Archive for the ‘薬物事件’ Category

鎌倉市の刑事事件~大麻取締法違反で逮捕~薬物事件で再犯防止策に精通した弁護士

2017-11-30

鎌倉市の刑事事件~大麻取締法違反で逮捕~薬物事件で再犯防止策に精通した弁護士

神奈川県鎌倉市に住むAは、以前から友人と大麻を吸引していたところ、神奈川県鎌倉警察署の警察官が自宅を訪れ、令状を呈示し、家宅捜査が行われました。
Aの室内から大麻が見つかったため、Aは大麻取締法違反神奈川県鎌倉警察署の警察官に逮捕されました。
鎌倉警察署から逮捕の連絡を受けたAの家族は、Aが以前から大麻を吸引していることを知り悩んでいたこともあり、神奈川県鎌倉市刑事事件薬物事件にも対応し、再犯防止策についても詳しい弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

大麻等の薬物事件では犯率が高い・・】

大麻を摂取すると、知覚機能、短期記憶・学習障害、運動機能等への影響があるとされています。
大麻は、覚せい剤等と同じように、依存率が高く、常習的に使用してしまい、自分の意志ではなかなか止められず、再犯率が高いと言われています。

薬物事件逮捕されたら~再犯防止策に詳しい弁護士にご相談を

大麻を所持していた事実に争いがない場合では、本人の反省、薬物を断ち切るための環境調整、薬物依存症治療の専門医への通院等の再犯防止策を講じることで、その後の処分にも影響がでます。
これらの環境調整、再犯防止策については、ご本人様とご家族の意識改革やサポート体制を整え、これらを裁判所に主張することが重要です。
ですが、薬物事件逮捕された場合、接見禁止処分となりご家族であっても面会できないケースもあります。
そのため、ご家族が大麻取締法違反薬物事件逮捕された場合は、弁護士にご相談することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士事務所です。
弊所では、大麻取締法違反等の薬物事件の刑事弁護活動の経験が豊富な弁護士が、接見や面談を通じてご本人様、ご家族から事情をお伺いし、最善のアドバイスをいたします。
弊所では、神奈川県横浜市鎌倉市内の刑事事件薬物事件についても迅速に対応いたします。
大麻取締法違反等の刑事事件でご家族が逮捕され、薬物事件の流れや再犯防止についてもアドバイスをご希望の方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所のフリーダイヤル(0120-631-881)までお気軽にお問合せ下さい。
神奈川県鎌倉警察署 初回接見費用:3万7700円)

(横浜市の刑事事件)覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕~薬物事件にも強い弁護士

2017-11-17

(横浜市の刑事事件)覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕~薬物事件にも強い弁護士

横浜市栄区に住むAは、以前購入した覚せい剤をポケットに入れて自転車に乗って帰宅途中、神奈川県栄警察署の警察官から職務質問を受けました。
Aはその場から逃走しようとしたところ、覚せい剤所持していたことが発覚し、陽性反応が出たことで覚せい剤取締法違反逮捕されてしまいました。
逮捕の連絡を受けたAの家族は、薬物事件は再犯率が高いと言われていることから不安になり、刑事事件薬物事件に強いと評判の弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

覚せい剤取締法違反逮捕される端緒とは】

覚せい剤取締法違反で検挙・逮捕されるケースは、職務質問や交通事故現場での不審な挙動等から所持品検査等によって発覚するケースもあります。
またいきなり逮捕されるのではなく、まずは覚せい剤取締法違反の疑いで自宅等の関係先を家宅捜索する等により、覚せい剤の所持が発覚し、その後逮捕されるといった事例もあります。

覚せい剤等の薬物事件は再犯率が高い・・】

覚せい剤等の薬物事件は、一度手を出してしまうと、逮捕されるまで何度も繰り返し使用してしまうことが多いと言われています。
覚せい剤は、何度も使用しているうちに、幻聴・幻覚を見てしまう等と体にも大きな影響が残ってしまいます。
ですから、覚せい剤等の薬物事件逮捕された場合、その後の処分を軽くするためだけでなく、再犯しないためにも刑事事件専門の弁護士に環境調整等について相談することは、ご本人にとっても重要となります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件薬物事件の刑事弁護の経験が豊富な弁護士事務所です。
ご家族が覚せい剤取締法違反等の薬物事件逮捕され、再犯防止策等についてご相談したい方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県栄警察署 初回接見費用:3万7800円)

【取り調べの可視化】横浜市の録音・録画対象の刑事事件で逮捕 弁護士が接見

2017-11-09

【取り調べの可視化】横浜市の録音・録画対象の刑事事件で逮捕 弁護士が接見

Aは、横浜市緑区で発生した現住建造物等放火の罪で、神奈川県緑警察署の警察官に逮捕されました。
その後、緑警察署の取り調べ官から、弁解録取の際、取り調べの録音・録画をしてよいか質問されたので、Aは許可し、弁解録取から取り調べの前過程が録音・録画されました。
(事例はフィクションです。)

取り調べってどのようにして行われている?】

昔は刑事ドラマで、刑事が取り調べ中、被疑者に牛丼を差し出すシーンがありましたが、現在は「取り調べ監督対象行為」にあたります。

取り調べ監督対象為とは、「被疑者取り調べ適正化のための監督に関する規則」で定めらおり、具体的には
①身体に接触すること(取り調べ室で被疑者が暴れた場合等のやむをえない場合を除きます)
②便宜供与
等があります。
取り調べ中に牛丼を与えることは、「牛丼と引換えに自供を求められた」等と、取り調べ官にその気がなくても、後日そのように供述される可能性もあるため、取り調べ監督対象行為の「便宜供与」とみなされ、現在は禁止されています。
このような取り調べ監督対象行為が起きないよう、警察庁では、刑事部等とは別の部門「取り調べ監督官室」を設置し、取り調べ室を視認する等して監督しています。

取り調べの可視化録音・録画

取り調べの録音・録画は、警察だけでなく、検察庁でも積極的に行われています。
検察庁で公開しているデータによりますと、H28年3月からH29年3月までの間に、検察庁において録音・録画を実施した件数は、83218件となっています。
そのうち、裁判員裁判対象事件だけでなく、施行対象となっている事件、知的障害者をお持ちの方の事件等、積極的に取り調べ録音録画をしている状況がうかがえます。

取り調べ録音・録画対象事件では、警察段階から開始されることが多いため、録音・録画対象の刑事事件逮捕された場合、早急に弁護士接見を依頼することが重要です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事弁護活動を専門に行っている弁護士事務所ですので、ご家族が取り調べの録音・録画対象事件で逮捕された、等とご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで初回の接見サービスをお申込み下さい。

神奈川県緑警察署 初回接見費用:37,300円)

【薬物事件で保釈を目指す弁護士】神奈川県大和市の大麻取締法違反で逮捕されたら

2017-11-07

【薬物事件で保釈を目指す弁護士】神奈川県大和市の大麻取締法違反で逮捕されたら

大学3年生のAは、友人に誘われて以前から興味のあった大麻に手を出してしまい、後日、神奈川県大和警察署の警察官に大麻取締法違反の疑いで逮捕されました。
Aは、勾留決定され、大麻取締法違反で起訴されたので、Aの両親は、薬物事件専門の弁護士に弁護を依頼しました。
弁護士が接見したところ、Aは初犯で、薬物を断ち切る意思があり、大学を卒業したいと考えていることがわかったので、弁護士は両親に保釈制度について説明し、保釈請求の準備を早急にすすめることにしました。
(事例はフィクションです。)

保釈を目指す弁護士

刑事訴訟法では、保釈という制度を設けています。
保釈制度とは、定められた保証金の納付をうけ、被告人の身柄を釈放しますが、それと引換えに、保釈後、証拠隠滅・逃亡した場合等は再び身体拘束し、保釈保証金を没収できる、という制度です。
保釈の請求があった場合、裁判所では、定められた除外事由のいずれにも当てはまらない場合、保釈を認めなければならないとされています(権利保釈)。
権利保釈の除外事由に当たる場合であっても、被告人の具体的事情等を考慮し、裁判所の判断で保釈を許可できる、裁量保釈という制度もあります。

保釈の請求は、弁護士以外にも被告人自身や近親者でも可能です。
ですが、薬物事件等、共犯者が複数いると考えられる事件で保釈されるには、具体的かつ説得力のある主張をすることが重要となります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門としており、薬物事件の保釈や公判にも経験豊富な弁護士事務所です。
薬物事件でご家族が逮捕、起訴され保釈についてご相談したい方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県大和警察署 初回接見費用3万6800円)

【前提犯罪で逮捕】神奈川県の刑事事件~組処法・麻薬特例法とマネーロンダリング

2017-11-05

【前提犯罪で逮捕】神奈川県の刑事事件~組処法・麻薬特例法とマネーロンダリング

神奈川県横浜市に拠点を置き、特殊詐欺を行っていたグループの構成員が、神奈川県警察本部組織犯罪対策課により、詐欺罪等で逮捕しました。
犯行グループでは、犯罪収益をマネーロンダリングしていたことから、組織犯罪処罰法違反についても捜査を進めています。
(事例はフィクションです。)

マネーロンダリングの罪と前提犯罪
特殊詐欺の犯行グループ等は、犯罪収益を、不正に入手した他人名義の口座に入金する等して、資金洗浄(マネーロンダリング)を行っていることが多くあります。

犯罪収益を隠匿した場合等、組織犯罪処罰法・麻薬特例法違反に問われる可能性があります。
組織犯罪処罰法違反・麻薬特例法違反にかかるマネーロンダリングの罪が問われるには、犯罪収益のもととなった前提犯罪を特定することが必要となります。
警察庁の資料によりますと、平成25年から27年の間、組織犯罪処罰法違反・麻薬特例法違反にかかる前提犯罪の検挙件数は982件となっています。
前提犯罪の検挙罪名では、窃盗が最も多く、次に詐欺、出資法・貸金業法となっています。
その他、前提犯罪として、売春防止法違反、風適法違反だけでなく、恐喝、商標法違反等、様々な罪名で検挙されています。

この事例からも、捜査機関は、本件犯行(前提犯罪)について逮捕するだけでなく、犯罪収益の使途先、隠匿場所等についても詳細な財産捜査を行っていることが分かります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門としている弁護士事務所ですので、ご家族、ご本人が組織的犯罪処罰法違反の疑いで、捜査・逮捕された等、ご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県警察本部 初回接見費用:3万2000円)

【平塚市の少年事件で逮捕】覚せい剤取締法違反(所持)なら弁護士に無料法律相談

2017-10-29

【平塚市の少年事件で逮捕】覚せい剤取締法違反(所持)なら弁護士に無料法律相談

神奈川県平塚市に住む少年A(18歳)は、友人からもらった覚せい剤を鞄に入れて路上を歩いていたところ、神奈川県平塚警察署の警察官から職務質問を受けました。
その後、所持品検査を求められ、鞄の中に覚せい剤を所持していたことが発覚し、予試験で覚せい剤の陽性反応が出たことから逮捕されました。
逮捕の連絡を受けた少年Aの家族は、少年覚せい剤取締法違反事件にも詳しいと評判の弁護士事務所の無料法律相談に申し込みました。

少年による覚せい剤取締法違反事件】

覚せい剤等の違法薬物の売買は、国際犯罪組織等が深く関わっており、その手口が年々巧妙化、洗潜在化しているため、取り締まりも強化されています。
薬物事件の検挙罪名は、覚せい剤取締法違反が多くを占めると言われておりますが、少年事件にあっても同様の傾向にあります。
平成28年度の警察白書によりますと、薬物事件で検挙された少年のうち、約半数が覚せい剤取締法違反で検挙されています。

少年覚せい剤取締法違反逮捕されたら】

覚せい剤取締法違反の所持が発覚した場合、少年であっても逮捕、勾留、接見禁止となる可能性があります。

覚せい剤を所持していた事実を争わない場合では、検察官や裁判官に「罪と認め反省していること」等を主張することも重要です。
また少年事件では、裁判官に対し、少年更生できる環境が整っていることや再犯防止策を講じること等も重要となりますので、少年事件専門の弁護士にご相談することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件覚せい剤取締法違反等の刑事事件を専門に扱う弁護士事務所です。
少年覚せい剤取締法違反逮捕され、ご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所で行っている無料法律相談(初回のみ)をお申込み下さい。

神奈川県平塚警察署 初回接見費用:3万9100円)

【違法薬物密輸入事件でコントロールド・デリバリー捜査】麻薬特例法違反にも対応

2017-10-19

【違法薬物密輸入事件でコントロールド・デリバリー捜査】麻薬特例法違反にも対応

A国から、国際スピード郵便を利用し、乾燥大麻を密輸入した日本人の男4人を、平成 28年2月までに、大麻取締法違反(輸入)等で逮捕するとともに、乾燥大麻約 579 グラムを押収した。
(警察庁HP「平成28年上半期における薬物・銃器情勢」の検挙事例を基にしたフィクションです。)

コントロールド・デリバリー捜査とは

違法薬物は、海外から流入することが多いため、入手ルートの解明にあたり、捜査機関は、関係機関と連携し、捜査を行っています。
その一つが、コントロールド・デリバリーと呼ばれる捜査手法です。
コントロールド・デリバリー捜査とは、取締当局が、違法薬物の不正取引が行われる事情を認知しながら、直ちに検挙せずに、監視のもと、薬物の運搬を継続・追跡して、関係被疑者を明らかにした上で検挙する手法です。

コントロールド・デリバリー捜査については、麻薬特例法第4条「税関手続きの特例」において、実施するための措置が定められています。

違法薬物の密輸入事件

違法薬物密輸入事件では、捜査機関と税関、入国管理局、海上保安庁等の関係機関における情報共有の他、違法薬物の密輸入中継国等、外国取締担当局とも連携を強めています。
また、業として違法薬物密輸入に携わっていた場合は、より重い刑罰が定められている、麻薬特例法違反で検挙される可能性もあります。

空港で知り合った人から大金を渡されて頼まれた、等と安易な気持ちで違法薬物密輸入の仕事を引き受けてしまうと、捜査当局で検挙・逮捕される恐れがあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件、違法薬物事件を専門とした弁護士事務所です。
ご自身・又はご家族が、違法薬物事件で逮捕されるのではないか、また逮捕されたので今後の事件の流れが知りたい等とご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。

神奈川県厚木警察署 初回接見費用3万9100円)

【危険ドラッグ輸入~関税法・医薬品医療機器等法違反】神奈川県横浜市の刑事事件

2017-10-14

【危険ドラッグ輸入~関税法・医薬品医療機器等法違反】神奈川県横浜の刑事事件

Aは、危険ドラッグを輸入した疑いで、関税法医薬品医療機器等法違反の疑いで、神奈川県警察本部薬物銃器対策課と東京税関によって検挙されました。
(警視庁HPの検挙事例を基にしたフィクションです。)

【~危険ドラッグ~】

危険ドラッグ」は、インターネット等で、「アロマ」「合法ハーブ」等と称して、液体や葉片等、様々な形状で売られています。
危険ドラッグの多くは、医薬品医療機器等法等で、その製造や所持等が禁止されている成分が含まれています。
法の規制外であっても、危険ドラッグと称されるものは、大変危険な薬物が混入されていることもあり、健康被害や死亡事故を起こすこともあります。

危険ドラッグ輸入関税法医薬品医療機器等法違反?】

医薬品医療機器等法では、指定薬物を輸入した場合、3年以下の懲役、若しくは300万円以下の罰金、又は両方が併科されます。
また、平成27年4月に、関税法の一部が改正され、関税法第69条11の「輸入してはならない貨物」として、医薬品医療機器等法に規定する指定薬物」が追加され、違反した場合、10年以下の懲役若しくは、3,000万円以下の罰金の刑罰が科せられます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、危険ドラッグに関わる、関税法医薬品医療機器等法違反等の刑事事件を専門とした弁護士事務所です。
神奈川県横浜市内の関税法医薬品医療機器等法違反等でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県水上警察署 初回接見費用:3万5500円)

【地下銀行~マネーロンダリング】神奈川県大和市の銀行法違反で逮捕なら弁護士

2017-10-09

【地下銀行~マネーロンダリング】神奈川県大和市の銀行法違反で逮捕なら弁護士

Aは,神奈川県大和市でB国の輸入雑貨を扱う店を営んでいましたが,B国の顧客から頼まれ,無許可で海外に不正送金を行っていたところ,神奈川県大和警察署の警察官により,銀行法違反の疑いで逮捕されました。
(事例はフィクションです。)

地下銀行銀行法違反逮捕~】
銀行業は,銀行法により,内閣総理大臣の免許を受けなければ営業できず,無許可で行った場合,銀行法違反(無許可営業)の罪に問われる可能性があります。
地下銀行とは,銀行法に違反し,無許可で送金等を行うことで,地下銀行が利用される理由としては,銀行の口座開設には,マネーロンダリング対策等のため,口座開設者の身分確認が必要とされており,不法残留の外国人の方等が自国への送金に利用する傾向にあります。
また滞在許可のある外国人の方でも,海外送金の手数料を安く抑えるために地下銀行を利用するケースもあるようです。

マネーロンダリングに関する刑事事件】

マネーロンダリングとは,違法な行為により得た犯罪収益が,捜査機関によって発見,没収されないよう資金洗浄する行為を言います。
マネーロンダリングは,国際的にも対策が強化されており,日本においてもマネーロンダリングを行った場合,組織犯罪処罰法,麻薬特例法,銀行法等の適用が検討され,逮捕される可能性もあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,銀行法違反等,刑事事件に特化した弁護士事務所です。
銀行法違反の疑いで捜査されている等,ご不安な方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県大和警察署 初回接見費用:3万6800円)

 

【違法薬物事件にも強い弁護士】神奈川県小田原市の覚せい剤取締法違反で逮捕

2017-09-04

【違法薬物事件にも強い弁護士】神奈川県小田原市の覚せい剤取締法違反で逮捕

神奈川県に住むAは、以前から覚せい剤を使用しており、覚せい剤の購入資金稼ぎのため、小田原市内で窃盗(車上荒し)を繰り返していたところ、神奈川県小田原警察署の警察官に窃盗罪で逮捕されました。
その際、支離滅裂な言動をしていたことから、任意採尿を求められました。
後日、覚せい剤使用の陽性反応の鑑定結果が出たことから、Aさんは覚せい剤取締法違反で再逮捕されました。
(フィクションです。)

覚せい剤取締法違反の逮捕事例】

覚せい剤は依存症が強いため、一度でも使用するとなかなか止められなくなります。
そのため覚せい剤を購入する資金がなくなると、様々な犯罪行為に手を出してしまうことがあります。

覚せい剤取締法違反の逮捕事例としては、窃盗罪等で逮捕された際に覚せい剤を所持していたり、また自宅を家宅捜索された際に覚せい剤が発見され、鑑定結果が出た後再逮捕されるケースがあります。

また窃盗罪等で逮捕された際に支離滅裂な言動等をしていた場合、任意採尿を求められることもあります。
その他、人身事故現場や不審者等の通報により駆けつけた警察官により、職務質問や所持品検査、任意採尿を求められ、逮捕される事例もあります。

 

覚せい剤取締法違反の弁護活動例について】

覚せい剤取締法違反の事実に身に覚えがない場合の弁護活動として、依頼者の方と面会を通じて詳細な事実関係を聴取し、アリバイの確認や証拠を精査等を行い、客観的な状況をもとに無実であることを主張できるよう目指します。

覚せい剤取締法違反の事実に身に覚えがある場合は、できるだけ寛大な処分が下されるよう、情状弁護を行うことが重要になります。
具体的な弁護活動としては、薬物依存性ではないこと、本人が反省し再犯の危険がないこと等を主張します。
違法薬物の前科があったり、また執行猶予中に逮捕された場合では、薬物依存症の治療を受ける意思表示や家族のサポートがあること等を主張することも大事な弁護活動となります。

また事実を認めている場合でも、任意採尿手続きや押収手続きに違法性がなかったかを調査し、不起訴処分や無罪判決の獲得を目指します。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件薬物事件を専門の扱う弁護士事務所です。
弊所の弁護士は、違法薬物事件の取り扱いも豊富ですので、ご家族が覚せい剤等の違法薬物事件で逮捕され、弁護活動についてより詳細な説明をご希望される方は、初回の法律相談は無料で行っておりますので、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで、まずは無料法律相談をお申込み下さい。
神奈川県小田原警察署 初回接見費用3万9700円)

« Older Entries