【神奈川県川崎市の刑事事件】殺人事件で逮捕~家庭内トラブル事件に強い弁護士

2017-12-28

【神奈川県川崎市の刑事事件】殺人事件で逮捕~家庭内トラブル事件に強い弁護士

神奈川県川崎市麻生区の住宅で、息子が暴れていると父親から通報があり、神奈川県麻生警察署の警察官が駆け付けたところ、玄関先で40代の男性(息子)が頭から血を流して倒れており、救急搬送されました。
神奈川県麻生警察署では、父親を殺人未遂で逮捕しましたが、息子は病院で死亡が確認され、殺人の容疑になりました。
父親は、以前から息子に暴力を振るわれており、親族は父親の今後について、刑事事件専門の弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

殺人事件の傾向~被害者は親族間が多い
家庭内トラブルは、傷害、殺人未遂、殺人事件等、思わぬ刑事事件まで発展する場合があり、実際のところ殺人事件では、被疑者と被害者の関係が、親族、職場関係者等の面識のある場合が多い傾向にあります。
警察庁HP公開のデータでは、平成28年中の殺人・殺人未遂事件の検挙件数のうち、面識のある場合(親族・職場関係者等)が全体の85%を占めています。
特に殺人事件の被疑者の年齢層が65歳以上の場合、検挙件数157件のうち、親族間における殺人事件の件数が100件と高い数字になっています。

家庭内トラブル~ご家族が殺人事件逮捕されたら】
自己又は家族等を守るため、やむを得ず反撃してしまった結果、相手の方が亡くなってしまった場合では、正当防衛が成立する場合があります。
また殺人の事実に間違いはなくても、至った経緯や動機、状況等に酌むべき事情があったと判断された場合、情状酌量によって減刑となる可能性もあります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件に特化した弁護士事務所です。
ご家族、ご親族が殺人事件等の家庭内トラブル逮捕され、お困りの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までお問合せ下さい。
神奈川県麻生警察署:初回接見費用3万9400円)

ページの上部へ戻る