【管理売春】横浜市中区の売春防止法違反で逮捕 刑事事件専門の弁護士に無料相談

2017-10-17

 

【管理売春】横浜市中区の売春防止法違反で逮捕 刑事事件専門の弁護士に無料相談

横浜市中区のマンションに居住するAは、インターネットの出会い系サイトで知り合った女性数名を住まわせ、売春させていたところ、神奈川県伊勢佐木警察署の警察官に売春防止法違反の疑いで逮捕されました。
(事例はフィクションです。)

管理売春とは】
売春防止法では、売春行為だけでなく、売春を助長する様々な行為を規制しています。
管理売春もその一つで、管理・支配して売春させる行為を言います。

管理売春は、売春防止法の第12条で規制されており、「人を自己の占有し、若しくは管理する場所又は自己の指定する場所に居住させ、これを売春させることを業とした者」とされています。
管理売春の法定刑は、「10年以下の懲役及び30万円以下の罰金」です。
これは、売春防止法で規制している、売春を助長する様々な罰則規定の中で、最も重い刑罰が定められています。

逮捕されたら刑事事件専門の弁護士無料相談

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件に特化した弁護士事務所です。
弊所では、刑事事件を専門の弁護士が、売春防止法違反等の刑事事件の被疑者として捜査、逮捕されたご本人、ご家族からのご相談を、初回は無料で行っております。
売春防止法違反等の刑事事件で、警察から呼び出しを受けた、等とお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、まずは無料相談をお申込み下さい。

神奈川県伊勢佐木警察署 初回接見費用:3万5100円)

ページの上部へ戻る