【告訴されたら】神奈川県川崎市の刑事事件で刑事弁護の経験豊富な弁護士に相談

2017-11-03

【告訴されたら】神奈川県川崎市の刑事事件で刑事弁護の経験豊富な弁護士に相談

神奈川県川崎市所在の金融機関Aは、元社員Bが約1億円の不正融資を行った疑いで、神奈川県宮前警察署告訴状を提出しました。
約1年後、Bは詐欺罪の疑いで逮捕され、検察庁に送付されました。
(事例はフィクションです。)

告訴事件では迅速な処理が求められる】
告訴は、「犯罪」の被害者等が加害者の処罰を求めるために、捜査機関に犯罪事実を申告することを言います。
告訴は、親告罪については訴訟要件ですが、それ以外の犯罪については、捜査の端緒として取り扱われます。
法律上は、告訴は書面又は口頭で申告することができるとされていますが、実務上では、告訴状提出することが多いです。
会社内部の犯罪等、被害相談の内容によっては「被害届」ではなく、告訴状の提出を求められることもあります。

また告訴事件の処理は、速やかに行うことが求められています。
通常、検察官に事件を引き継ぐ際は、「送致」と言いますが、告訴事件の場合は、より迅速適切な手続きが求められるため、通常事件の手続きとは区別して、「送付」という形が取られています。

このように、告訴事件の捜査では、より慎重、迅速、適切な捜査が求められています。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士事務所です。
弊所は、様々な告訴事件についても経験豊富な弁護士が刑事弁護活動を適切に行います。

告訴された、等と今後の対応にご不安な方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県宮前警察署 初回接見費用:3万8700円)

ページの上部へ戻る