Archive for the ‘性犯罪事件’ Category

【少年による性犯罪事件で弁護士に相談】神奈川県座間市の公然わいせつ罪で逮捕

2017-10-18

【少年による性犯罪事件で弁護士に相談】神奈川県座間市の公然わいせつ罪で逮捕 

神奈川県座間市に住む少年Aは、塾の帰り道、路上を歩ている女性を見かけ、女性の悲鳴が聞きたくなり、下半身を露出してしまいました。
少年は自宅に戻って反省したのですが、性的興奮を覚えて止められなくなり、同様の犯行を繰り返していたところ、警戒中の神奈川県座間警察署の警察官に、公然わいせつ罪の疑いで逮捕されました。
(事例はフィクションです。)

公然わいせつ罪とは】

公然わいせつ罪の保護法益は「社会的な性秩序」とされており、法律上、被害者という立場の方は存在しないとされています。
そのため、公然わいせつ罪逮捕された場合、その後の処分については、本人が事件について反省していること等が重要となります

少年性犯罪事件逮捕されたら弁護士ご相談を】

少年公然わいせつ罪等性犯罪事件逮捕された場合、単に事件について反省の弁を述べるだけでなく、「更生する可能性」等が重視されます。
そのため、少年による性犯罪事件では、事件の原因を考え、再犯防止策を講じることが大切ですが、そのためには、ご家族のサポートが重要となります。しかし、性犯罪事件では、少年が、ご家族に対し、自身が抱える性的な悩み等を話しづらいこともあります。

ですから、少年性犯罪事件逮捕されたら、少年事件専門の弁護士にご相談することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件性犯罪事件刑事事件に特化した弁護士事務所です。
少年公然わいせつ罪性犯罪事件逮捕され、今後についてご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談下さい。
神奈川県座間警察署 初回接見費用:3万8700円)

【管理売春】横浜市中区の売春防止法違反で逮捕 刑事事件専門の弁護士に無料相談

2017-10-17

 

【管理売春】横浜市中区の売春防止法違反で逮捕 刑事事件専門の弁護士に無料相談

横浜市中区のマンションに居住するAは、インターネットの出会い系サイトで知り合った女性数名を住まわせ、売春させていたところ、神奈川県伊勢佐木警察署の警察官に売春防止法違反の疑いで逮捕されました。
(事例はフィクションです。)

管理売春とは】
売春防止法では、売春行為だけでなく、売春を助長する様々な行為を規制しています。
管理売春もその一つで、管理・支配して売春させる行為を言います。

管理売春は、売春防止法の第12条で規制されており、「人を自己の占有し、若しくは管理する場所又は自己の指定する場所に居住させ、これを売春させることを業とした者」とされています。
管理売春の法定刑は、「10年以下の懲役及び30万円以下の罰金」です。
これは、売春防止法で規制している、売春を助長する様々な罰則規定の中で、最も重い刑罰が定められています。

逮捕されたら刑事事件専門の弁護士無料相談

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件に特化した弁護士事務所です。
弊所では、刑事事件を専門の弁護士が、売春防止法違反等の刑事事件の被疑者として捜査、逮捕されたご本人、ご家族からのご相談を、初回は無料で行っております。
売春防止法違反等の刑事事件で、警察から呼び出しを受けた、等とお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、まずは無料相談をお申込み下さい。

神奈川県伊勢佐木警察署 初回接見費用:3万5100円)

【少年の性犯罪事件】神奈川県伊勢原市の強制わいせつ事件で弁護士が逮捕後に接見

2017-10-05

【少年の性犯罪事件】神奈川県伊勢原市の強制わいせつ事件で弁護士が逮捕後に接見

神奈川県伊勢原市に住む少年Aは、学習塾の帰り道、暗い路上を歩いている女性を見つけ、背後から抱き着き、衣服の上から無理やり体を触ってしまいました。
その後も連続して強制わいせつ事件を起こしてしまい、後日、神奈川県伊勢原警察署の警察官に、強制わいせつ事件逮捕されました。
少年Aの家族は、少年Aは普段から勉学に励み、性格も穏やかで優しかったためとてもショックを受け、今後について不安になり、性犯罪事件に詳しい弁護士接見を依頼しました。

【路上強制わいせつ事件
路上における強制わいせつ事件では、背後から行われることが多い傾向にあります。
例えば、コンビニエンスストア等で一人暮らしと思われる買い物をしている方、ウォークマンをしている方を狙う等があります。
被害者の方は、背後から突然被害を受けるため、その恐怖心を忘れることができず、一人で外出できなくなったり、一人暮らしの方は実家で暮らす等、性犯罪事件の被害者の方は様々な2次被害を受け苦しみます。

少年による強制わいせつ事件
性犯罪事件は、自分の衝動を抑えることができず、逮捕されるまで連続して性犯罪事件を起こしてしまう可能性があります。
そのため、少年強制わいせつ事件逮捕された場合、少年性犯罪事件を専門とする弁護士に相談することをおすすめします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年性犯罪事件にも精通した弁護士が多数所属しております。
弊所の弁護士は、少年の処分を軽くするためだけでなく、少年との接見や、ご家族との面談を通じて、少年の将来を真剣に考え、適切な弁護活動をいたします。
弊所では、ご契約前に、弊所の弁護士が、留置施設に出張し、面会する初回接見サービスをご提供しております。
少年強制わいせつ事件等の性犯罪事件逮捕され、ご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、初回の接見サービスをお申込み下さい。
神奈川県伊勢原警察署 初回接見費用3万9700円)

神奈川県相模原市の刑事事件にも対応 強制性交等罪等の性犯罪事件で弁護士に相談

2017-10-01

神奈川県相模原市の刑事事件にも対応 強制性交等罪等の性犯罪事件で弁護士に相談

神奈川県相模原市に住むAは、自宅で知人の女性に対する強制性交等罪をしたして、神奈川県相模原南警察署の警察官に逮捕されました。
Aの家族は、Aと面会後、知人の女性とは合意の上だった聞き、性犯罪事件等の刑事事件を専門とする弁護士相談しました。
(事例はフィクションです。)

強制性交等罪とは】

平成29年7月13日、刑法の性犯罪規定が改正され、強姦罪が「強制性交等罪」に改正されました。
改正前の強姦罪では被害者は女性に限られていましたが、「強制性交等罪」では「男性」も対象となりました。
強制性交等罪の法定刑は、「5年以上の有期懲役」となり、従来の「3年以上の有期懲役」と比べ厳罰化されました。

性犯罪事件での弁護活動】

性犯罪事件の弁護活動では、合意の上だった、全く身に覚えがない等の場合、弁護士は接見を通じて詳細に事情を確認し、アリバイ等の事実関係を早急に調べることが重要となります。

性犯罪事件で身に覚えがある場合では、弁護士を通じて、被害者の方へ謝罪することがとても重要です。
性犯罪事件の被害者の方は、長時間にわたる捜査機関からの事情聴取、家族や恋人に知られたことでの罪悪感、周囲の目や加害者の復讐を恐れての引っ越し、今後の手続きについての恐怖心等、多大な精神的苦痛を感じています。
被害者の方のご家族が事件を知っている場合は、そのご家族も精神的苦痛を感じておりますので、謝罪については、性犯罪事件等の刑事事件専門の弁護士が適切な対応をすることがとても重要となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件専門の弁護士ですので、無罪を主張したい、被害者の方へ謝罪をしたい等のご要望をお伺いし、迅速、適切な弁護活動をいたします。

ご家族が強制性交等罪性犯罪事件で逮捕され、無実を主張したい、また被害者の方へ謝罪をしたい等お困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県相模原南警察署 初回接見費用:3万9800円)

神奈川県中郡大磯町の出会い系サイト規制法違反(援助交際書き込み)なら弁護士へ

2017-09-25

 

(神奈川県中郡大磯町)出会い系サイト規制法違反(援助交際書き込み)なら弁護士

神奈川県中郡大磯町に住むAは、インターネットの出会い系サイトを利用しており、掲示板に、「援助交際をしてくれる女子中学生募集」等と書き込んでいました。
後日、サイバーパトロールにより、Aの書き込みを発見した神奈川県大磯警察署の警察官が自宅を訪れ、出会い系サイト規制法違反の疑いで、任意同行を求められました。
Aは、その日帰宅することができたのですが、今後について不安になり、弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

出会い系サイト規制法とは】

出会い系サイト規制法の正式名称は、『インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律』です。

出会い系サイト規制法で規制されている書き込み行為としては
・児童を相手方として、性交等を誘引する書き込み
・対償を示して、児童を異性交際の相手方(一緒に食事してくれませんか?等)として誘引する書き込み
等があります。
 
これらの書き込みを行った場合、100万円以下の罰金が科せられる恐れがあります。

また出会い系サイト規制法では、出会い系サイトを行う事業者は、公安委員会への届出が義務付けています。

出会い系サイト規制法で捜査されたら弁護士へ相談】

以前、当サイトのブログにも記載しましたが、各都道府県警察では、サイバーパトロールを強化しています。
そのため、事例のAさんのように、出会い系サイトで児童に対する援助交際書き込みを警察官が発見した場合、実際に援助交際をしていなくても、書き込みをしただけで、出会い系サイト規制法の処罰の対象となり、捜査される恐れがあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、出会い系サイト規制法違反等の、性犯罪事件、刑事事件を専門とした弁護士事務所です。
弊所の弁護士は、様々な性犯罪事件の取り扱い経験が豊富ですので、無罪を訴えたい、警察の取り調べではどのようにしたらよいか等、具体的なアドバイスをし、捜査機関や裁判所に対して、迅速、適切な弁護活動をいたします。

出会い系サイト規制法違反等で警察から捜査され、ご不安な方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、無料法律相談をお申込み下さい。
神奈川県大磯警察署 初回接見費用4万400円))

サイバーパトロールで発覚? 神奈川県川崎市の児童への性犯罪事件なら弁護士へ

2017-09-22

サイバーパトロールで発覚? 神奈川県川崎市の児童への性犯罪事件なら弁護士へ

神奈川県川崎市川崎区に住むAは、インターネット上で児童ポルノを公開していたところ、後日、神奈川県川崎警察署の警察官が自宅を訪れ、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、任意同行を求められました。
Aは、神奈川県川崎警察署で取り調べを受けた際、サイバーパトロールにより発覚したと知りました。
自宅に戻ったAは、今後の手続きに不安になり、児童に対する性犯罪事件に詳しい弁護士相談しました。
(事例はフィクションです。)

サイバーパトロールで事件が発覚?】

現在、各都道府県警察では、インターネットを利用した犯罪を、未然防止・早期発見するため、情報セキュリティに詳しいサイバー捜査官を採用したり、またサイバーセキュリティの専門家をアドバイザーとして顧問を依頼する等、取り締まりを強化しています。

取り締まりの強化事例の1つとして、警察官による「サイバーパトロール」(インターネット上で行うパトロールのこと。通称「ネットパトロール)が行われています。
また、従来から行われている、「少年補導(街頭で、児童に声を掛けて行う補導)」についても、近年は、「サイバーパトロール」により、不適切な行為を行う児童を発見し、その後、直接児童と接触して「補導」する、「サイバー補導」も行われています。

児童に対する性犯罪事件サイバーパトロールで発覚?】

児童に対する性犯罪事件についても、サイバーパトロールを端緒として、事件が発覚するケースがあります。

事例としては、冒頭記載のAさんのような、インターネット上に児童ポルノを公開した、児童買春・ポルノ禁止法違反(公然陳列)事件では、サイバーパトロールを端緒に事件が発覚することがあります。

また、サイバーパトロールにより、警察官が、インターネット上で、買春を誘う投稿をした児童を発見し、サイバー補導を行ったことで、児童買春が発覚した事案もあるようです。

児童に対する性犯罪事件については、サイバーパトロールの強化対策のみならず、平成29年4月に、犯罪対策閣僚会議において、「児童の性的搾取等に係る対策の基本計画」が決定し、警察庁から各都道府県警察に対し、取り締まり強化について通達が出されていることからも、今後、さらに、児童に対する性犯罪事件について、取り締まり強化対策が推進されることとなります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、児童に対する性犯罪事件等、刑事事件を専門とした弁護士事務所です。
児童に対する性犯罪事件について、サイバーパトロール等により突然警察から呼び出しを受けた等、ご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。   

(神奈川県川崎警察署 初回接見費用:3万6300円)

【性犯罪事件にも対応】神奈川県川崎市宮前区の盗撮事件で逮捕されたら弁護士に相談

2017-09-12

【性犯罪事件にも対応】神奈川県川崎市宮前区の盗撮事件で逮捕されたら弁護士に相談

神奈川県に住むAは、職場の飲み会の帰り道、駅構内にあるエスカレータで盗撮行為をしてしまいました。
同所では盗撮事件が多発していたことから、警戒中の神奈川県宮前警察署の警察官に、神奈川県迷惑行為防止条例違反で現行犯逮捕されました。
Aの両親は、宮前警察署からAが盗撮逮捕されたと連絡を受けて驚いてしまいました。
Aには妻と子供もおり、性犯罪事件で逮捕されたことが職場や近所に知られるのではないかと不安になり、刑事事件性犯罪事件を専門としている弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

神奈川県内発生の盗撮行為について】

神奈川県内で、上記事例のAさんのような盗撮行為をした場合、神奈川県迷惑行為防止条例違反に該当します。
神奈川県迷惑行為防止条例は、平成26年7月1日に一部が改正され、盗撮等の目的で「カメラ等を設置」し、また「人に向ける行為」についても処罰対象となります。
そのため、実際に撮影したかに関わらず、スカート内やトイレの個室に写真機等を設置、向ける行為についても規制対象になります。

性犯罪事件なら弁護士に相談】

盗撮事件等の性犯罪事件で逮捕された場合、逮捕の事実を職場やご近所の方に知られたくないとお考えになる方も多くいらっしゃいます。
ですが、盗撮事件等の性犯罪事件では、現場から逃走してしまったケース等、事件によっては、逮捕後、報道される危険性もあります。
報道されなかった場合でも、逮捕後や、勾留決定がなされると出勤できないため、やむを得なく連絡しなければならないケースもあります。

また盗撮事件等の性犯罪事件では、職場によっては、逮捕された事実を知られたことで自宅謹慎等になってしまうケースもあるようです。
その他、逮捕後の処分の結果によっては、依願退職を勧められたり、また懲戒免職や解雇、停職等の重い処分を下される可能性もあります。

そのためこのような事態を避けるためにも、盗撮事件等の性犯罪事件で逮捕された場合、早急に刑事事件専門の弁護士にご相談することをお勧めいたします
報道されるのを防ぐため、弁護士を通じて、 警察へ連絡し、公表しないよう依頼することで、報道を避けられる可能性が高まります。
また早期に弁護士を通じて被害者の方へ謝罪し、示談を締結することにより、不起訴処分になる可能性も高まります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件性犯罪事件に特化した弁護士事務所です。
弊所の弁護士は、性犯罪事件についても豊富な経験があります。
ご家族が、痴漢等の性犯罪事件で逮捕され、お困りの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで、無料法律相談をお申込み下さい。

神奈川県宮前警察署 初回接見費用:3万8700円)

【性犯罪事件の勾留阻止を目指す弁護士】神奈川県津久井警察署管内発生 公然わいせつ罪

2017-09-01

【性犯罪事件の勾留阻止を目指す弁護士】神奈川県津久井警察署管内発生 公然わいせつ罪

神奈川県相模原市緑区に住むAは、ストレス発散のため数回にわたり帰宅途中の路上で陰部を露出していたところ、警戒中の神奈川県津久井警察署の警察官に公然わいせつ罪で逮捕されました。
逮捕の知らせを受けたAの妻は、子供達に知られずになんとか早期に身柄が解放され自宅に戻る方法はないか、刑事事件専門の弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

公然わいせつ罪

公然わいせつ罪は刑法第174条に定められ、法定刑は「6月以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料」です。

公然わいせつ罪の成立要件は、公然とわいせつな行為をした場合に成立します。

公然わいせつ罪における「公然」の定義については、「不特定又は多数の人が認識することのできる状態」とされています。
これは現実に不特定又は多数の人が認識する必要はなく、認識の可能性があれば足りるとされています。
そのため不特定の人がいる可能性のある公園等でわいせつな行為をした場合、その場に誰もいなくても公然わいせつ罪が成立します。

公然わいせつ罪で規制される「わいせつな行為」とは、「行為者又はその他の人の性欲を刺激、興奮又は満足させる動作」でありかつ「一般人の性的羞恥心を害し、善良な性的道義観念に反する行為」とされています。

具体例としては,陰部を露出する行為等があります。

勾留阻止を目指す弁護士

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、公然わいせつ罪等の性犯罪刑事事件を専門に扱う弁護士事務所です。

刑事事件は、早急に対応することで早期身柄解放やその後の処分に大きく影響します。

弊所では、24時間、365日無料法律相談や初回のみの接見契約を受け付けております。

初回のみの接見とは、ご契約前に弊所の弁護士が、警察署等の留置施設で加害者の方と1回に限り面会するサービスです。
初回の接見サービス終了後も引き続き弊所の弁護士に弁護活動をご希望される場合、契約後身柄解放活動等の弁護活動を早急にいたします。

ご家族が公然わいせつ罪等の性犯罪事件で逮捕され、勾留阻止をお望みの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料法律相談、または初回の接見サービスをお申込み下さい。
神奈川県津久井警察署 初回接見費用:4万2600円)

神奈川県横浜市西区の痴漢事件で逮捕 前科回避を目指す刑事事件専門の弁護士

2017-08-29

神奈川県横浜市西区の痴漢事件で逮捕 前科回避を目指す刑事事件専門の弁護士

神奈川県に住むAは、通勤途中の電車内で女性に痴漢行為をしたところ、周囲の乗客に取り押さえられ、現場に駆け付けた神奈川県戸部警察署の警察官に神奈川県迷惑行為防止条例違反(痴漢)で逮捕されました。
逮捕の知らせを受けたAの家族は、前科がつかないためにはどうしたらよいか刑事事件専門の弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

前科とは】

前科とは、過去に刑罰を言い渡された経歴のことをいいます。
略式命令の罰金も前科に含まれます。
交通違反で納める反則金は、刑罰である罰金には含まれませんので前科はつきません。

一定の職業では、前科があることで仕事に就くことができなくなることもあります。

また就職活動の際、職場によっては、履歴書に前科等の刑罰を有無を記載を要する会社もあります。
採用された際に前科を申告していなかった場合、経歴詐称として解雇されることもあります。

前科回避を目指す弁護活動】

痴漢逮捕されたことが職場に知られても、解雇を免れたという事例もあります。
そのため、痴漢逮捕されたら早急に弁護士前科回避のための弁護活動を依頼することが重要です。

痴漢行為の事実を認めている場合は、被害者への謝罪や示談交渉を適切に行うことで、不起訴処分となり、前科を回避できる可能性が高まります。
しかし性犯罪の被害者の方は、被疑者側との直接の交渉に不安感を抱く方が多いため、刑事事件専門の弁護士に弁護を依頼することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、痴漢行為等の性犯罪事件、刑事事件を専門としています。
ご家族が痴漢行為等の刑事事件で逮捕され、前科回避をお望みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで、まずは無料相談をお申込み下さい。
神奈川県戸部警察署 初回接見費用:3万4400円)

 

神奈川県横浜市港北区のストーカー規制法違反で逮捕 非親告罪の示談交渉なら弁護士

2017-08-25

神奈川県横浜市港北区のストーカー規制法違反で逮捕 非親告罪の示談交渉なら弁護士

神奈川県横浜市港北区に住むAは、交際相手の女性Vから突然別れ話を切り出されました。
納得できなかったAは、Vの自宅を何度もうろつき、拒まれたにもかかわらずSNSで繰り返しコメントを送信していたところ、神奈川県港北警察署の警察官に、ストーカー規制法違反(ストーカー行為罪)で逮捕されてしまいました。
(フィクションです。)

ストーカー規制法の改正】

平成29年1月3日に改正ストーカー規制法の一部が施行され、「つきまとい等」の行為の規制対象が拡大されました。
具体的には、
・「住居等の付近をみだりにうろつく行為」
・ 拒まれたにもかかわらず「SNS等を用いたメッセージ送信等、ブログ・SNS等の個人ページにコメント等を書き込む送る行為」
等がストーカー規制法で規制されることになります。

また改正ストーカー規制法では罰則が強化され
・「ストーカー行為罪」は、「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」

・「禁止命令違反罪」でストーカー行為をした場合は「2年以下の懲役または200万円以下の罰金」、ストーカー行為に該当しない場合は「6月以下の懲役または50万円以下の罰金」
となりました。

 

非親告罪なら弁護士に相談を】

親告罪とは、被害者等による告訴がなければ検察官が起訴できない犯罪のことです。
ストーカー行為罪は、以前は親告罪でしたが今回の改正に伴い非親告罪となりました。

そのため、示談により被害者の方に被害届を取り下げいただいても、情状次第では起訴される可能性が残ることとなります。
しかし、被害者の方への被害弁償や示談交渉の成立、本人の反省や再犯可能性が低いこと等を弁護士が主張することで、不起訴処分といった寛大な処分となる可能性も高まります。

ストーカー事件の示談交渉については、被害者の方が恐怖や憎悪の気持ちから加害者側との交渉を拒否したり、また弁護士であっても対応に不安を抱くと示談に応じない場合もあります。

そのためストーカー規制法違反(ストーカー行為罪)で逮捕された場合、刑事事件専門の弁護士に弁護を依頼することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件に特化した法律事務所です。
弊所の弁護士は、ストーカー規制法違反等多くの性犯罪事件の示談交渉に精通してます。
被害者の方からは、弊所の弁護士の対応に安心感を抱いたので示談に応じて下さったとのお言葉を頂くことも多くあります。

ご家族がストーカー行為罪で逮捕され、被害者の方への謝罪や示談交渉についてお悩みの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料法律相談をお申込み下さい。
神奈川県港北警察署 初回接見費用:3万6400円)

 

 

« Older Entries