【横浜市の刑事事件】 窃盗罪の不起訴処分に強い弁護士

2017-11-10

【横浜市の刑事事件】 窃盗罪の不起訴処分に強い弁護士

Aは、横浜市港北区所在の薬局で窃盗(万引き)を繰り返していたため、店員から警戒されていました。
後日、Aが同店で窃盗(万引き)をしたところ、警戒中の警備員に窃盗罪で現行犯逮捕され、神奈川県港北警察署の警察官に引き渡されました。
Aの家族は、Aが以前にも万引きを繰り返していたと聞き不安になり、不起訴処分にならにはどうしたらよいか横浜市港北区刑事事件にも対応している弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

窃盗罪(万引き)で逮捕?】

万引きは、窃盗罪に該当します。
転売のため高額商品を繰り返し窃盗(万引き)していた場合は、被害金額も高額になるため、被害届を出すことが多く、警察側も窃盗罪で逮捕する可能性が高くなります。
また例え少額であっても、同じ店舗で窃盗(万引き)を繰り返していた場合や、警備員に声をかけられ逃走してしまったケース等では逮捕される可能性もあります。

横浜市港北区刑事事件不起訴処分を目指すなら】

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件・刑事事件を専門にしている弁護士事務所です。
弊所では、窃盗罪、万引き事件についても多くの刑事弁護活動の実績があります。
ご家族が万引き等の窃盗罪で逮捕された後、弁護士が迅速な弁護活動を行ったことで、早期に釈放された事件や、被害者の方との示談交渉を適切に行う等の活動により、不起訴処分となった事例も多くあります。
横浜市港北区刑事事件、万引き等の窃盗罪で逮捕され、不起訴処分をお望みの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士が警察署等の留置施設で接見する「初回の接見サービス」をお申込み下さい。

神奈川県港北警察署 初回接見費用3万6400円)

ページの上部へ戻る