川崎市多摩区の刑事事件~児童買春で逮捕~性犯罪事件の弁護活動に精通した弁護士

2018-04-05

川崎市多摩区の刑事事件~児童買春で逮捕~性犯罪事件の弁護活動に精通した弁護士

神奈川県多摩警察署の警察官は、川崎市多摩区に住む会社員Aを、SNSで知り合った女子中学生(15)に対して現金を渡してわいせつな行為をした疑いで、児童買春・ポルノ禁止法違反の被疑者として逮捕しました。
Aは以前から児童買春を繰り返しており、Aの家族は今後について性犯罪事件弁護活動に精通した弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

≪~児童買春
児童買春については、児童買春,児童ポルノ禁止法で規制されており、性別を問わず18歳未満の未成年者に対して対価を払う等して性交等をする行為です。
性交等とは、性交渉の他、自己の性的好奇心を満たす目的で児童の性器等を触る等の類似行為も含まれます。
児童買春をした場合、法定刑は「5年以下の懲役または300万円以下の罰金」です。

性犯罪事件弁護活動に精通した弁護士
児童買春逮捕される場合は通常逮捕が多く、それはつまりある程度の捜査がなされた上で、家宅捜索令状・逮捕状を請求し、発付を得て執行していると考えられます。
また児童買春等の性犯罪事件では、逮捕されるまで繰り返される傾向もありますので、捜査機関では児童買春等の性犯罪事件では、余罪事件についても再逮捕等を視野に入れている可能性もあります。
さらに児童買春逮捕された場合は、被害児童と面識があり連絡先等を知っているため証拠隠滅の恐れも高いと判断され、逮捕後、勾留される可能性も高いと言えます。
ですから、児童買春逮捕された場合、刑事事件専門の弁護士に相談しましょう。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件を専門としており、性犯罪事件の弁護活動に精通した経験豊富な弁護士が揃っております。
刑事事件性犯罪事件専門の弁護士が、早期に検察官や裁判所に働きかけることで勾留阻止や、児童・児童家族への謝罪、更生に向けた取り組み等の弁護活動により、最終処分を少しでも軽くできる可能性も高まります。
児童買春等の性犯罪事件で今後についてご相談したい方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県多摩警察署 初回接見費用:3万9900円)

ページの上部へ戻る