相模原市の迷惑防止条例違反(盗撮)で逮捕 不起訴処分を目指す刑事事件専門の弁護士

2017-08-02

相模原市の迷惑防止条例違反(盗撮)で逮捕 不起訴処分を目指す刑事事件専門の弁護士

神奈川県に住む会社員Aは、帰宅途中の最寄り駅エスカレータで盗撮行為をしていたところ、警戒中の神奈川県相模原警察署の警察官に、神奈川県迷惑行為防止条例違反の被疑者として現行犯逮捕されました。
Aの家族は相模原警察署からAが盗撮逮捕されたと知らせを受け、今後Aの逮捕が会社に知られて解雇になるのではないか不安になり、刑事事件専門の弁護士に相談し、接見を依頼しました。
(フィクションです。)

神奈川県迷惑行為防止条例の一部改正について】

平成26年7月1日、神奈川県迷惑行為防止条例の一部が改正されました。

改正された項目の1つが第3条「卑わい行為」の規定で、「盗撮等の行為場所」についての条文の表記が、『何人も、公共の場所に「いる人」又は公共の乗物に「乗っている人」に対し』と変更されました。

これにより、公共の場所にいる人に対し、加害者側が「公共の場所でない自宅等から盗撮する行為についても規制されることになりました。

また、「盗撮行為」についても条文が付け加えられ、盗撮等の目的で「カメラ等を設置」し、また「人に向ける行為」についても神奈川県迷惑行為防止条例違反の処罰対象となりました。

盗撮行為で逮捕されたら】

盗撮行為等で逮捕された場合、捜査機関側は盗撮行為の事実確認のため、犯行に使用された写真機等を押収し、さらに余罪についても捜査を進めます。
盗撮の余罪が多数ある等、状況によっては勾留が延長され、最大20日間勾留される可能性もあります。

そのため盗撮逮捕された場合、刑事事件専門の弁護士に相談、接見を依頼することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士事務所です。
弊所では、盗撮逮捕された事件についても適切な弁護活動を行い、勾留されずに釈放されて在宅捜査となったケースも多数あります。
その結果、会社に通勤できるようになり、会社に盗撮行為で逮捕された事実を知られずに済んだ方も多数おります。

また被害者への謝罪等を適切に行う等の弁護活動により、前科が付かずに不起訴処分となった事件も多くあります。
不起訴処分となったことで、会社に逮捕が知られてしまった方でも解雇ならなかったケースもあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、無料相談や初回接見を受付けております。
ご家族が盗撮行為等の神奈川県迷惑行為防止条例違反で逮捕され、不起訴処分をお望みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで、まずは無料相談をお申込み下さい。
神奈川県相模原警察署 初回接見費用:4万300円)

 

ページの上部へ戻る