

2017-09-14

【刑事事件専門の弁護士に相談】神奈川県横浜市泉区の口座売買事件で逮捕なら

神奈川県泉警察署は、キャッシュカード3枚をだまし取ったとして、神奈川県横浜市のAを詐欺罪で逮捕しました。
Aは、「お金に困っていた」と容疑を認めているようです。
逮捕容疑は、平成28年6月下旬、別人に譲り渡す目的で、インターネットを通じて3つの銀行口座を開設し、キャッシュカード計3枚を騙し取った容疑です。
(平成29年5月15日 産経ニュース参照にしたフィクションです)

口座売買刑事事件?】

上記Aさんの場合、警察に発覚した経緯は、Aさんがキャッシュカードを譲り渡した口座が還付金詐欺の振込先として使われて凍結されていたそうです。
その際、Aさんが日常で使っていた別の口座も一緒に凍結されたため、Aさんご自身が警察署に相談のため訪れた際、発覚したようです。

口座売買の事実が捜査機関に発覚した際、刑法の詐欺罪や、犯罪による収益の移転防止に関する法律違反が適用される可能性が高いです。
状況によっては、Aさんのように逮捕される可能性もあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士事務所です。
詐欺事件の取り扱いも豊富ですから、口座売買を行った事実があり、別の口座も凍結されてご不安な方は、弊所に一度ご相談下さい。
弊所では、詐欺事件も含め、多くの刑事事件を取り扱っております。

口座売買による詐欺罪でご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。

(神奈川県泉警察署 初回接見費用:3万6500円)

ページの上部へ戻る