Archive for the ‘暴力事件’ Category

【横浜市泉区の刑事事件】現住建造物等放火罪に強い弁護士(無料法律相談受付中)

2017-12-15

【横浜市泉区の刑事事件】現住建造物等放火罪に強い弁護士(無料法律相談受付中)

神奈川県横浜市泉区のスーパー売り場付近から出火し衣類などが焼けたが、すぐにスプリンクラーで消火された。
別の店舗でも放火とみられる火災があり、神奈川県泉警察署が出火原因などを調べている。
(事例は、平成29年2月21日掲載朝日DIGITAL掲載のニュースを基に、店舗場所や警察署名等を変更したフィクションです。)

現住建造物等放火罪放火事件は検挙率が高い?

放火事件では、焼損により証拠が残りづらいと言われています。
ですか警察庁で公開しているデータでは、平成28年の放火罪認知件数は914件、検挙件数は686件、検挙人員は577人、検挙率は75.1%と比較的高くなっています。
放火罪は、殺人、強盗罪と同様の重要犯罪に指定され、人命を脅かす犯罪であり、再犯防止のためにも発生時間帯や状況の分析が行われ、深夜早朝を問わず重点的に捜査されていることも伺えます。

上記事例は大阪の事件ですが、実際に事件から約2か月後に被疑者が逮捕され、別店舗での現住建造物等放火罪で再逮捕されているようです。
放火は常習性があるため、本件で逮捕後、事例のように余罪で再逮捕されるケースもあります。
放火で逮捕された場合、再犯防止のためには、専門医に通院しカウンセリングを受けることも重要です。

また上記事例では、精神状態に不安定な面もあるといい、刑事責任能力の有無を慎重に調べているようですが、このような場合でも刑事事件専門の弁護士に早期に弁護活動を依頼することが重要となります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門にしており、万引き等の常習性のある刑事事件の弁護活動についても経験が豊富です。
弊所では、初回については無料法律相談をしており、事件解決に向けたご相談の際、今後の治療についても弁護士がアドバイスいたします。
ご家族が現住建造物等放火罪等の放火罪刑事事件で逮捕されたら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい(無料法律相談受付中
神奈川県泉警察署 初回接見費用36,500円)

茅ヶ崎市の刑事事件~業務上過失致死傷罪に詳しい弁護士(無料法律相談受付中)

2017-12-10

茅ヶ崎市の刑事事件~業務上過失致死傷罪に詳しい弁護士(無料法律相談受付中)

神奈川県茅ケ崎市内の道路工事を請け負ったAは、現場監督として道路工事中、道路に掘られた穴周辺の保全を怠った過失により、道路を通行した車両が転落し、運転手にケガを負わせてしまいました。
通報を受けた神奈川県茅ケ崎警察署では、業務上過失致傷罪で捜査することとなりました。
(事例はフィクションです。)

業務上過失致死傷罪とは】

業務上過失致死傷罪が成立するには、
①業務性(一定の業務に従事する者であること)
②前提条件として、過失行為の存在
③因果関係の存在(行為者の過失と死傷の結果について)
等について検討する必要があります。

業務上過失致死傷罪に問われたら弁護士無料法律相談を】
業務上過失致死傷罪として捜査する際は、様々な事案について検討しなければなりません。
業務」については、反復継続して行う仕事であり、またその性質上一般的・定型的に人の生命身体に対する危険を伴うものであることが必要です。

また注意義務の内容についても検討する必要があり、業務の性質に照らして各種法令、慣習等によって業務上過失致死傷罪となるか検討されます。
その他、業務に従事する通常の水準にある者の注意能力を標準としますので、事件関係者以外の同業者の協力を得て、調書・報告書にする等の作業も重要となります。

このように捜査機関で認知し、実際に業務上過失致死傷罪として送致するには、様々な捜査が必要となります。
ですから業務上過失致死傷罪が問われる場合、状況にもよりますが、突然の逮捕されるケースより、在宅捜査であったり、逮捕前に事前に事情を聴取するケースも多くあります。

業務上過失致死傷罪で捜査を受けた場合、検察庁に事件として送致される前に、刑事事件専門の弁護士ご相談することをお勧めします。
弊所は、刑事事件に特化してますので、刑事弁護活動の経験が豊富な弁護士が、事件の今後の見込みや取り調べ等について、初回については無料法律相談をお受けしております。
弊所は、神奈川県茅ケ崎市刑事事件についても取り扱っております。
業務上過失致死傷罪等の刑事事件で捜査を受けた、等とご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士が行う無料法律相談をお申込み下さい。
神奈川県茅ケ崎警察署 初回接見費用:3万7600円)

秦野市の刑事事件で逮捕~男女トラブルで監禁罪~暴力事件の示談交渉に強い弁護士

2017-12-04

秦野市の刑事事件で逮捕~男女トラブルで監禁罪~暴力事件の示談交渉に強い弁護士

神奈川県に住むAは、交際中の女性から別れ話を告げられたことに納得がいかず、女性を呼び出し、無理やり車に乗せてしまいました。
その際、女性が叫び声をあげたので目撃者が警察に通報し、Aは神奈川県秦野市内の高速道路を通行中、サービスエリアに寄ったところで、管轄の神奈川県秦野警察署の警察官に、監禁罪逮捕されました。
Aの家族は、神奈川県秦野市刑事事件にも対応している弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

監禁罪逮捕されるケース】

刑法第220条に定められている監禁罪とは、人が行動する自由を一定の区域、場所に閉じ込め、脱出を不可能にすることです。
監禁罪逮捕事例としては、事例のような男女トラブルの他、金銭トラブル、性犯罪目的等で自宅に監禁する等して逮捕されるケースがあります。
監禁罪では、暴行、傷害罪等、他罪の刑事事件も絡んでトラブルとなるケースも多く、動機や原因、態様によっては別罪で再逮捕される可能性もあります。

監禁罪の弁護活動】

監禁罪の事実に争いがない場合では、被害者の方に対して、謝罪して宥恕を得ることがその後の処分を左右します。
事例のようにお互い顔見知りの事件で、そのご家族等当事者間で謝罪や示談交渉も行うことができますが、監禁罪のような暴力事件では、被害感情を悪化させてしまったり、交渉が決裂してしまうケースもあります。
ですから、監禁罪等の男女トラブル刑事事件となった場合、刑事事件専門の弁護士に依頼することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門の弁護士事務所です。
ご家族が監禁罪等で逮捕され、被害者の方への謝罪や示談交渉をお考えの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に初回接見をお申込み下さい。
神奈川県秦野警察署 初回接見費用:4万1000円)

横浜市中区の刑事事件~家庭内暴力(殺人未遂罪)で逮捕~身柄釈放に強い弁護士

2017-11-26

横浜市中区の刑事事件~家庭内暴力(殺人未遂罪)で逮捕~身柄釈放に強い弁護士

横浜市中区に居住するA男は,子育てや家事の件で,普段から妻との夫婦喧嘩が絶えず,ある日、酔った勢いもあり、妻に手を出してしまい、叫び声を聞いた通行人が神奈川県伊勢佐木警察署に通報したところ,殺人未遂逮捕されました。
(事例はフィクションです。)

家庭内暴力刑事事件
夫婦間,両親,兄弟等の家庭内暴力・トラブルは,外部に知られずに行われることも多く,また家庭内のことですから他人に相談しずらい方も多くいます。
そのため,喧嘩がヒートアップした勢いで,暴行,傷害,殺人未遂,殺人罪等の重大な刑事事件に発展してしまうケースもあります。
捜査機関では,通報等により家庭内暴力を把握した場合,今後さらに大きな刑事事件に発展する恐れもあるため,予防の観点からも被害届の提出について意思確認をします。
子供や職場への影響を考えて被害届の提出を拒むケースもありますが,意思がなかった場合でも,状況によっては現行犯逮捕される可能性もあります。

家庭内暴力刑事事件専門の弁護士に相談】

家庭内暴力身柄釈放を目指すには,釈放された場合,即座に再犯する恐れもありますので,ご親族のサポートも重要です。
また家庭内暴力事件では,事件が起こった原因について,ご本人や被害者でよく考えた上で,再犯防止策を講じることも大切です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,刑事事件専門の弁護士事務所です。

弊所では,刑事事件の弁護活動の経験が豊富な弁護士が,接見や被害者,ご親族との面談を通じて,身柄釈放活動等の弁護活動を適切に行います。

弊所では家庭内暴力で傷害,殺人未遂罪等で逮捕された,今後についての解決策も合わせて相談したい等のご相談をお受けしております。
逮捕されている場合は,弁護士が警察署等の留置施設に面会に行き,ご本人様と接見する「初回接見サービス」をご案内しております。
まずは,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までお問い合わせください。
神奈川県伊勢佐木警察署 初回接見費用3万5100円)

 

横浜市戸塚区の刑事事件~万引きして事後強盗罪で逮捕・・不起訴処分に強い弁護士

2017-11-23

横浜市戸塚区の刑事事件~万引きして事後強盗罪で逮捕・・不起訴処分に強い弁護士

Aは、横浜市戸塚区にある薬局店で化粧品等を万引きしたところ、追いかけてきた店員を突き飛ばしてケガをさせてしまい、神奈川県戸塚警察署の警察官に事後強盗罪逮捕されました。
戸塚警察署から連絡を受けた家族は、お店の方への謝罪や、今後不起訴処分になるにはどうしたらよいか、横浜市戸塚区刑事事件にも対応している弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

万引し事後強盗罪逮捕?】

事後強盗罪の主体は、窃盗の実行に着手した窃盗犯人とされています。
事後強盗罪は、窃盗犯人が、①財物を得てこれを取り返されることを防ぎ、②逮捕を免れ,又は③罪跡を隠滅するために,「暴行又は脅迫」をしたときに成立します。
事後強盗罪逮捕される事例としては、前述のAさんのように万引きした後が多く、追いかけてきた店員や警備員の方を突き飛ばす、店員をナイフで脅迫した等といった事例もあります。

横浜市戸塚区刑事事件にも対応】
事後強盗罪の法定刑は5年以上の懲役刑ですので、万引きをして窃盗罪逮捕された場合より、重い刑罰が定められています。
そのため、事後強盗罪逮捕され事実を認めている場合は、早期に被害者の方への謝罪や被害弁償をすることが重要となり、その後の処分についても不起訴処分となる可能性も高まります。
また事後強盗罪で被害者の方がケガをされた場合、ケガや入院により出勤できなくなってしまった、等様々な負担がかかってしまうことからも、弁護士を通じて適切に謝罪、示談交渉をすることが大切です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件に特化した弁護士事務所ですので、様々な刑事事件の示談交渉の経験が豊富です。
弊所では、横浜市戸塚区刑事事件にも対応しておりますので、ご家族が万引きして事後強盗罪逮捕された等とご不安な方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士による、初回接見サービスをお申込み下さい。
神奈川県戸塚警察署 初回接見費用3万7300円)

 

横浜市の刑事事件~職場内トラブルで逮捕?業務妨害罪に詳しい弁護士に法律相談

2017-11-22

横浜市の刑事事件~職場内トラブルで逮捕?業務妨害罪に詳しい弁護士に法律相談

施設の職員食堂でみそ汁が入った鍋に異物を混ぜ、施設側に新しく作り直させるなどし、業務妨害したとして、神奈川県金沢警察署署は、偽計業務妨害の疑いで職員Aを逮捕した。同署が動機などを調べている。
(事例は、平成29年11月15日産経WESTの記事を基にしたフィクションです。)

職場内トラブル業務妨害罪

業務妨害罪では、様々な態様があります。
神奈川県青葉警察署のHPで紹介されていた事例は、交番の電話機を持ち去って業務妨害したとして、偽計業務妨害罪で検挙したケースが掲載されています。
その他、業務妨害罪では、勤務先の職場に対して業務妨害を行ってしまうケースもあります。
上記事例の他、11月20日のNHKNEWSWEBの記事によりますと、市役所職員が、自身の勤務先への襲撃を示唆する書き込みをネット上で行ったとして、威力業務妨害罪逮捕されいます。

【職場内トラブルで逮捕?】

刑事事件となるような職場内トラブルを起こした場合、状況によっては逮捕前に職場の上司や警察から事情聴取を受けるケースもあります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、業務妨害罪等の刑事事件を専門とした弁護士事務所で、横浜市金沢区刑事事件にも対応しております。

また初回については無料法律相談を開催しております。
業務妨害罪等の刑事事件の疑いで職場内トラブルを起してしまった、警察から事情聴取を受け今後についてご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料法律相談をお申込み下さい(フリーダイヤル0120-631-881)。

神奈川県神沢警察署 初回接見費用3万7100円)

横浜市の刑事事件で逮捕~粗暴犯(公務執行妨害罪)で早期身柄釈放を目指す弁護士

2017-11-20

横浜市の刑事事件で逮捕~粗暴犯(公務執行妨害罪)で早期身柄釈放を目指す弁護士

Aは、横浜市鶴見区を運転中、神奈川県鶴見警察署の警察官に道路交通法違反の疑いで車を止められたことに納得がいかず、その場で警察官を突き飛ばしてしまい、逃走しようとしたところ、公務執行妨害罪現行犯逮捕されました。
Aの家族は、早期に身柄釈放をしてもらうにはどうしたらよいか、刑事事件公務執行妨害罪粗暴犯にも強いと評判の弁護士接見を依頼しました。
(フィクションです)

【~公務執行妨害罪での逮捕事例~】

公務執行妨害罪では、察官に対して行われることが多く、職務質問、交通取り締まり、交通検問、捜索差押時に、警察官を突き飛ばす、殴る等があります。

粗暴犯事件で罪を認める場合は、被害者の方への謝罪、被害弁償等が重要です。
ですが、公務執行妨害罪の場合、公務員の方が「個人の判断」で被害弁償を受領し公務執行妨害罪の被害届を取り下げる、といったことは通常ありません。
それは公務執行妨害罪は、「公務員」を保護法益とするものではなく、「公務員によって行われる公務を保護するもの」とされているからです。

ですから、公務執行妨害罪逮捕され、早期に身柄を釈放されるには、刑事事件専門の弁護士にご相談することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、粗暴犯等の刑事事件の弁護活動の経験が豊富な弁護士が多数所属しております。

弊所では、ご契約前に、弁護士が警察署等に向かい、逮捕されている方と接見をする「初回接見サービス」をご提供しております。
「初回接見」の後、刑事弁護活動をご希望される場合は、弁護士粗暴犯事件等の刑事事件における弁護活動の詳細等についてもご説明いたします。
ご家族が、公務執行妨害罪等の粗暴犯事件、刑事事件逮捕され、接見を依頼したい方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所のフリーダイヤル(0120-631-881)までお問合せ下さい。
神奈川県鶴見警察署 初回接見費用3万6000円)

【相模原市の刑事事件】~暴行罪等の暴力事件で逮捕~示談交渉に強い弁護士 

2017-11-15

 【相模原市の刑事事件】~暴行罪等の暴力事件で逮捕~示談交渉に強い弁護士 

神奈川県相模原市の飲食店でお酒を飲んだ帰り道、Aは酔った勢いもあり、電車内で男性とトラブルになり、両腕を掴む等して暴力を振るったところ、通報を受けて隣の駅で待機していた神奈川県相模原警察署の警察官に暴行罪逮捕されました。
Aには、妻と子供がおり、逮捕のことが会社に知られたら解雇されるのではないか、と不安になったAの妻が、暴力事件等の刑事事件に強いと評判の弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

暴力事件の逮捕事例】

暴行罪等の暴力事件では、お酒に酔った勢いで、飲食店内の客や店主、駅構内の係員、乗客等の見知らぬ他人を相手に暴力を振るってしまい、暴行罪等で逮捕されるケースもあります。
知人同士による暴力事件では、被害届を出さない事例もよくありますが、他人同士だった場合、被害者の方や目撃者、通報を受けて駆けつけた警察官によって暴行罪等で現行犯逮捕される事例も多くあります。

暴力事件示談交渉に強い弁護士

暴行罪等の暴力事件で事実を認めている場合、早期に被害者の方へ謝罪、示談交渉をすることが大切です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、暴行罪等の暴力事件刑事事件に特化した弁護士事務所です。
弊所の弁護士は、被害者の方の心情に考慮し、適切な示談交渉を適切なタイミングで行います。
弊所の弁護士による示談交渉の結果、暴力事件逮捕後、早期に示談が成立する等して、会社に知られることなく早期に釈放された事例も多くあります。
また逮捕の事実が会社に知られた場合でも、示談交渉の結果、不起訴処分となり、解雇されずに済んだ、等といったケースもあります。
ご家族が神奈川県相模原市暴行罪等の暴力事件刑事事件逮捕され、早期に示談交渉を進めたい方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談下さい。
神奈川県相模原警察署 初回接見費用4万300円

【川崎市の刑事事件】強盗罪で逮捕されたら‥早期身柄釈放、示談交渉に強い弁護士

2017-11-12

【川崎市の刑事事件】強盗罪で逮捕されたら‥早期身柄釈放、示談交渉に強い弁護士

Aは地元の不良仲間と一緒に、川崎市高津区所在のコンビニエンスストアで強盗を繰り返していたところ、神奈川県高津警察署の警察官に強盗罪逮捕されました。
Aの両親は、神奈川県川崎市高津区刑事事件にも対応している弁護士に接見を依頼した結果、早期身柄釈放示談交渉等の刑事弁護を依頼することにしました。
(事例はフィクションです。)

強盗罪の検挙率は高い?】

強盗罪は、統計上の包括罪種では、殺人、放火罪等と同じ凶悪犯に分類されます。
また強盗罪は、殺人、強制性交等、略取誘拐・人身売買等とともに、重要犯罪にも指定されています。
そのため、コンビニ強盗等の強盗罪が発生した場合は、逮捕に向けて、発生直後から初動捜査や周辺の警戒体制が強化されます。
警察庁のデータによりますと、平成27年中の侵入強盗罪(コンビニ強盗、住宅強盗等)の検挙率は86.6%、コンビニ強盗については92.7%ですので、この数字を見ても、強盗罪の捜査体制が強化されていることが伺えます。

神奈川県川崎市刑事事件にも対応する弁護士

強盗罪逮捕され、事実に争いがない場合は、速やかに被害者の方への謝罪や、被害弁償、示談交渉が重要になります。
早期に被害者の方へ謝罪、示談交渉が成立することで、その後の処分を少しでも軽くできる可能性も高まります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、強盗罪等の刑事事件を専門にしております。
弊所は、神奈川県川崎市高津区刑事事件にも対応しておりますので、早期身柄の解放示談交渉等の刑事弁護にも精通した弁護士が揃っております。

ご家族が強盗罪逮捕されましたら、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士が行っている初回接見サービスをお申込み下さい。
神奈川県高津警察署 初回接見費用3万8500円)

【取り調べの可視化】横浜市の録音・録画対象の刑事事件で逮捕 弁護士が接見

2017-11-09

【取り調べの可視化】横浜市の録音・録画対象の刑事事件で逮捕 弁護士が接見

Aは、横浜市緑区で発生した現住建造物等放火の罪で、神奈川県緑警察署の警察官に逮捕されました。
その後、緑警察署の取り調べ官から、弁解録取の際、取り調べの録音・録画をしてよいか質問されたので、Aは許可し、弁解録取から取り調べの前過程が録音・録画されました。
(事例はフィクションです。)

取り調べってどのようにして行われている?】

昔は刑事ドラマで、刑事が取り調べ中、被疑者に牛丼を差し出すシーンがありましたが、現在は「取り調べ監督対象行為」にあたります。

取り調べ監督対象為とは、「被疑者取り調べ適正化のための監督に関する規則」で定めらおり、具体的には
①身体に接触すること(取り調べ室で被疑者が暴れた場合等のやむをえない場合を除きます)
②便宜供与
等があります。
取り調べ中に牛丼を与えることは、「牛丼と引換えに自供を求められた」等と、取り調べ官にその気がなくても、後日そのように供述される可能性もあるため、取り調べ監督対象行為の「便宜供与」とみなされ、現在は禁止されています。
このような取り調べ監督対象行為が起きないよう、警察庁では、刑事部等とは別の部門「取り調べ監督官室」を設置し、取り調べ室を視認する等して監督しています。

取り調べの可視化録音・録画

取り調べの録音・録画は、警察だけでなく、検察庁でも積極的に行われています。
検察庁で公開しているデータによりますと、H28年3月からH29年3月までの間に、検察庁において録音・録画を実施した件数は、83218件となっています。
そのうち、裁判員裁判対象事件だけでなく、施行対象となっている事件、知的障害者をお持ちの方の事件等、積極的に取り調べ録音録画をしている状況がうかがえます。

取り調べ録音・録画対象事件では、警察段階から開始されることが多いため、録音・録画対象の刑事事件逮捕された場合、早急に弁護士接見を依頼することが重要です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事弁護活動を専門に行っている弁護士事務所ですので、ご家族が取り調べの録音・録画対象事件で逮捕された、等とご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで初回の接見サービスをお申込み下さい。

神奈川県緑警察署 初回接見費用:37,300円)

« Older Entries