≪川崎市幸区の刑事事件≫銃刀法違反で逮捕~暴力事件の早期身柄釈放に強い弁護士

2018-04-14

川崎市幸区刑事事件銃刀法違反逮捕暴力事件早期身柄釈放に強い弁護士

Aは川崎市幸区の路上を走行中、他の車両とトラブルになり、車を降りてポケットに入れていた果物ナイフを取り出し、相手に言い寄って暴れていところ、神奈川県幸警察署の警察官が駆け付け銃刀法違反逮捕されました。
Aの家族は、Aが自営業を営んているだめ、早期に釈放されないと取引先にも迷惑をかけると思い、刑事事件専門の弁護士早期釈放されるよう弁護を依頼しました。
(事例はフィクションです。)

銃刀法違反
銃砲刀剣類所持等取締法は、刀等の殺傷能力の高い刀剣類について、教育委員会の登録を受けたもの等を除いて所持することを禁止しております。
また刃体の長さが6センチメートルを超える刃物について、「業務その他の正当な理由による場合」を除いて、「携帯」することを禁止しており、法定刑は「2年以下の懲役又は30万円以下の罰金」です。
刃体の長さが6センチを超えていない場合は銃刀法違反ではなく、軽犯罪法違反として取締り対象となる可能性があります。

早期釈放してもらうには・・弁護士にご相談を≫
刑事事件逮捕されその後勾留決定となった場合、合わせて最大で23日拘束されることとなります。
逮捕後、早期に釈放してもらうためには、証拠隠滅、逃亡の恐れがないこと、釈放後の家族の監督能力があること等を効果的にかつ早期に検察官や裁判所に主張していくことが重要となります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士事務所として、24時間、365日、ご相談、初回の接見サービスのご予約を受け付けております。
銃刀法違反等でご家族が逮捕され、早期釈放して欲しい等とお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までお問合せ下さい。
神奈川県幸警察署 初回接見費用:3万6700円)

ページの上部へ戻る