利殖勧誘事犯(悪質商法) 神奈川県座間市の生活経済事件に対応する弁護士

2017-09-27

利殖勧誘事犯(悪質商法) 神奈川県座間市の生活経済事件に対応する弁護士

神奈川県に住むAは、座間市内の複数の民家に、A社を騙って電話をかけ、実際はB社が存在しないにも関わらず、「B社の未公開株を高値で買い取ります。」等を嘘を言いました。
その後、今度はC社の社員を語り、「B社の未公開株を買いませんか。近いうちに必ず上場します。」等と嘘を言ってその旨信用させ、未公開株名下で現金を騙し取る、利殖勧誘商法を行っていたところ、神奈川県座間警察署の警察官に、任意同行を求められました。
(事例はフィクションです。)

悪質商法利殖勧誘事犯の取り締まり強化について】

各都道府県警察では、違法な悪質商法について、広報活動や事業者に捜査協力を依頼する等により、取り締まりを強化しています。

悪質商法の手口は、『利殖勧誘事犯』と『特定商取引等事犯』に分かれます。

利殖勧誘事犯とは、人々の利殖願望に付け込んで、元本を保証する、必ず儲かる、等の文言で、未公開株や外国通貨等の取引を装って、出資金や株の購入代金をだまし取る手口です。
利殖勧誘事犯とされる罪名は、「出資法」、「金融商品取引法」等があります。

利殖勧誘事犯はとても手が込んでおり、また、オレオレ詐欺と同様、一人当たりの被害金額も大きく、高齢者の方が被害にあう傾向にあります。

そのため、各都道府県警察では、利殖勧誘事犯の取り締まりを強化しています。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件や生活経済事件を専門にしている弁護士事務所です。
ご家族、又はご自身が利殖勧誘事犯等の悪質商法で警察から取り調べ要請を受けた等、今後の対応についてお悩みの方は、生活経済事件についても詳しい、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県座間警察署 初回接見費用:3万8700円)

ページの上部へ戻る