Archive for the ‘性犯罪事件’ Category

神奈川県逗子市の刑事事件~わいせつ物頒布等罪で家宅捜索~無罪主張に強い弁護士

2017-12-16

神奈川県逗子市の刑事事件~わいせつ物頒布等罪で家宅捜索~無罪主張に強い弁護士

会社員Aは、インターネット上にわいせつ画像を掲載して不特定多数の者が閲覧できる状態にした疑いで、神奈川県逗子警察署の警察官に自宅を家宅捜索され、PCを差し押さえられた後、数週間後に逗子警察署の警察官から連絡があり,取調べのため逗子警察署へ出頭するよう要請されました。

(事例は、フィクションです。)

わいせつ物頒布等罪とは】

わいせつ物頒布等罪で規制されている行為は、わいせつな文書等を
①頒布
(不特定又は多数の人に対して交付・譲渡する行為,有償である必要はない。)
②公然と陳列
(不特定又は多数の人がその内容を認識できる状態に置く行為。)
③有償で頒布する目的で,わいせつな文書等を所持した場合 
です。
わいせつ物頒布等罪無罪主張に強い弁護士

身に覚えがなく、わいせつ物頒布等罪の容疑で家宅捜索を受ける等の容疑を掛けられた場合、犯行当日のアリバイ等を示す証拠を提出することが重要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、性犯罪、わいせつ事件やサイバー犯罪等の刑事事件に特化した弁護士事務所です。                          
弊所は刑事弁護実績が豊富な弁護士が多数在籍しておりますので、わいせつ物頒布等罪を立証する十分な証拠がないことなどを主張し、不起訴・無罪を獲得するためのサポートをさせていただきます。

弊所横浜支部では、神奈川県逗子市刑事事件についても取り扱っております。
わいせつ物頒布等罪で家宅捜索を受けたら、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士がにご相談下さい(フリーダイヤル0120-631-881)。

神奈川県逗子警察署 初回接見費用:3万8700円)

横浜市の刑事事件~出会い系サイト規制法違反で家宅捜索~前科回避に強い弁護士

2017-12-12

横浜市の刑事事件~出会い系サイト規制法違反で家宅捜索~前科回避に強い弁護士

神奈川県横浜市都筑区の会社員Aは、自宅のPCから、出会い系サイトの掲示板に「女子中学生か高校生で会える子募集しています。」等と書き込みをした疑いで、神奈川県都築警察署の警察官に出会い系サイト規制法違反逮捕されました。

(事例は、埼玉県警察HP「サイバー犯罪検挙事例」に記載された検挙事例を基にしたフィクションです。)

出会い系サイト規制法違反とは】
出会い系サイト規制法で罰則の対象となる行為は
・児童を性交等の相手方となるよう誘引する書き込み
・対償を供与することを示して、児童を異性交際の相手方となるよう誘引する書き込み
等があります。

出会い系サイト規制法違反家宅捜索されたら弁護士へ相談】

警察で公開している出会い系サイト規制法の検挙事例は、「サイバー犯罪の検挙事例」として掲載されているケースが多くあることからも、捜査の端緒が、警察官によるサイバーパトロール等で発覚しているケースが多くなっていると考えられます。
出会い系サイト規制法違反では、裏付け捜査として、ットワークを利用したPC端末、スマートフォン等を押収・解析するのため、関係先の家宅捜索行うと考えられます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、出会い系サイト規制法違反等の、サイバー犯罪、性犯罪事件、刑事事件を専門とした弁護士事務所で、神奈川県横浜市都筑区刑事事件にも対応しております。

弊所の弁護士は、刑事弁護活動の経験が豊富ですので、家宅捜索後、取り調べで呼び出しを受けている、前科回避するにはどうしたらよいか等、様々なご質問に対し適切にアドバイスをいたしますので、出会い系サイト規制法違反等の刑事事件でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい(無料相談受付中)
神奈川県都築警察署 初回接見費用3万6800円)

横浜市瀬谷区の刑事事件~不法就労助長罪で逮捕~入管法・外国人事件に強い弁護士

2017-12-09

横浜市瀬谷区の刑事事件~不法就労助長罪で逮捕~入管法・外国人事件に強い弁護士

神奈川県横浜市瀬谷区で建築業を営むAは、不法滞在の外国人の方数名を雇って働かせていたところ、神奈川県瀬谷警察署の警察官に出入国管理及び難民認定法違反不法就労助長罪)の疑いで逮捕されてしまいました。
(事例はフィクションです。)

不法就労助長罪ってどんな罪?】

入管法不法就労助長罪の処罰対象は、不法就労している外国人の方を働かせている雇用主や斡旋者となります。
不法就労助長罪で規制されている行為は
①事業活動に関し、外国人の方に不法就労活動させた者
不法就労活動をさせるため、これを自己の支配下に置いた者
③業として、不法就労を斡旋した者
です。
不法就労助長罪では、たとえ不法就労であることを知らなったとしても、在留カードを確認していない、等の過失がある場合や、雇用状況等から判断され、不法就労助長罪が問われる可能性もあります。

外国人事件なら弁護士に相談】
不法就労助長罪で雇用主が逮捕された場合、捜査機関は、外国人従業員が不法就労であることは既に把握しています。
従業員の方が不法残留や不法入国の場合、公判請求されなければ退去強制処分となります。
一度日本を強制退去した方から捜査機関が事情聴取し調書を作成することは困難なため、不法就労助長罪の捜査では、従業員が退去強制処分となる前に、雇用実態や雇用経過等の捜査が早急に進められる可能性あがります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門に取り扱っていますので、外国人事件にも精通しています。

ご家族が不法就労助長罪等の入管法違反逮捕されたら、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料法律相談をお申込み下さい。
神奈川県瀬谷警察署 初回接見費用:3万6500円)

横浜市の刑事事件~少年が準強制性交等罪で逮捕~少年審判の対応に精通した弁護士

2017-12-02

横浜市の刑事事件~少年が準強制性交等罪で逮捕~少年審判の対応に精通した弁護士

神奈川県に住む少年Aは、横浜市南区内で泥酔していた女性に対する準強制性交等罪の疑いで、神奈川県南警察署逮捕されました。
少年Aの保護者は、横浜市南区少年事件にも対応している弁護士(付添人)に、今後の審判の対応について相談しました。
(事例はフィクションです。)

準強制性交等罪とは】

心神喪失又は抗拒不能となった人に対し性交等をした場合、「準強制性交等罪」が成立します。
事例の少年Aのように、お酒を飲ませて酩酊させた場合、既に酩酊状態となっている人に対し性交等をした場合、「準強制性交等罪」が問われることとなります。

少年審判の対応に強い弁護士

上記事例の少年Aのように、準強制性交等罪等の刑事事件少年逮捕され、検察官に送致された後、家庭裁判所へ送致され、少年審判が開かれることが多数です。
家庭裁判所に事件が送致された後、家庭裁判所の調査官による調査を受けることとなります。
調査官は、少年、家族から環境等について調査し、少年の更生について意見を出しますが、この調査官の意見は、審判に大きな影響を与えます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件にも精通した弁護士事務所で
弊所の弁護士(家庭裁判所送致後は付添人)少年事件に精通していますので、少年や保護者の心情を理解し、事件と真摯に向き合い、審判に向けて継続的かつ多岐にわたる付添人活動を適切に行います。
弊所は横浜市南区刑事事件にも対応していますので、少年準強制性交等罪等の刑事事件逮捕され、審判対応についてご相談したい方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで豪相談下さい。
神奈川県南警察署 初回接見費用:3万5500円)

横浜市の刑事事件~盗撮目的建造物侵入事件で逮捕~性犯罪事件の示談に強い弁護士

2017-12-01

横浜市の刑事事件~盗撮目的の建造物侵入事件~性犯罪事件の示談交渉に強い弁護士

Aは、横浜市保土ヶ谷区内のレストランで、女子トイレに侵入して個室内を盗撮した後トイレを出たところ、店員に見つかり、建造物侵入の疑いで現行犯逮捕され、神奈川県保土ヶ谷警察署の警察官に引き渡されました。
(事例はフィクションです。)

盗撮目的建造物侵入事件逮捕?】

事例のAのように、盗撮目的でレストラン、デパート内の女子トイレに侵入した場合、建造物侵入罪が問われます。
盗撮目的建造物侵入事件では、被害者や店員等により現行犯逮捕されるケースが多くあります。
またその場で被害者の方が現行犯逮捕しなかったとしても、通報を受けた警察で、証拠隠滅・逃走の恐れがあると判断されれば、通常逮捕されることもあります。

性犯罪事件示談交渉に強い弁護士

盗撮目的建造物侵入事件では、弁護士を通じて、被害店舗の方への謝罪や被害弁償、示談交渉の他、実際に盗撮行為がなされていれば、盗撮された被害者の方への被害弁償や示談交渉も重要となります。
検察官が起訴する前に、被害弁償や示談が成立していれば、不起訴処分とかる可能性も高まります。
ですが、当事者間による示談では、法律的に不十分な場合等、後から事件が蒸し返されることもあります。
ですから、性犯罪事件では、示談交渉の経験が豊富な弁護士に依頼することで、法律的な見地からも、事件の完全解決へ向けて、示談の成功率を高めることができます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件性犯罪事件に特化しておりますので、これまでにも多くの事件で、依頼者の方、被害者の方も納得、安心できる示談交渉を成立させています。
弊所は横浜市保土ヶ谷区刑事事件性犯罪事件にも対応しておりますので、ご家族が、盗撮目的建造物侵入事件逮捕され、お困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県保土ヶ谷警察署 初回接見費用3万4400円)

【横浜市磯子区の刑事事件】公然わいせつ罪で逮捕~少年の性犯罪事件に強い弁護士

2017-11-29

【横浜市磯子区の刑事事件】公然わいせつ罪で逮捕~少年の性犯罪事件に強い弁護士

横浜市磯子区に住む少年Aは、部活の帰り道、路上を歩ている女性に向けて下半身を露出してしまいました。

その後も少年公然わいせつ行為を繰り返してしまい、神奈川県磯子警察署の警察官に「公然わいせつ罪」で逮捕されました。
少年の保護者は、少年と面会した際、公然わいせつ罪の余罪が複数あると聞き不安になり、少年による性犯罪事件に詳しい弁護士に相談しました。

(事例はフィクションです。)

少年が余罪多数の性犯罪事件逮捕されたら・・】

捜査機関では、刑事事件性犯罪事件等の犯罪が発生した後、今後の防犯活動や捜査のため、情報を収集・分析し、同一犯であるかについても捜査されます。

少年であったとしても、事例の少年のように余罪が多数あるような場合等、事件の状況によって必要があると判断されれば、逮捕・勾留される可能性があります。

また少年性犯罪事件逮捕され、余罪が複数ある場合は、余罪事件での再逮捕についても検討している可能性があります。

ですから、少年公然わいせつ罪等の性犯罪事件逮捕され、余罪事件が複数あるような場合では、少年事件に精通した弁護士に相談することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件性犯罪事件に特化した弁護士事務所です。
弊所では、少年による性犯罪事件についても、経験が豊富な弁護士がご相談をお受けいたします。

弊所は横浜市磯子区刑事事件性犯罪事件少年事件についても対応しております。
少年公然わいせつ罪等の性犯罪事件逮捕されたら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、お気軽にご相談下さい。
神奈川県磯子警察署 初回接見費用3万6700円)

【横浜市の刑事事件】強制性交等罪で逮捕~性犯罪事件の示談交渉に精通した弁護士

2017-11-28

【横浜市の刑事事件】強制性交等罪で逮捕~性犯罪事件の示談交渉に精通した弁護士

神奈川県に住む大学生Aは、横浜市泉区内で発生した強制性交等罪の被疑者として神奈川県泉警察署の警察官に家宅捜索を受けた後、逮捕されました。
泉警察署から逮捕の連絡を聞いた家族は、被害女性への謝罪や今後のAの刑事手続きについて不安になり、強制性交等罪等の性犯罪事件示談交渉に精通している刑事事件専門の弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

性犯罪事件での弁護活動】

強制性交等罪の事実を認める場合、被害弁償や示談の有無及び被害者の処罰感情が行為者の処分に大きく影響します。
被害者の方は、強制性交等の被害を受けたことで、警察からの事情聴取、病院での診察、また自宅で被害にあった場合は引っ越しを余儀なくされる等、精神的にも大きな被害を受けます。
ですから、被害者の方は加害者との直接の示談交渉に不安を覚えますので、性犯罪事件での示談交渉は、刑事事件専門の弁護士に依頼することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件性犯罪事件の刑事弁護活動の経験が豊富な弁護士が所属しております。
弊所では、性犯罪事件等の被害者の方との示談交渉の経験が豊富な弁護士が、適切な示談交渉をいたします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、横浜市を中心とし、神奈川県内の刑事事件性犯罪事件にも対応しております。
強制性交等罪の疑いで逮捕された、等と今後についてご相談したい方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県泉警察署 初回接見費用3万6500円)

【横浜市西区の刑事事件】少年事件・痴漢事件等の性犯罪事件に強い弁護士に相談

2017-11-25

【横浜市西区の刑事事件】少年事件・痴漢事件等の性犯罪事件に強い弁護士に相談

高校2年生の少年Aは,横浜市西区内を走行中の電車内において,前に立っていた女性を痴漢した後,周囲の乗客に声を掛けられ,駅を降りた後,神奈川県戸部警察署の警察官からt任意同行を求められました。
Aは取調べを受けた後,家族が戸部警察署まで迎えに来てその日は帰宅することができましたが,Aは両親に事件について何も話さないことから,今後について不安になったAの両親は,少年による痴漢事件等の性犯罪事件にも詳しいと刑事事件専門の弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

少年による痴漢事件等の性犯罪事件の特徴】

少年による痴漢等の性犯罪事件では,成人事件と同様,被害者の方への謝罪や被害弁償も重要ですが,少年事件では「少年の更生」に重点が置かれます。
そのため,状況的にも痴漢した事実に間違いないようなケースで,少年が否認を続けた場合,「少年が反省していない」等と判断され,処分が重くなる可能性もあります。

少年事件では刑事事件専門の弁護士にご相談を】

痴漢事件等の少年による性犯罪事件では,ご家族に事件について相談できないケースも多くあります。また性犯罪事件は,再犯率も高いと言われているため,少年盗撮等で警察から逮捕,捜査された場合,再犯防止策を講じることも重要です。
そのため,少年による痴漢等の性犯罪事件では,刑事事件を専門にしている弁護士にご相談することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,少年による性犯罪事件についても知識や経験が豊富ですので,少年特有の心情を理解した弁護士がおります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では,刑事事件少年事件専門の弁護士が,初回については無料で法律相談をお受けしております。
まずはフリーダイヤル(0120-631-881)までお問い合わせください。
神奈川県戸部警察署 初回接見費用3万4300円)

海老名市の刑事事件~児童ポルノ禁止法違反(児童買春)~性犯罪事件に強い弁護士

2017-11-24

海老名市の刑事事件~児童ポルノ禁止法違反(児童買春)~性犯罪事件に強い弁護士

海老名市に住むAさんは、SNSを通じて知り合った少女に対し、18歳未満と知りながら、金銭を支払って性的関係を繰り返していました。
その後、Aが児童買春していたことが発覚し、神奈川県海老名警察署の警察官に児童ポルノ禁止法違反児童買春)の疑いで家宅捜索された後、逮捕されました。
(事例はフィクションです。)

児童買春とは】

児童ポルノ禁止法(正式名称、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」)で規制されている行為の1つに「児童買春」があります。
児童買春では、18歳未満の児童に対し、金銭を支払う等して性交等する行為について、「5年以下の懲役または300万円以下の罰金」と重い刑罰を定めています。

神奈川県海老名市性犯罪事件なら・・弁護士に相談】

児童買春等の児童ポルノ禁止法違反の疑いが掛けられ、逮捕前に関係先を家宅捜索された場合は、刑事事件専門の弁護士にご相談することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士事務所です。
弊所では、児童買春等の性犯罪事件についても刑事弁護の経験が豊富な弁護士事務所で、初回については無料相談にて対応しております。
また、ご家族が児童買春等の性犯罪事件で逮捕された場合、弊所では、ご契約前に、刑事事件専門の弁護士が留置施設等に面会に向かう、初回接見サービスをご提供しております。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所横浜支部では、神奈川県海老名市刑事事件性犯罪事件も対応しておりますので、まずはフリーダイヤル(0120-631-881)までお問合せ下さい。
神奈川県海老名警察署 初回接見費用:3万8800円)

 

【横浜市の刑事事件】神奈川県迷惑防止条例(痴漢)違反~性犯罪事件に強い弁護士

2017-11-19

【横浜市の刑事事件】神奈川県迷惑防止条例(盗撮)違反~性犯罪事件に強い弁護士

神奈川県に住むAは,駅校内のエスカレーターで,スマートフォンを利用して盗撮行為をしていたところ,神奈川県旭警察署の警察官に目撃され,任意同行を求められました。
その日は簡単な取調べと盗撮に使用したスマートフォンを任意提出した上で帰宅できましたが,今後について不安になり,横浜市旭区刑事事件・性犯罪事件にも対応している弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

盗撮行為で検挙される端緒とは・・ 】
盗撮については,各警察署の警察官だけでなく,鉄道警察隊の警察官等も警戒にあたっています。
そのため,盗撮行為における検挙の端緒としては,警察官による現認も多くあります。

また盗撮行為は,不審な行動が顕著に出やすいこともあり,警察官はもとより,第3者等の目撃者による通報等もあります。

神奈川県迷惑防止条例違反(盗撮)性犯罪事件なら弁護士にご相談を】

盗撮行為では,「逃走しようとした」,「盗撮に使用した携帯電話を壊そうとした」といった場合等,状況によっては逮捕される可能性もあります。
また在宅捜査となった場合でも,盗撮に使用した携帯電話機等は提出を求められ,本件だけでなく,余罪についても画像精査等により捜査が進みます。

盗撮等の性犯罪事件では,被害者の方への謝罪,被害弁償等が重要となります。
ですが,性犯罪事件の被害者の方は,加害者側との直接話しをすることに恐怖を覚えることもあります。
また「事件とは今後もあまり関わりたくない」「思い出したくない」等といった精神的被害の影響もありますので,被害者の方への謝罪等の交渉は,被害者対応にも精通した,刑事事件専門の弁護士に依頼することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,性犯罪事件にも経験豊富な弁護士が揃っております。
横浜市旭区痴漢等の神奈川県迷惑防止条例違反性犯罪事件について,今後の対応等についてご不安な方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県旭警察署 初回接見費用3万6500円)

« Older Entries