藤沢市の性犯罪事件~少年が余罪多数の強制わいせつ罪で逮捕~再犯防止策とは?

2017-11-06

藤沢市の性犯罪事件~少年が余罪多数の強制わいせつ罪で逮捕~再犯防止策とは?

神奈川県藤沢市に住む少年Aは、路上を歩いていた小学生女児に声をかけ、上半身を背後から触ってしまいました。
その後も同様の行為を繰り返していたところ、神奈川県藤沢警察署の警察官に、強制わいせつ罪の被疑者として逮捕されました。
(事例はフィクションです。)

性犯罪事件余罪事件

性犯罪事件では、逮捕されるまで犯行を繰り返してしまうケースがあります。
捜査機関側は、性犯罪事件等、周辺で同様の事件が多発しているような場合、余罪事件についても再逮捕できる程度の十分な証拠を収集した上で、本件について通常逮捕するケースもあります。
また、現行犯逮捕であっても、逮捕後、周辺の発生状況を分析し、余罪事件についても捜査をすすめます。

性犯罪事件少年事件

強制性交等罪、強制わいせつ罪等の性犯罪事件では、少年による犯行だった場合においても、事案によって逮捕される可能性もあります。

性犯罪事件は、再犯率も高いことから、少年性犯罪事件逮捕された場合は、再犯防止策についても十分に考えることも必要です。
性犯罪事件は、その原因が、押さえきれない性衝動を抱えていること等、様々なケースがあります。
再犯防止策の一つとして、専門治療院への通院だけでなく、少年自身が抱えている問題についても向き合うことも大切です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件性犯罪事件について、専門の弁護士事務所です。
弊所の弁護士は、接見等を通じて、少年が抱える悩みと向き合い、再犯防止についてもご家族と一緒に考え、適切な活動を行います。
少年性犯罪事件逮捕され、余罪事件があるのではないか、今後再犯しないためにはどうしたらよいか、ご相談したい方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談下さい。

神奈川県藤沢警察署 初回接見費用:3万7900円)

ページの上部へ戻る