万引きで逮捕?【川崎市多摩区の少年による広域窃盗団事件で弁護活動】

2017-09-17

万引きで逮捕?【川崎市多摩区の少年による広域窃盗団事件で弁護活動】

少年Aは、地元の不良グループの仲間と、川崎市多摩区内を中心に、他県にまたがって、万引き行為を繰り返していました。
神奈川県警察の捜査三課は、神奈川県多摩警察署に捜査本部を設置し、少年による広域窃盗団事件として捜査を開始しました。
その半年後、少年Aは窃盗罪の疑いで仲間と共に逮捕されました。
(上記事例はフィクションです。)

万引き逮捕?】

万引き行為は、刑法の窃盗罪に該当します。
一般的には、在宅捜査になることが多いのですが、犯行状況によっては逮捕される可能性もあります。

例えば、万引き行為後、警備員に声を掛けられ逃走してしまった場合等は、警備員によって現行犯逮捕される可能性もあります。

逃走の際、警備員の方を突き飛ばして怪我をさせてしまった場合は、より罪の重い「事後強盗罪」として逮捕される恐れもあります。

その他、事例の少年Aのように、広域で万引き等を繰り返す「広域窃盗団事件」では、各県警が合同で捜査本部を設置して捜査を進め、後日通常逮捕されることもあります。

万引き行為は、その言葉の響きから、軽い犯罪のような印象を持ってしまうかもしれません。
ですが、被害を受けた店舗は、警察への被害届の提出や事情聴取、本社への報告等、多くの時間を万引き行為のために費やさなければなりません。
万引き行為は、多くの方に多大な迷惑をかけ、また状況によっては逮捕されることもあるので、万引き行為は止めましょう。

【少年による広域窃盗団事件の一員として逮捕されたら・・】

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件・刑事事件を専門とする法律事務所です。
弊所では、少年による窃盗事件についても経験が豊富ですので、早急に少年と面会し、取り調べのアドバイスや、再犯防止のための更生を図る等、適切な弁護活動をいたします。
また窃盗罪の被害者の方に、謝罪や被害弁償等、迅速に対応します。

少年万引き等の窃盗罪で逮捕され、今後についてご相談したい方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料法律相談をお申込み下さい。
神奈川県多摩警察署 初回接見費用3万9900円)

ページの上部へ戻る