【地下銀行~マネーロンダリング】神奈川県大和市の銀行法違反で逮捕なら弁護士

2017-10-09

【地下銀行~マネーロンダリング】神奈川県大和市の銀行法違反で逮捕なら弁護士

Aは,神奈川県大和市でB国の輸入雑貨を扱う店を営んでいましたが,B国の顧客から頼まれ,無許可で海外に不正送金を行っていたところ,神奈川県大和警察署の警察官により,銀行法違反の疑いで逮捕されました。
(事例はフィクションです。)

地下銀行銀行法違反逮捕~】
銀行業は,銀行法により,内閣総理大臣の免許を受けなければ営業できず,無許可で行った場合,銀行法違反(無許可営業)の罪に問われる可能性があります。
地下銀行とは,銀行法に違反し,無許可で送金等を行うことで,地下銀行が利用される理由としては,銀行の口座開設には,マネーロンダリング対策等のため,口座開設者の身分確認が必要とされており,不法残留の外国人の方等が自国への送金に利用する傾向にあります。
また滞在許可のある外国人の方でも,海外送金の手数料を安く抑えるために地下銀行を利用するケースもあるようです。

マネーロンダリングに関する刑事事件】

マネーロンダリングとは,違法な行為により得た犯罪収益が,捜査機関によって発見,没収されないよう資金洗浄する行為を言います。
マネーロンダリングは,国際的にも対策が強化されており,日本においてもマネーロンダリングを行った場合,組織犯罪処罰法,麻薬特例法,銀行法等の適用が検討され,逮捕される可能性もあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,銀行法違反等,刑事事件に特化した弁護士事務所です。
銀行法違反の疑いで捜査されている等,ご不安な方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県大和警察署 初回接見費用:3万6800円)

 

ページの上部へ戻る