横浜市鶴見区の刑事事件で逮捕 ストーカー規制法違反事件なら弁護士に相談

2017-07-20

横浜市鶴見区の刑事事件で逮捕 ストーカー規制法違反事件なら弁護士に相談

横浜市鶴見区に住むAは、好意を持っていたVの自宅や職場で待ち伏せ行為等を繰り返していたところ、神奈川県鶴見警察署の警察官に、ストーカー規制法違反の疑いで逮捕されてしまいました。  
鶴見警察署から連絡を受けたAの家族は、刑事事件ストーカー規制法違反の身柄釈放活動に強い、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所に相談しました。
(フィクションです。)

ストーカー規制法違反とは】  

ストーカー規制法違反で規制の対象となる行為は、「つきまとい等」と「ストーカー行為」です。

ストーカー規正法で規定する「つきまとい等 」 とは、
・つきまとい、待ち伏せ
・監視していることを告げる行為   
・面会や交際を要求する行為  
等があります。
 
ストーカー行為」とは、同一の者に対して「つきまとい等」を繰り返して行う
行為です。

ストーカー行為」の被害にあっている場合は、被害届を提出することができ、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処すると定められています。

【身柄釈放】  

ストーカー規正法違反で逮捕された場合、被害者の方への謝罪や示談交渉が、早期身柄の釈放やその後の処分に影響します。
しかしストーカー規正法違反事件の被害者の方は、加害者側との交渉に不安を覚える傾向にあります。

そのためストーカー規制法違反で逮捕された場合、早期に刑事事件専門の弁護士に相談し、弁護を依頼することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、ストーカー規制法違反等の刑事事件専門の弁護士事務所です。
弊所では、24時間、無料相談や初回接見のお申し込みを受け付けております。

ストーカー規制法違反等の刑事事件でご家族が逮捕された場合は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで、まずは無料相談をお申し込み下さい。
(鶴見警察署 :初回接見費用3万6800円)

ページの上部へ戻る