【神奈川県大和市の刑事事件】恐喝事件で逮捕~暴力事件の示談交渉に強い弁護士

2018-03-06

【神奈川県大和市の刑事事件】恐喝事件で逮捕~暴力事件の示談交渉に強い弁護士

Aは、大和市内の飲食店で口論となった男性に対し恐喝をしたところ、後日神奈川県大和警察署の警察官に逮捕されました。
(事例はフィクションです。)

恐喝罪

恐喝罪は、刑法第249条第1項で「人」を「恐喝」して「財物を交付」させることで成立します。
恐喝罪の具体的な事例としては、人を脅してそれによって畏怖した相手方が金銭を支払った場合等です。
また同条第2項では、前項と同じ方法で財産上不法の利益を得,又は他人にこれを得させた場合(債務を免除させた場合等)も恐喝罪が成立します。
恐喝罪でいう「恐喝」行為とは、相手方の犯行を抑圧するに至らない程度の脅迫又は暴行であった場合で、犯行場所、時刻、相手方の年齢、性別等を考慮して具体的に判断されることとなります。

恐喝罪逮捕、又は恐喝罪の疑いを掛けられたら弁護士に相談】
恐喝罪の事実に争いがない場合では、その後を処分をできるだけ軽くするためにも被害者への被害弁償及び示談交渉を速やかに行うことが重要です。
恐喝罪の被害届が提出される前であれば,被害者に対して被害弁償と示談交渉を成立させることで、被害届を出されず警察が介入することなく事件を解決できる可能性も高まります。
恐喝事件等では被害者の方は加害者側との直接の交渉に不安を覚える方もいらっしゃいますので、刑事事件専門の弁護士にご相談下さい。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件に特化した法律事務所で、これまれでも多くの暴力事件で被害者側との示談交渉に精通しております。
ご家族が恐喝罪等の暴力事件逮捕され、今後についてご相談したい方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県大和警察署 初回接見費用3万6800円)

ページの上部へ戻る