神奈川県相模原市の窃盗罪で逮捕 ヤミ金事件で接見禁止決定なら弁護士に面会を依頼

2017-08-23

神奈川県相模原市の窃盗罪で逮捕 ヤミ金事件で接見禁止決定なら弁護士に面会を依頼

神奈川県相模原市南区所在のビルを本拠地したヤミ金グループに属していたAは、不正に売買された他人名義の銀行口座のキャッシュカード数枚と暗証番号を渡され、現金を引き出すよう指示を受けました。
AはATMで、現金を30回以上引き出したところ、後日神奈川県相模原南警察署の警察官に窃盗罪で逮捕されました。
Aの家族は、神奈川県相模原警察署へ面会に向かったのですが、接見禁止決定がなされていただめ面会できず、刑事事件専門の弁護士面会を依頼しました。
(フィクションです。)

ヤミ金事件で窃盗罪?】

ヤミ金事件は、オレオレ詐欺と同様の組織犯罪です。
ヤミ金事件では、様々な役割の人が犯行を行います。
そのためヤミ金事件に係わった方の逮捕・起訴罪名は、貸金業法、出資法違反、組織犯罪処罰法違反、犯罪収益移転防止法の他、事例のAのように窃盗罪逮捕・起訴されるケースもあります。

窃盗罪が成立する見解としては、他人名義の口座のキャッシュカードを利用し、その現金を指示役に渡すため、現金の占有者である銀行の意思に反していると解されるため、窃盗罪が成立するとされています。

接見禁止決定なら弁護士面会を依頼】

ヤミ金事件等の組織犯罪で逮捕・勾留された場合、「接見禁止決定」がなされる可能性があります。

接見禁止決定の場合、一般面会が禁じられるため、ご家族などであっても面会ができなくなります。

しかし、弁護士であれば、接見禁止決定がなされていても、身体拘束されている方と面会をすることができます。

弁護士が留置場で行う面会では、一般面会のような時間制限はありません。
また弁護士面会において、丁寧に今後の手続や事件の見通しについて説明したり、取り調べ対応等打ち合わせをして弁護方針を定めていくことができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士事務所です。
弊所では初回の面会弁護士による警察署などでの面会)サービスを、365日、24時間、土日祝日もお電話にて受け付けております。

ご家族が逮捕されご心配・お困りの方は、いつでも弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
神奈川県相模原南警察署 初回接見費用:3万9800円)

 

ページの上部へ戻る