≪横須賀市の刑事事件で逮捕なら≫神奈川県青少年保護育成条例違反に強い弁護士

2018-04-02

≪横須賀市の刑事事件で逮捕なら≫神奈川県青少年保護育成条例違反に強い弁護士

神奈川県浦賀警察署は、SNSで知り合った女子中学生に対しわいせつな行為をしたとして、神奈川県青少年保護育成条例違反の疑いで公務員のAを逮捕しました。
Aの家族は今後について相談するため、神奈川県横須賀市刑事事件も対応している弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

神奈川県青少年保護育成条例違反とは?・・≫
神奈川県青少年保護育成条例は、青少年の健全育成についての基本理念や事業者等の責務を明らかにし、青少年の健全育成を阻害するおそれのある行為を防止することを目的としています。
神奈川県青少年保護育成条例では、事例のように青少年に対してみだらな性行為やわいせつな行為をした場合、2年以下の懲役又は100万円以下の罰金刑を定めています。
その他、神奈川県青少年保護育成条例では、他の法令で同様の規制がある営業を除いて、青少年に有害な個室営業を行っている施設を指定し、指定された施設の営業者は、同所への青少年の立入や客に接する業務に従事させることを禁止しています(違反した場合、6月以下の懲役又は30万円以下の罰金)。
また神奈川県青少年保護育成条例では、立入調査に対して拒否、妨害等をした場合、10万円以下の罰金が科されます。

神奈川県青少年保護育成条例違反青少年へのみだらな性行為等の刑事事件では逮捕され、ニュース等で報道されているケースもあります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門とした弁護士事務所で、神奈川県内、神奈川県横須賀市内の様々な刑事事件についても取り扱っております。
ご家族が神奈川県青少年保護育成条例違反等の刑事事件逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県浦賀警察署 初回接見費用:3万9400円)

ページの上部へ戻る