横浜市中区山下町の粗暴犯事件 暴行罪で逮捕なら刑事事件の弁護士に無料法律相談

2017-09-30

横浜市中区山下町の粗暴犯事件 暴行罪で逮捕なら刑事事件の弁護士に無料法律相談

Aさんは、会社の飲み会後、帰宅するため横浜市中区山下町付近を歩いていたところ、酔った勢いもあり、通行人と、肩がぶつかった等とトラブルになり、相手方に暴行を加えて暴れてしまいました。
その後、通報を受けて駆けつけた神奈川県水上警察署の警察官に、暴行罪逮捕されてしまいました。

知らせを受けたAさんの家族は、Aが逮捕されたままだと、Aの職場に逮捕の事実が知られて解雇されるのではないか、と不安になり、暴行罪等の粗暴犯事件刑事事件を専門に扱う弁護士無料法律相談を申し込みました。
(事例は、フィクションです。)

暴行罪例】

暴行罪は、刑法第208条に定められ、成立要件は、人に「暴行」を加えることです。
暴行罪では、在宅事件となることもありますが、ケンカ等の通報で駆け付けた警察官等によって逮捕される事例もあります。
事例のAさんのように、飲酒後、酔っ払った勢いでトラブルになり、殴って暴れてしまい逮捕される、という事例も多くあり、暴行の相手方は、歩道ですれ違った通行人、電車内の乗客、乗務員、飲酒した店の客、店員、等が多い傾向にあります。

暴行罪逮捕されたら弁護士無料法律相談を】

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、暴行罪等の粗暴犯事件刑事事件を専門としている弁護士事務所です。
弊所では、初回については、無料法律相談を行っております。
弊所の弁護士は、暴行罪等、刑事事件の経験が豊富ですので、今後の見通し等や、疑問点等について適切なアドバイスをいたします。

ご家族が暴行罪等の粗暴犯事件刑事事件逮捕されてお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、まずは無料法律相談をお申込み下さい。
神奈川県水上警察署 初回接見費用:3万5500円)

ページの上部へ戻る