【横浜市中区の刑事事件】偽造有価証券輸入等罪で逮捕~外国人事件にも強い弁護士

2018-01-17

【横浜市中区の刑事事件】偽造有価証券輸入等罪で逮捕~外国人事件にも強い弁護士

~中国人による偽造有価証券輸入等事件(7月、警視庁)~
中国人の男は、偽造ビール券約2,500枚を中国から国際郵便で密輸入しようとした。
平成26年7月までに、中国人2人(定住者)を偽造有価証券輸入罪、関税法違反未遂で逮捕した。
(事例は、警察庁HP掲載「来日外国人の検挙状況」を基にしたフィクションです。」)

偽造有価証券行使・交付・輸入罪とは?】

偽造有価証券行使・交付・輸入罪とは、自己又は他人が偽造・変造・虚偽記入した有価証券を行使、または行使の目的をもって他人に交付したり、輸入した場合に成立します。
親族に呈示したり、また割引依頼のために他人に閲覧させる場合も行使とみなされます。
偽造有価証券輸入罪は、上記偽変造、虚偽記入された有価証券を国外から国内に輸入することで成立します。
既遂時期は、着陸した航空機から機外に取り下ろした時点となります。

外国人事件にも対応】
外国人事件では、被疑者となった外国籍の方は、国外への退去強制・言葉の問題、文化の違いから、手続きに不安を覚えることが多くあります。
取調べの対応についても母国と同様の考えで対応してしまうと、思わぬ不利益を受けることもあります。
ですから、外国人事件の場合は、刑事事件専門の弁護士に依頼することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、外国人事件の刑事弁護活動の経験が豊富です。
偽造有価証券輸入等罪やその他刑事事件でお困りの外国人の方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県加賀町警察署 初回接見費用:3万5500円)

ページの上部へ戻る