神奈川県相模原市で危険ドラッグ所持の逮捕―薬機法違反で弁護士に相談

2018-06-26

神奈川県相模原市で危険ドラッグ所持の逮捕―薬機法違反で弁護士に相談

【ケース】
神奈川県相模原市中央区に住むAは、クラブで売っていた危険ドラッグを興味本位で購入しました。
その帰り道で、神奈川県相模原市を管轄する相模原警察署の警察官が職務質問をした際に危険ドラッグの所持が発覚し、逮捕されました。
Aの夫は、出来るだけAの刑を軽くしたいと考え、弁護士に初回接見を依頼しました。
(フィクションです。)

危険ドラッグとは】
危険ドラッグとは、大麻や覚せい剤等ではないものの、それらと類似する有害性が疑われる薬物です。

危険ドラッグについては「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(以下では薬機法と言います。)という法律で禁止されています。
薬機法76条の4によると、「指定薬物は、疾病の診断、治療又は予防の用途及び人の身体に対する危害の発生を伴うおそれがない用途として厚生労働省令で定めるもの以外の用途に供するために製造し、輸入し、販売し、授与し、所持し、購入し、若しくは譲り受け、又は医療等の用途以外の用途に使用してはならない。」とされています。
薬機法に違反し、危険ドラッグを所持した場合、「三年以下の懲役若しくは三百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する」に処される可能性があります。(薬機法84条26号)

危険ドラッグでの弁護活動】
今回のケースのように既に危険ドラッグの所持を認めている場合、購入場所や相手を明らかにするなどして積極的に捜査に協力する一方でご家族に身元を引き受けてもらうなどして身柄解放のための弁護活動を行います。
また、その後起訴された場合、保釈を求め、裁判までの間に薬物依存などの治療を受けることで、刑を軽くするよう働きかけます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門の弁護士事務所であり、薬機法違反等の薬物事件の経験も豊富です。
神奈川県相模原市中央区危険ドラッグの所持で逮捕された方がご家族におられた場合、弊所の初回接見サービスをご利用ください。
相模原警察署までの初回接見費用―36,600円)

ページの上部へ戻る