神奈川県厚木市でスリをして窃盗罪―ハロウィーンでの刑事事件で弁護士へ

2018-10-30

神奈川県厚木市でスリをして窃盗罪―ハロウィーンでの刑事事件で弁護士へ

【ケース】

神奈川県厚木市に住むAは、厚木市内の飲食店でハロウィーンパーティーに参加していました。
Aは、ハロウィーンの仮装を着て楽しんでいたのですが、同じようにハロウィーンパーティーで仮装をした被害者Vの財布が衣装からはみ出ていることに気づき、つい魔が差してスリをしました。
しかし、ハロウィーンパーティーが終わったところでスリに気づいたVは、厚木市内を管轄する厚木警察署の警察官に相談し、スリによる窃盗罪被害届を提出しました。
後日、厚木警察署の警察官による捜査により、Aの犯行であることが発覚したため、厚木警察署の警察官はAの在宅捜査を開始しました。
(フィクションです。)

【ハロウィーンでスリでの窃盗罪】

明日はハロウィーンです。
ここ数年で若者を中心に大勢の人が関心を寄せるハロウィーンの時期は、路上やライブハウスなどにて多くの人でにぎわうことから、様々な事件・事故が発生しているようです。
報道によりますと、ハロウィーンを前にした先週の土曜日・日曜日は、トラックを転倒させたり券売機に水を入れたりといった器物損壊事件や、盗撮事件痴漢事件などと様々な事件が起こっていたようです。

満員電車や多くの人が集まる場所で発生する事件のひとつに、スリがあります。
スリとは、他人のポケットや鞄などに入れている財布を盗むことを指します。
スリ窃盗罪に当たりますので、スリをした者は刑法235条で「十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金」に処される可能性があります。

【窃盗罪で弁護士へ】

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所刑事事件専門の弁護士事務所です。
これまで、数多くの窃盗事件について弁護活動を行って参りました。

ハロウィーンに限らず、人込みで目の前に財布が合った場合に、ついバレないだろうと思いスリなどの窃盗をしてしまった、という方も居られるかもしれません。
しかし、人が多く集まる場所での犯行は、通常の監視カメラに加え、警戒中の警察官やスマートフォンでの写真撮影など、様々な「目」があります。
人込みの中であっても、犯行が特定され、捜査対象になる可能性があります。

神奈川県厚木市で、ハロウィーンにてスリをしてしまい、窃盗罪の疑いをかけられている方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士による無料相談をご利用ください。
(厚木警察署までの初回接見費用―39,100円)

ページの上部へ戻る