横浜市旭区の少年による窃盗罪で逮捕 少年の更生を目指す刑事事件・少年事件専門の弁護士

2017-07-22

横浜市旭区の少年による窃盗罪で逮捕 少年の更生を目指す刑事事件専門の弁護士

神奈川県に住む少年A(19歳)は、横浜市旭区に所在するアルバイト先で、レジから売上金30万円を盗んでしまい、店長が窃盗事件として神奈川県旭警察署に被害届を提出しました。
その後少年Aは、旭警察署の警察官に窃盗罪逮捕されました。
少年の今後の更生に不安を覚えたAの家族は、刑事事件専門の弁護士に弁護を依頼しました。
(フィクションです。)

【少年による窃盗事件について】

窃盗罪については、刑法第235条で、「10年以下の懲役又は50万以下の罰金」と定められています。
窃盗罪の成立要件は、「他人の財物を不法領得の意思をもって窃取すること」により成立します。

少年による刑事事件逮捕事例では窃盗罪が多く、その手口には「ひったくり」や「万引き」等の他、上記少年Aのように「職場狙い」もあります。

原則少年事件は、家庭裁判所へ事件が送致されます。
その後、調査官が少年を調査し、少年事件の審判が開始(又は「審判不開始」)となり、処分が決まります。
少年事件の処分は、不処分、保護観察、少年院送致、検察官送致(少年事件が重大犯罪の場合)などがあります。

【少年の更生を目指す弁護活動】

少年が窃盗罪で逮捕され、身に覚えがない場合は、犯行当日のアリバイやその他客観的証拠を主張することが重要です。
少年が窃盗罪を認める場合は、早期身柄解放やその後の処分を軽くするために、被害者の方への謝罪や示談交渉が大切です。
その他、少年事件の弁護活動の具体例としては、弁護士が家庭裁判所に対し、保護者のサポート体制や今後の更生プランを提示し、少年に再犯の見込みがないことを示す等の弁護活動があります。
このような少年の更生を目指す弁護活動は、単に少年の処分を軽くするためだけではなく、少年が今後更生するためにも大切な弁護活動と言えます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件刑事事件専門の弁護士事務所です。
弊所では少年事件に精通した弁護士が、少年とご家族の気持ちに寄り添い、適切な弁護活動を行います。

ご家族が窃盗罪等の刑事事件逮捕されご不安な方、また少年の更生についてお悩みの方は、少年事件専門の弁護士が多く所属する弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料相談をまずはお申込み下さい(0120-631-881)。
神奈川県旭警察署までの初回接見費用3万7000円)

ページの上部へ戻る