横浜市の少年事件(盗撮)迷惑行為防止条例違反~性犯罪事件に精通した弁護士

2018-03-11

横浜市の少年事件(盗撮)迷惑行為防止条例違反~性犯罪事件に精通した弁護士

少年Aは横浜駅エスカレーターで、スカート内にカメラ機能付携帯電話機を差し向けていたところ、警戒中の警察官に現認されました。
少年は任意同行に応じ、神奈川県戸部警察署に呼び出された保護者が身元を引き受け、少年は逮捕されずに帰ることができました。
少年の保護者は少年盗撮行為を繰り返していたと知り不安になり、少年事件に精通した弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

盗撮行為~神奈川県迷惑行為防止条例違反

神奈川県内の公共の場所、乗物内で盗撮等の目的でカメラ等を向けたり設置する行為をした場合、神奈川県迷惑行為防止条例違反に問われます。
また神奈川県迷惑行為防止条例では、「自宅等の公共の場所以外の場所」から、公共の場所にいる人を盗撮する行為も禁止しています。
盗撮行為が発生しやすいエスカレーター等では、私服警察官が警戒していることもあり、事例のように警察官に声を掛けられるケースも多くありますが、盗撮行為は周囲からは分かりやすいため、周辺にいた目撃者により通報されるケースもあります。
盗撮行為が発覚した場合、態様によっては逮捕されるケースもありますが、事例のように在宅捜査となる場合もあります。

少年性犯罪事件なら弁護士に相談】
盗撮等の性に関する犯罪では、繰り返してしまう傾向にあります。
盗撮事件では、犯行に使った携帯電話機等は任意若しくは差押で押収され解析されますので、画像が残っている場合は余罪についても捜査されることとなります。
再犯防止策を講じるうえでも少年盗撮等の性犯罪事件では早期に少年事件専門の弁護士に相談することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件にも精通しており、性犯罪事件についても経験が豊富な弁護士が揃っております。
少年盗撮等の性犯罪事件で捜査され、今後についてご相談したい方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県戸部警察署 初回接見費用:3万4400円)

ページの上部へ戻る